マレーシア旅行でここは行くべき!美しすぎるモスク3選と観光のポイント

マレーシアに旅行するなら、ここは見てほしい!そんな美しすぎる3つのモスクと観光のポイントをまとめました。ピンクづくしで乙女心に刺さる「ピンクモスク」、クアラルンプール最古のモスク「マスジッド・ジャメ」、神秘的な雰囲気が漂う「ブルーモスク」の魅力をたっぷりご紹介します。是非一度訪れてみてください♡

一度は見るべき、美しすぎるモスク

一度は見るべき、美しすぎるモスク

物価も安く、食べ物も美味しいマレーシア。日本との時差は1時間なので、時差ボケの心配もほとんどありません。

マレー系、中華系、インド系の民族で構成されているマレーシアは、話す言語や信仰している宗教も様々。
いろいろな文化が混ざり合った面白い国です。

なかでも国教であるイスラム教を信仰している人が特に多く、イスラム教の礼拝堂であるモスクが有名。

日本にいるとあまり馴染みのないモスクですが、華やかで異国情緒たっぷり、人生で一度は見てほしい美しさなんです!

今回はマレーシア旅行で是非訪れてほしい、美しすぎるモスクとモスク観光のポイントをご紹介していきます。

1:ピンクモスク

1:ピンクモスク

ピンクモスクと呼ばれるこちらのモスクは、正式名称『プトラモスク』。

首都クアラルンプールの中心部とクアラルンプール国際空港の間にあるので、どちらからもアクセスしやすい観光スポットです。

壁も、天井も、柱も、全てがピンクに統一された外観は女子の心に刺さるロマンチックさが漂います。

ピンクモスクの内部はこちら。ご覧の通り、内側から見てもピンクづくしになっています。

高さのあるドーム型の天井にはステンドグラスやアラベスク模様の装飾が施されて、神聖な雰囲気を感じさせます。

イスラム教徒以外が入れる場所は限られているのですが、建物の写真撮影はほとんどOKなのが嬉しい。

足元に目をやると、絨毯までもがピンク♡

こちらもモスクらしい繊細な模様が描かれていて、こだわりを感じます。天井にばかり気を取られてしまいそうですが、是非足元にもご注目ください。

モスクに入る時には、イスラム教の決まりを守った服装をしなければなりません。

ピンクモスクでは、入り口で「PUTRA MOSQUE」の刺繍が入ったガウン(チャドル)を貸し出しているので私服の上からガウンを着て、しっかりフードを被って髪の毛が見えないようにしましょう。

普段とは違う服装ができるのも、異文化に触れられた気分が高まりますね!

イスラム教徒のお祈りの時間と、一般の見学の時間が分けられているため、入場可能な時間を事前にチェックするのがおすすめです◎

ピンクモスクの見学可能時間は下記を参考にしてください。

土曜日〜木曜日
9:00-12:30
14:00-16:00
17:30-18:00

金曜日
15:00-16:00
17:30-18:00

2:マスジッド・ジャメ

2:マスジッド・ジャメ

マスジッド・ジャメは、クアラルンプールで最も古いモスクです。

周囲にはヤシの木が並んでいて、南国ムードたっぷり。青空に生える真っ白なドーム状の屋根が特徴になっています。

クアラルンプール中心部からのアクセスの良さはピカイチ。最寄り駅から歩いてすぐの場所にあるので、他の観光地を巡ったあとにでも立ち寄りやすいのでおすすめ。

レンガと白のコントラストが美しく、芸術的なアーチ回廊など見ているだけでワクワクするような手の込んだエキゾチックな建物です。

噴水や塔など、どこを切り取ってもまるで映画や絵画のなかのような雰囲気の素敵な場所。

マスジッド・ジャメでも入り口でガウンを借りることができるので、肌や髪の露出を隠して観光しましょう。

足首までの長さのあるガウンは暑そうに見えますが、ヤシの木の陰や噴水、大理石の床など涼を感じる場所が多いので意外と快適◎

マスジッド・ジャメの見学可能時間は下記を参考にしてください。

土曜日〜木曜日
8:30-12:30
14:30-16:00
金曜日
15:00-16:00

3:ブルーモスク

3:ブルーモスク

世界で4番目の規模を誇るとても豪華なこちらのモスク。

正式名称『スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク』という長い名前ですが、ガイドブックなどではブルーモスクと呼ばれています。

