確信した。キミも私に惚れてるでしょ?両想いに違いない彼から告白をいざなうコツ

気になる人との両想いを確信。あともうちょっとという状態。こちらの台詞や言動で彼からの告白を引き出してみませんか。「かっこいい」や「帰りたくないなあ」など彼に好意があることをストレートに伝えてみるのはいかがでしょう。じっと見つめたり、ボディタッチをしたり物理的な距離を縮めるのも有効です。告白されるまであと数秒。

妄想が確信に変わった瞬間

妄想が確信に変わった瞬間

ずっと私の片想いだと思っていた。
キミと恋人になれる日を妄想なんてしたり。

でもある瞬間、確信したのです。
私を見る目。私と話す時の仕草。
少し赤く染まった頬。

キミも私に惚れてるでしょ?

両想いだと分かったけれど、私やっぱりキミから告白されたい。

私もキミに惚れてるってこと、キミに確信させる。
バリアを全解除するから、いつでも告白ウェルカム!

告白をいざなう“台詞”

「かっこいい」

「かっこいい」

シンプルでストレートな褒め言葉はやはり「かっこいい」ではないでしょうか?
今日の髪型や服装など、できるだけ詳しく褒めた方が喜ばれます。

ポイントは、好きな人以外の男の子にはあまり使わないこと!
自分の「かっこいい」という台詞の価値を高めるために乱用しないことが大切です。

「今LINEしてる男の子は◯◯君だけだよ」

「今LINEしてる男の子は◯◯君だけだよ」

「◯◯君だけ」という台詞に、特別感をもたせます。

彼と続いているLINEのやり取りの期間が、長ければ長いほど効果は絶大です。
一般的に、興味のない異性とのLINEは長く続かないからです。

「◯◯君に彼女がいたら〜」

「◯◯君に彼女がいたら〜」

「彼女がいたら」と仮定の話をすることで、彼にも彼女ができた時のことを考えさせるのです。

「◯◯君に彼女がいたら、大事にしてくれそう」
「◯◯君に彼女がいたら、彼女は幸せでいいなあ」
なんて遠回しに、彼女になれたら嬉しいという旨を伝えるのです。

「帰りたくないなぁ」

「帰りたくないなぁ」

あなたと出来るだけ一緒にいたいという気持ちを伝えるシンプルな言葉。
帰り際にボソっと、つい漏れ出た本音という風を装って、呟くのです。

彼に「え?」と聞き返されたらその時は、目を合わせてもう一度言ってみるのはいかがでしょう。

「好きな人へアプローチ頑張ってるんだ」

「好きな人へアプローチ頑張ってるんだ」

アプローチというアプローチを繰り出した後に、とどめとして「アプローチ頑張ってるんだ」。
彼と、最近の恋愛の話になった流れなどで切り出すと自然でしょう。

数々の台詞や言動は無意識に生じたものではなく、意図的にやっていたことだと伝えるのです。

告白をいざなう“行動”

じっと見つめる

じっと見つめる

向かい合って座って話している時や、ふとした時にじっと彼のことを見つめるのです。

見つめる時間が長ければ長いほどいい、という訳ではありません。
一度目を逸らしてから再び見つめる、というバランスもポイントです。

ジュエリーシャドウベール

楽天市場

商品

ジュエリーシャドウベール

¥648

CANMAKE(キャンメイク)のラメアイシャドウ。
粒の大きさが異なる2種類のラメがセットに。
まぶたのツヤと煌めきに、彼も目が離せないかも。

さりげなくボディタッチをする

さりげなくボディタッチをする

話している最中などに、さりげなく彼の肩や腕にタッチ。
ベタベタしすぎと思われないように、さじ加減が重要です。

ボディタッチをするのが恥ずかしいという方は、二人で電車に乗った際、隣同士で座った時に肩と肩を触れ合わせるだけでも効果アリです。

顔を寄せる

顔を寄せる

彼もしくは自分のスマホや、1冊の本など同じものを2人で覗き込むのです。
必然的に顔が近くなって、いつもと違う距離感に彼もドキドキが止まらないかも。

その距離感で時折、彼の方を向くのも◎。

クッションファンデーション

楽天市場

商品

クッションファンデーション

¥2,870

韓国の化粧ブランド、Kill Cover(キル カバー)のクッションファンデーション。
保湿力がバツグンで、長時間潤いが保てるとのこと。
近くで見られても欠点のない肌に。

見かけた時にとびっきりの笑顔を見せる

見かけた時にとびっきりの笑顔を見せる

街中で偶然会った時、待ち合わせで彼と合流できた時。
どんなシチュエーションでも、彼と会えた時は「あなたと会えて嬉しい」という気持ちを笑顔で表現してみましょう。

彼も、自分の好きな女の子が自分と会う度にとびきりの笑顔を見せてくれたら、嬉しくてたまらないはず。

わざと人気の少ない道を歩く

わざと人気の少ない道を歩く

男の子が告白までの一歩を踏み出せない大きな原因は、振られるかもしれないという恐怖。
彼は、振られるところを他人に見られたくないと思っているはず。

そんな彼を安心させるために、わざと人気のない道を通るのです。
「こっちの方が近道かも」なんて嘘をついて、誘導しましょう♡

告白されるまであと数秒

告白されるまであと数秒

ほぼ告白していると捉えられかねない程の、私の「好き」アピール。
さすがに彼も察したのではないだろうか。

私もキミのことが好きなの。
さあ、勇気をだして。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。