この夏、私も大人の仲間入り。ほんのりとビターな水出しコーヒーをご賞味あれ

夏になると登場してくるコーヒーメニューに「水出しコーヒー」というのがあるんです。いったい普通のコーヒーとは何が違うのか、その魅力はなんなのか、そもそもコーヒーの種類っていまいちわかっていないという人にご紹介するコーヒーの記事です。水出しコーヒーが楽しめるコーヒーのお店も紹介するので、ぜひ水出しコーヒーをご賞味あれッ!

きっとあなたも飲みたくなる

きっとあなたも飲みたくなる

突然ですが、水出しコーヒーを知っていますか?

見た目は普通のアイスコーヒーと何ら変わりないので違いを気にする人も多くはないかもしれませんが、知らなかった人はここでしっかり把握して知的ガールになりましょう!

定番になってる夏の飲み物

定番になってる夏の飲み物

出典: shutterstock

夏はアイスバー、冬はバニラ系のアイスが食べたくなるみたいに飲み物もさっぱりとしたものが欲しくなりますよね!

カフェの看板などのおススメを見るとこの時期は水出しコーヒーを押しているお店がすごく多いんです。今回はその人気の訳をサクッとご紹介しちゃいます。

水出しコーヒーとは

水出しコーヒーとは

水出しコーヒーは普通のコーヒーに比べ苦みや雑味が少ないので、コーヒーが苦手という人でも比較的飲みやすくなっています。

水出しコーヒーの味の特徴ですが、水を使ってゆっくりと時間をかけて抽出するため、良質な甘味と柔らかい苦みが特徴として引き出され、嫌な苦みやエグみは抑えられます。

出典:www.thecoffeeshop.jp

ここで、少し脱線ですが…

コーヒーにはたくさんの種類があります。
それらの種類の違いを理解していますか?

今回は水出しコーヒー以外に4つの種類をご紹介しちゃいます。

ドリップコーヒー

ドリップコーヒー

コーヒーの定番で、多くの人が普段から飲んでいるのがこのコーヒーではないでしょうか?
コーヒーにはそもそも2つの抽出方法があります。そのうちの1つがドリップコーヒーで、透過しながら抽出します。紙や布のフィルターを使ってやるのがイメージしやすいのではないでしょうか?この透過式で透明度のあるスッキリとしたコーヒーになります。

エスプレッソコーヒー

エスプレッソコーヒー

出典: shutterstock

ドリップコーヒーではないもう1つの抽出方法がエスプレッソコーヒーなんです。加圧方式で、お湯に圧力を加えて短時間で抽出します。

アメリカン・コーヒー

アメリカン・コーヒー

出典: shutterstock

浅く焙煎したコーヒー豆で入れたコーヒー。アメリカーノとはまた違ったコーヒー。

アメリカーノ

アメリカーノ

出典: unsplash.com

アメリカーノはエスプレッソコーヒーにお湯を注いで作ったもの。

行ってみたい、気になる水出しコーヒー

行ってみたい、気になる水出しコーヒー

さて、水出しコーヒーに戻りまして
ここからはパッケージが映える店の水出しコーヒーをご紹介していきたいと思います。

このブルーの文字がお洒落な、代官山にある『it COFFEE(イットコーヒー)』。
スッキリとした味わいのコーヒーが飲めるお店です。

公式サイトはこちら

出典: prtimes.jp

JR京都駅から徒歩5分の距離にあるカフェ『Kurasu Kyoto(クラス キョウト)』。
夏季限定の水出しコーヒー以外にも月替わりのコーヒーがあるワクワクなお店です。

公式サイトはこちら

白を基調とした、オシャレな空間の内装が今話題の『walden woods kyoto (ウォールデン ウッズ キョウト)』。
こちらでも水出しコーヒーが楽しめます。
日の光に透けるコーヒーがたまらなく美味しそう。

公式サイトはこちら

大阪鶴橋にある『Selter coffee stand(シェルター コーヒースタンド)』。
スクエアのボトルに入ったコーヒーで最新のお洒落をインスタに投稿できちゃいますよ。

公式インスタはこちら

世田谷区の松陰神社前にある『BRYANT COFFEE(ブライアントコーヒー)』。
コーヒー?と言いたくなるほど洒落た容器に入ったコーヒーは是非とも飲みたいものですね。

公式サイトはこちら

最後はまるっこくて可愛らしい『BLUE BOTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー)』のコールドブリュー缶。

多くの人に人気のこのショップからも水出しコーヒーが登場。
要チェックのメニューですね!

公式サイトはこちら

お家でも水出しコーヒーを作りましょ

お家でも水出しコーヒーを作りましょ

出典: prtimes.jp

水出しコーヒーは家でも気軽に作ることができるんです。
今回はカフェカルディのウォータードリップコーヒーを使った作り方をご紹介しちゃいます。

水だし麦茶の要領で大きめの容器(600ml以上)にコーヒーバッグを1袋入れ、常温水(20℃程度)を約400ml注いて下さい。そのまま冷蔵庫に入れ、8時間以上抽出後、容器からコーヒーバッグを取り出して完成です。

出典:www.kaldi.co.jp

いつもと違う、夏のコーヒーをご賞味あれ

いつもと違う、夏のコーヒーをご賞味あれ

出典: shutterstock

ほのかに苦みが残る水出しコーヒー。
火照ったカラダにいかがですか?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。