一生でティースプーン一杯分。女性ホルモンを味方につけた干物女子の逆転劇

「恋をすると女性ホルモンが分泌される」なんて言葉を聞いたことはありませんか?恋をしていなくたって、女性ホルモンを味方につけて美しくなることはできるのです。ポイントは女性ホルモンのバランスを整えること。イソフラボンを摂取したり、ピンク色のアイテムを身につけたり、バラの香りを嗅いだりなど色々な方法をご紹介します。

日々に“ときめき”が足りない

日々に“ときめき”が足りない

最近、ドキドキすることがない。
毎日同じことの繰り返しだし、家帰ったら一人で部屋にいるし、休日はずっとお布団の中でゴロゴロ。

好きな人なんて長らくいないし、もはや恋の仕方なんて忘れちゃったかも。

…ハッ、もしかしてこれがいわゆる“干物女子”?

考えてみると、最近肌が少しガサガサしてきたし、髪の毛の艶めきも減ってきたような気がする。
生活習慣の乱れとか、そんな外的要因じゃ説明しきれないようなこの変化。

きっともう内側からの何かが足りない。
ときめきを生む代表的なイベント・恋もしていないし。

それもしかして、女性ホルモン

女性ホルモンってなに?

女性ホルモンってなに?

ホルモンとは体内で分泌される物質のことで、様々な器官や組織をコントロールしています。

その中でも女性ホルモンとは、女性らしい体つきの形成に大きな影響を与えるホルモンです。
女性ホルモンには「エストロゲン」と「ゲスターゲン」の2種類があります。
そしてゲスターゲンにはいくつか種類があり、大半がプロゲストテロンだといわれています。

「エストロゲン」とは生理終了後から分泌量が増えるホルモンです。
髪や肌の調子を整えてくれたり、女性らしい丸みを帯びた体つきの形成を促す働きがあります。

「ゲスターゲン」とは排卵後から次の生理までの間に分泌量が増えるホルモンです。
子宮内の環境を整え、妊娠できる状態を持続させる働きがあります。

この2つのホルモンの分泌量は一定周期で変動します。

多ければ多いほどいい?

多ければ多いほどいい?

では女性にとって重要な女性ホルモンは、分泌量が多ければ多いほどいいのでしょうか。

そうではありません。
元々女性ホルモンは、一般的に生涯ティースプーン一杯分ほどしか分泌されないと言われることも。
むやみに分泌量を増やすというのは難しいのです。

女性の体における女性ホルモンの分泌量は、正常であれば一定の範囲に保たれています。したがって、女性ホルモンが過剰に増えるということは、医学的な行為を施さなければ、一般的にはあり得ません。この“医学的ケース”とは、体外受精で卵子を育てるために女性ホルモンを注射するなどの場合。それが何もしない自然状態で増えるということは、まず考えにくいです。

出典:woman.mynavi.jp

ホルモンとはどう付き合えばいいの?

ホルモンとはどう付き合えばいいの?

ポイントは女性ホルモンを「増やす」のではなく、女性ホルモンのバランスを「整える」こと。

しかし、ストレスやダイエットなどに影響を受けやすいホルモンでもあります。
女性ホルモンの分泌量のバランスを整える方法をご紹介します。

大豆製品をとる

大豆製品をとる

大豆にはイソフラボンという成分が多く含まれています。
イソフラボンは女性ホルモン、特にエストロゲンと似たような働きをすると言われています。

生理前にはゲスターゲンの分泌が増えることから、その時期にイソフラボンが多く含まれている大豆製品を摂取することで、ホルモンバランスが整うように導いてくれるかも。

大豆が使われている食材として、豆腐・きなこ・豆乳・納豆・味噌・醤油などが挙げられます。
特に豆乳は、日常的に気軽に摂取できる大豆製品のうちの一つです。
キッコーマンの豆乳は、スーパーやコンビニ、SNSでもよく見かけるのではないでしょうか?

