“女の子の日”は空気を読まずにやってくる。生理中でも休めない時の対策の仕方とは

女の子の日は、自分の思うようにきてくれるものではありません。体育祭、テスト期間、デートなど休めないイベントと被ってしまう時なんてたくさんあります。こまめにトイレに行けない体育祭では夜用ナプキンを、生理痛が気になってしまうテスト期間には体を温めることを意識するといいかも。どのタイミングでも生理と仲良くやっていくコツとは?

よりによって今くる?

よりによって今くる?

女の子ならば避けられないイベント“生理”、今月もやってきました。
予定通りではあったけれど、やっぱり億劫。

腰や頭が痛くなったり、なんだかブルーな気分になったり、肌荒れに振り回されたりする一週間が幕を開けたのね。

でも、ちょっと今月はタイミングが悪すぎる。
よりによって今くる?というタイミング。
生理中は激しいことしたくないのに。
ゆっくりしたいのに。休みたいのに。

生理に振り回されている場合じゃないの、私は!

“体育祭”と被ってしまった

“体育祭”と被ってしまった

よりによって体育祭と生理がバッティング。
走ったり踊ったりと、いつもより運動量が格段に多いイベント。

たくさん動くから漏れの心配が常に脳裏をかすめる。
そしてこまめにトイレに行けないから、ナプキンをなかなか取り替えられない。
どうしよう、大丈夫かな。

夜用のナプキンをつける

夜用のナプキンをつける

漏れの心配があるならば、いっそ夜用の大きいナプキンをつけてみるのはいかがでしょう。

寝ている時はトイレに行きませんよね。
つまり数時間トイレに行かない状態が続いているということ。
そのことから夜用のナプキンは漏れ防止対策がしっかりしたナプキンが多いのです。

羽つき 36cm

商品

羽つき 36cm

¥336

羽つきの36cmの夜用ナプキン。
夜用には30cm前後から40cm超えまで、たくさんの大きさの種類のナプキンがあるので、その時の自分の量にあったものを選びましょう。

紺パンを履く

紺パンを履く

スカートを履く際、下着を見られてしまうのを防ぐために下着の上に紺色のパンツ(通称:紺パン)を履いている方は多いのではないでしょうか。

スカートではなく体操服をはいている場合でも、生理中ならばぜひ紺パンをはくことをオススメします。
もし万が一漏れてしまったとしても、ズボンに血が滲み出てしまうことをできるだけ避けるためです。

“テスト期間”と被ってしまった

“テスト期間”と被ってしまった

よりによってテスト期間と生理がバッティング。
ただでさえテスト期間はストレスを受けて、ナーバスな気持ちになってしまうのに。

…いたたた。
ずっと椅子に座っているからかな。
腰が痛い。生理痛が更に悪化してきてしまった。
どうしよう、大丈夫かな。

カイロを腰に貼る

カイロを腰に貼る

重い生理痛の原因のうちの一つに、体の冷えによる血行不良が挙げられます。
腰が痛いのならば、カイロで腰を温めるのはいかがでしょう。

体全体を温めることが最も効果的なのですが、体の一部分を温めるだけでも傷みを和らげるのに効果はあります。
火傷をしないように気をつけて下さい。

バファリンルナi

商品

バファリンルナi

¥1,108

つらい生理痛は無理に我慢することはせず、生理痛薬(鎮痛剤)に頼りましょう。
空腹時の服用や間隔をあけないでの服用は、胃に影響を与えかねないので避けるようにしましょう。

ノンカフェイン飲料がオススメ

ノンカフェイン飲料がオススメ

コーヒーには、覚醒作用があるカフェインが含まれていることから、集中したいテスト期間にはよくコーヒーを飲むという方は多いのではないでしょうか。

しかし生理期間は控えた方がいいかも。
コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインには利尿作用があり、体を冷やしてしまう傾向にあるので、生理痛を更に悪化させてしまうこともあります。

“デート”と被ってしまった

“デート”と被ってしまった

よりによってデートと生理がバッティング。
生理中は気分が落ち込んだり、イライラしたり情緒不安定気味になってしまう時期。

彼に八つ当たりしてしまったら、と思うと申し訳ない…。
どうしよう、大丈夫かな。

「今日生理なの…」と伝える

「今日生理なの…」と伝える

思い切って、彼に「今日生理だから色々迷惑かけちゃうかも…」と打ち明けてみるのはいかがでしょう。

度々トイレに行くのも、ゆっくり歩いてしまうのも、時折イライラを見せてしまうのも「生理中だから仕方ない」と思ってくれるかもしれません。
優しい彼なら気を遣ってくれます。

歩きやすい靴を履く

歩きやすい靴を履く

たくさん歩くことが予想されるデート。
少しでも腰に負担をかけることを避けるために、高いヒールや歩きにくい靴は避けた方が◎。

バレエシューズやスニーカーなどの、ぺたんこ靴をオススメします。

白いボトムスは履かない

白いボトムスは履かない

彼との楽しいデートに夢中になったあまり、ボトムスに血が滲み出ていたことに気づかなかった…なんて事態は避けたいですよね。
白いボトムスだと赤い血が目立ち、ずっと恥ずかしい思いをしてしまいます。

彼とのデートではこうと決めていた白いスカートも白いショーパンも生理中は履かないのがベターかも。

いつきても良好な関係を

いつきても良好な関係を

休めないイベントと生理がバッティングしても、私はそつなく生理を乗り越える。
これからも生理とは離れられない関係だから、できるだけ仲良くやっていこう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。