透明感を逃さないダークトーンにシフト!夏から秋に向けてのヘアカラー提案BOOK

明るいヘアカラーを楽しんだ夏から、透明感を逃さない秋のダークトーンにシフトしませんか?2018年の秋はダークトーンが流行る予感です。5つのおすすめの色味と、色落ちしやすい理由&予防法をまとめてみました。そろそろ秋のヘアカラーが気になる時季。しっかりケアしながら、秋色を楽しんでみてください。

そろそろ秋カラーにシフト

そろそろ秋カラーにシフト

まだまだ暑いけど、私の頭はもう秋のことばかり。
もう秋のアイテムが発売され始めてて
じわじわと秋が迫ってきている。

何着ようかな〜なんて考えてるけど
今のヘアカラーはまだ夏仕様?
ファッションアイテムは秋を取り入れてても
ヘアカラーが夏仕様では、まだ秋を感じられないかも。

出典: latte.la

2018年の秋におすすめのヘアカラーは、ずばりダークトーン!
夏に映える明るいカラーとは一変、
ダークトーンのヘアカラーが人気なんだそうです。

そこで2018年秋にしたいヘアカラーをまとめてみました。
今から秋色を視野に入れつつ、秋に向けて
髪色を仕上げていきましょう?

もしかして、すぐ色落ちちゃう?

もしかして、すぐ色落ちちゃう?

出典: www.pexels.com

結論から言うと、色落ちはしやすいそうです。
人の髪の毛はメラニン色素という色が詰まっているのですがヘアカラーをする時はそのメラニンを壊しながら
その部分に色を入れていきます。
なので、髪を洗うとその入れていたものは
すこしずつ洗い流されていきます。

元からあるものではないので、髪への定着がしにくいということもあるそうです。

メラニン色素を破壊してできた隙間にカラーを浸透させても、元からあるものでは無いので髪の中に完全に定着することはできず、染めたその日から徐々に色落ちしていきます。完全に退色すると髪はメラニン色素の色だけになり、染めた時の色とは大きく変わります。ヘアカラー剤で破壊したメラニン色素の量は元に戻すことができないので、色落ちした髪の色が地毛となります。「本来の色より明るい!」と思ってもそれが自分の髪色となるので染める際はよく考えなくてはいけません。

出典:www.atama-bijin.jp

ということは、明るいヘアカラーをしていた髪ほど
色落ちは早いということなんですね。

メラニン色素が破壊される順番は赤系→黄系の順番になっているので
明るいヘアカラーをすると金髪よりになっていきます。
そこに入れた色が落ちるので、色落ちすると黄系の
髪色になるということです。

__ 少しでも色落ちを防ぐ方法

__ 少しでも色落ちを防ぐ方法

特に夏終わり秋初めのヘアカラーは、
日焼けや明るいカラーをしたダメージがやってくるので
傷みや抜けやすさが気になる時季でもあります。

そこで少しでも色落ちと戦うために、おすすめのアイテムは
カラーシャンプーです。
色を入れる、というより次にサロンに行くまでの繋ぎの役目
として使いましょう。

CALATAS SHAMPOO(カラタス シャンプー)

名前の通り、「カラーを足す」という意味です。
退色を防いでいつまでも鮮やかは発色のままで、
傷んだ髪の毛に見せない、というアイテム。

色味が落ちてきて、黄色味が気になるという方に
おすすめです。

CALATAS SHAMPOO

2018年秋 ダークトーンカラー提案LIST

1. アッシュ

1. アッシュ

一つ目はロングセラーカラーの「アッシュ」です。
夏でもアッシュカラーは人気の色味でしたが
秋も引き続き人気の色になっています。

夏は明るいアッシュが多かったと思うので
秋はダークトーンで色味の違いを楽しんでみて。

アッシュは綺麗な透明感も特徴の色味なので
ダークトーンでも透け感を忘れないのもポイント。

ショートヘアですっきりしつつ
トーンも秋仕様に衣替え。
秋らしいコーデが似合う色味です。

2. オリーブ

2. オリーブ

ほんのりマットだけど、透明感もあるオリーブ。
夏に明るいカラーをしていたからこそ、
綺麗な色味が出るのでオリーブは秋始めにおすすめの色味。

シンプルな白いトップスや
サーマルなどのカジュアルトップスに
相性が良いヘアカラーです。

透明感を活かしてふんわりヘアに仕上げるのも◎
カラーがきれいなほど、ヘアアレンジや
巻髪って楽しめますよね。

ウェットヘアよりもナチュラルなスタイリング剤で
自然に仕上げてあげるのがコツです。

3. グレージュ

3. グレージュ

おしゃれで周りと差をつけるのにおすすめなのでグレージュ。
クールでかっこいい雰囲気を纏えるので
秋のモノトーンコーデに映えそうですね。

グレージュって重くなるかも、と思われがちだけど
全然そんなことないんです。
夏で明るくした髪だからこそ綺麗な色味に。
透き通ったグレーがおしゃれに仕上げてくれます。

4. ブルージュ

4. ブルージュ

青みがかった色味のブルージュカラー。
暗くしたいけど黒は嫌、という方におすすめ。
ブルーとベージュを混ぜているので赤みを消して
深みのある、綺麗な色に仕上がります。

髪の長さを問わず楽しめるヘアカラーなので
挑戦してみるのもアリです。

ブルーを毛先にかけて入れるグラデーションも◎
色味を楽しみたいけど、派手なのは…
という方にピッタリなのがグラデーションなんです。

ブルーもThe青!って印象にはならずに
深みもありつつ、光に当たると透き通るような
色味を実現してくれます。

5. スモーキーベージュ

5. スモーキーベージュ

秋にはスモーキーカラーもおすすめ。
一気にクラシカルな雰囲気を纏ってくれて
上品に仕上がります。

暗いカラーだからこそ、動きのある
ヘアスタイルにチェンジしてあげるのもGood!

ヘアも秋にシフトチェンジ

ヘアも秋にシフトチェンジ

そろそろ夏から秋にシフトチェンジしない?
2018年秋は、ダークトーンが気になるんです!

しっかりケアしながら、いろんな秋色のヘアカラーを楽しんでみて。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。