ただ、長期的な過剰摂取は逆に体に悪影響を与えかねないので気をつけましょう。
またアレルギーのある人は注意が必要です。


ピンク色のものに囲まれる

ピンク色のものに囲まれる

色は、脳や心理にも様々な影響を与えていると言われます。

中でもピンク色は女性らしさや母性をイメージさせる、温かみのある色。
ピンク色のアイテムを身につけるだけで精神が安定する効果があると言われることも。

ペタルマーメイドスカート

ZOZOTOWN

商品

ペタルマーメイドスカート

¥19,440

FURFUR(ファーファー)のマーメイドスカート。
ヒップ下までは体に沿うようなラインを描き、そこから美しく広がるフレアがとても女性らしい。

質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠をとる

睡眠不足や質の悪い睡眠は、すぐに女性ホルモンに悪影響を与えてしまいます。
夜遅くまで起きていたり、寝る直前までスマホを見たりするのは控えましょう。

質の良い睡眠を意識した生活をおくることで、女性ホルモンのバランスも整ってきます。
同時に、睡眠中に分泌が高まる成長ホルモンなど、女性ホルモン以外のホルモンの働きも高めることが期待できます。

質の高い睡眠をとるようにすると、女性ホルモンの分泌も正常になってきます。質の高い睡眠をとるには、いろいろな工夫が必要です。まず夜の入浴は、38~39度くらいのぬるま湯に20分ほど浸かる程度にし、ほてりを冷ましてから寝ること。夜間の激しい運動や食事は質の高い睡眠の妨げになるので控えましょう。

出典:woman.mynavi.jp

バラの香りをかぐ

バラの香りをかぐ

色と同様に、香りも脳や心理に様々な影響を与えていると言われます。

バラの香りには、ストレスや緊張を和らげてくれる効果があることをご存知でしょうか?
何かストレスや不安感を抱いている時に、バラの香りを嗅ぐことで精神が安定するかもしれません。

ミニハンドクリーム

商品

ミニハンドクリーム

¥1,080

Derbe(デルベ)のハンドクリーム。
夏にも意外と手は乾燥します。
しっとりと手を保湿してあげましょう。
手に優しいバラの香りを纏って、穏やかな気持ちになるかも。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めない

ストレスは、女性ホルモンが乱れてしまう最大の要因のうちのひとつ。

悩み事や懸念事をその間は忘れていられるような趣味に没頭したり、好きなものを食べたり、適宜ストレスを解消できる方法を見つけましょう。

女性ホルモンとは長い付き合い

女性ホルモンとは長い付き合い

女性と女性ホルモンは切っても切り離せない関係。

「恋をすると女性ホルモンが分泌される」なんて聞くけれど、恋をしていなくたって女性ホルモンを味方につけて美しくなることはできるんだ。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

「ホルモン」好きですか?グルメ王も通うホルモンが本当に美味しい人気店3選

「ホルモン」好きですか?グルメ王も通うホルモンが本当に美味しい人気店3選

  • nana公式
  • 4854view
私がなりたい女性像って?満足できる私になるためにするべき7つのこと

私がなりたい女性像って?満足できる私になるためにするべき7つのこと

  • TARUGI公式
  • 5929view
オンナは1ヶ月に4つの顔を持つ。ホルモンバランスの周期が変える恋愛模様

オンナは1ヶ月に4つの顔を持つ。ホルモンバランスの周期が変える恋愛模様

  • ちかねえ公式
  • 18115view
ぷりぷりお肌で差をつけろ♡もう一度おさらいしたいクラブホルモンクリームの魅力

ぷりぷりお肌で差をつけろ♡もう一度おさらいしたいクラブホルモンクリームの魅力

  • rinkyam公式
  • 15775view
品のある女性って結局なに?女の子から女性になるover 20に贈る、「音」の世界

品のある女性って結局なに?女の子から女性になるover 20に贈る、「音」の世界

  • むーみん公式
  • 10579view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

miera公式

お風呂は左腕から洗うタイプ

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。