青空に馴染むような、爽やかなブルーとホワイトが美しいですよね。

ブルーモスクでは、全身をおおうガウン+しっかり髪の毛を隠すヒジャブを貸し出してくれます。
ガウンもヒジャブも、ブルーモスクにぴったりの青い色なので写真にも映えますよ♡

ブルーモスクの建物のなかには、タイルや大理石の床など普段見ることがない異国情緒たっぷりな空間が広がっています。

ブルーモスクはグループでも個人で行っても、それぞれにガイドがついて案内してくれます。
英語ガイドがメインですが、運がよければ日本語を話すガイドさんに当たることもあるようなので当たったらラッキー。

モスク内の見所や、歴史を学びながらゆっくりモスク内を見学しましょう。

ブルーモスクの見学可能時間は下記を参考にしてください。

月曜日〜木曜日
10:00-12:00
14:00-16:00

土曜日・日曜日・祝日
10:00-12:00
14:00-16:00
17:00-18:30

モスク観光のポイント

モスク観光のポイント

モスク観光で気をつけたいのが、イスラム教のルールをきちんと尊重すること。
観光というと少し軽く考えてしまうかもしれませんが、信仰している人にとってとても大事な場所に足を踏み入れるということを忘れないようにしましょう!

モスクだけでなく寺院など、神聖な場所には靴を脱いで入らなければなりません。脱ぎ履きをしやすいサンダルやバレエシューズを履いていくとスムーズです。サングラスや帽子も、できるだけ外すのがマナーです。

出典: latte.la

次に気をつけたいのが髪型。モスクに入る時にはガウンのフードやヒジャブ、スカーフで頭髪を隠す必要があるので、高い位置のポニーテールやヘアアレンジはあまり向きません。

フードやヒジャブで覆っても髪型が崩れにくいダウンスタイルや、低い位置でのローポニーなどがおすすめです◎

出典: unsplash.com

モスクの外観や内装は、目で見るだけでなく写真にも収めたくなってしまうほどの美しさ。

基本的に撮影OKの場所が多いのですがイスラム教徒以外立ち入り禁止のスペースや、撮影が禁止されている場所もあるのでモスクの案内所や入り口で撮影のルールを確認するようにしましょう。

きちんと確認することで、ゆっくり納得のいく一枚を撮ることができますよ◎

是非一度、訪れてみてください

是非一度、訪れてみてください

マレーシアで一度は見てみてほしい3つのモスクと、モスク観光のポイントをご紹介しました!

見所たっぷりのマレーシア、旅行ではどこを見ようか迷ってしまいますが筆者はこの3つのモスクを激推しします♡

美しいだけでなく宗教や文化の違いを肌で感じられる良い機会なので、是非訪れてみてくださいね!

関連する記事

こんな記事も人気です♪

時間がある日は、まだ行ったことのない町へ。「よりみちノート」と過ごす休日

時間がある日は、まだ行ったことのない町へ。「よりみちノート」と過ごす休日

  • もこ公式
  • 23765view
どんな表情も凛として見える秘策。アイ・リップ・スキンから始めるブルーメイク

どんな表情も凛として見える秘策。アイ・リップ・スキンから始めるブルーメイク

  • saaaaayan公式
  • 4720view
建築と眼鏡にはどこか通ずるものがある。デザインの美しい2つの意外な組み合わせ

建築と眼鏡にはどこか通ずるものがある。デザインの美しい2つの意外な組み合わせ

  • もこ公式
  • 8993view
アンニュイブルーがお洒落な手元の秘訣?ネイルのいろいろな青を集めてみました

アンニュイブルーがお洒落な手元の秘訣?ネイルのいろいろな青を集めてみました

  • ゆいぷぉい公式
  • 10181view
真夏の甘コーデの正解はこれ!涼しげガーリーは“サックスブルー”でGET♡

真夏の甘コーデの正解はこれ!涼しげガーリーは“サックスブルー”でGET♡

  • ねこ太郎公式
  • 9551view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

harpoon公式

First to the Key ! First to the Egg !

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。