どうしよう誘われちゃった。好きになれるかもしれないフェスの克服マニュアル

苦手なフェスに誘われちゃった。行ったことのない人にとっては不安要素がたくさんあるフェス。そこで今回は、毎年様々な音楽フェスに行っている筆者が、フェスの克服方法を紹介します!「音楽がわからない」「楽しみ方がわからない」などの4つのお悩みを解決します!

ああ…どうしよう。

出典: unsplash.com

誰かがふと言った一言。
「みんなで音楽フェス行かない?」

おっと。
フェスがどうしても苦手な私にとってはちょっと辛い。
でも、みんな盛り上がってるし…どうしよう。
ここで嫌だって言ったら空気悪くなるかな…?
こんな経験ないですか?

出典: unsplash.com

フェスって行ったことない人からすると不安要素が多くて、なかなか踏み込めないもの。
そこで今回は、毎年様々な音楽フェスに行っている筆者が、フェスの克服方法を紹介します!
ちょっと行く気になるかもしれませんよ。

type:A 音楽がわからない

出典: unsplash.com

まず、フェスが苦手な人に一番多い意見が「音楽がわからない」。
色々なアーティストがライブを行うフェスですが、自分の知らないアーティストばかりですとちょっとつまらないと思ってしまうこともありますよね。

→ちょっと予習をして行く

出典: unsplash.com

やっぱりフェスを楽しむためには、音楽は大切ですよね。
だいたいどのフェスも開催される1ヶ月前にはほぼ全てのラインナップが公開されています。
自分の行く日に出演するアーティストをチェックしてみましょう!

フェスは単独ライブとは違い、一組の持ち時間が1時間以内です。
そのため、フェスではメジャーな曲や人気の曲が演奏されることが多いです。
出演するアーティストの有名曲を2〜3曲聴いて行くと、なんだかんだ楽しめる気がします!

イヤホン

商品

イヤホン

¥1,236

どうせ予習するなら音質のいいイヤホンで。
こちらは、『SONY(ソニー)』のイヤホン。
イヤーピースを耳の奥まで装着できて、高音質で音楽を聴くことができます。

type:B 楽しみ方がわからない

出典: unsplash.com

もう一つフェスが苦手な人に多い意見は「楽しみ方がわからない」。
確かに、ライブとはまた違う独特な雰囲気を漂わせているフェスは、そんな不安要素も多いはず。
周りのノリについていけるかなどの不安もありますよね。

→自分のスタイルで楽しむ

出典: unsplash.com

フェスの楽しみ方はとにかく自由!
ずっとステージ前にいる人もいれば、ゆっくり座ってお酒を飲みながら音楽を聞いていたり、フェス飯を楽しむ人、イベントを楽しむ人がいたりと本当に様々な楽しみ方があります。

だからずっとステージを見るだけでなくてもいいんです。
少し疲れたなと思ったらイベントコーナーを覗いてみたり息抜きをしてください。

レジャーシート

商品

レジャーシート

¥1,699

野外フェスで疲れた時に大活躍。
こちらは折りたたみ式のレジャーシート。
コンパクトに畳めてポケットにも入るサイズなので荷物の邪魔にもなりません。

type:C そもそも人混みが苦手

出典: unsplash.com

フェスは何千、何万人という人が一気に集まる場所。
しかもその中でオールスタンディングでライブを見るわけですから。
そもそも人混みが苦手っていう人は辛いですよね。

→後ろの方で音楽を聴く

出典: unsplash.com

隣の人や前後の人との距離感が気になるのであったら、後ろの方でゆっくりと音楽を聴くことがオススメ。
後ろの方だとアーティストは見えづらいですが、比較的自分のスペースを保ちながら楽しめます。
フェスは、後ろの人までちゃんと音楽を聴けるように工夫されているので、音の心配はご無用です!

 双眼鏡

商品

双眼鏡

¥1,490

せっかくアーティストが目の前にいるからちゃんとステージを見たい。
そんな人には双眼鏡がオススメ。
コンパクトなサイズ感なのに、倍率10倍なのでしっかりとステージを確認できます!

type:D ずっと外にいるのが辛い

出典: unsplash.com

フェスって夏の野外でやっているイメージだし、虫や暑さが気になる。
それに晴れていたら日に焼けてしまったり、雨だと濡れてしまったり。
野外フェスは天気に左右されることが多いです。

→フェスは野外だけじゃない

出典: unsplash.com

天気や暑さが気になる人!
実はフェスは野外だけではないんです。
毎年夏に東京と大阪で開催されている大型フェス『SUMMER SONIC(サマーソニック)』では、室内のステージも多いんです。
そのため、少し疲れたなと思ったら、室内ステージでのライブを見ながら休憩をしてみたりも大丈夫です◎

出典: unsplash.com

また、フェスは夏だけではなく、春秋冬も開催されています。
夏フェスは野外で開催されることが多いですが、他の時季のフェスは室内で行われることがほとんど。
もし天気や気温が気になるのであれば、室内フェスに行ってみるのがオススメです!

行ってみよう…かな?

出典: unsplash.com

フェスはとっても自由なんです!
少しでも行ってみたいなと思ったらいいな。
ちょっとでも気になるのであれば、一度行ってみてください!
新たな好きなコトが見つかるかも。

今回は野外フェスを最大限に楽しんで最高の思い出を作るために、行く前に知っておきたい野外フェスガイドを紹介します。野外フェスで必要な持ち物から持っていくと便利なアイテム、オススメのフェスファッションなどをまとめて紹介。今年初めて野外フェスに行く人は必読です!

野外フェスにちょっと行ってみようかなと思った人にオススメのガイド記事です。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

フェスの季節がやってきたぁ〜!フェスに適した服装・持ち物チェック開始です♡

フェスの季節がやってきたぁ〜!フェスに適した服装・持ち物チェック開始です♡

  • ぽちゃっこ公式
  • 17719view
気分もコーデもちょっぴり大胆に♡この夏真似したい最新フェスLOOK集 vol.1

気分もコーデもちょっぴり大胆に♡この夏真似したい最新フェスLOOK集 vol.1

  • Mokha公式
  • 7845view
フェスコーデのポイントは【小物】にあり。夏フェスで挑戦したいアクセサリーリスト

フェスコーデのポイントは【小物】にあり。夏フェスで挑戦したいアクセサリーリスト

  • cowgirl公式
  • 14347view
と〜っても楽しくても油断禁物。夏フェスで気をつけておきたい10のこと

と〜っても楽しくても油断禁物。夏フェスで気をつけておきたい10のこと

  • cowgirl公式
  • 4746view
フェスはTシャツ×〇〇で誰よりもアツく行こうぜ!バンTを主役にするコーデのすゝめ

フェスはTシャツ×〇〇で誰よりもアツく行こうぜ!バンTを主役にするコーデのすゝめ

  • omkchan公式
  • 5321view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

cotone公式

好きなこといっぱい。

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。