Blueが好きだから、メイクはRed?おフェロな、‘青を使わない’青の楽しみ方

大人っぽいテイストの青い服に映えるのは、青みピンクメイクではありません。あえて青みのない、赤っぽい血色感強めのおフェロメイクの方が、青い服の上品さを引き立ててくれるはず。この記事では、青い服に合う、青を使わない大人なお色気メイクの秘訣をご紹介。青を楽しむコツは、青を使わないこと。

そう、あなたは青が好きなのね

?size=l

この記事を開いたということは、あなたはきっと青が好きなのね。
青い服、青い小物…きっと沢山持っているのね。

そんなあなたにオススメしたいのは、青好きなあなたにとって、いつもと違う楽しみ方かも。

出典: unsplash.com

大人っぽくて上品で、心を落ち着かせてくれる青という色。
そんな青色に全身を包まれたいくらい大好きなのかもしれないけれど、青が本当に好きならば、ちょっとだけ我慢してほしいのです。

青が好きだからこそ、メイクに青は入れない

出典: latte.la

「え…青が好きなのに、この記事は青メイクの紹介ではないだと…??」

なんて思わないでほしい。
筆者も無類の青好きですし、青好きMERY女子の味方です。

出典: unsplash.com

確かに、青好きにとっては‘青みピンク’も当然魅力的に思えるけど、ドーリーでキュートな青みピンクは、大人っぽくて上品な青いアイテムとあまり合わないかもしれないんです。

青が好きなら、青に捉われずに青を映えさすメイクを施しましょ?

1:白さを意識、透き通るような肌色を演出

?size=l

ベースメイクは、自然に見せることも大切ですが、肌の白さをワントーンアップさせるようなコスメを選んでみましょう。
チークやリップで作る血色感を強調するため、そして透き通るような肌で上品さや儚さを演出するためです。

?size=l

化粧下地は薄紫系のコントロールカラーをチョイスしてみましょう。
薄紫のベースは肌の色を白っぽく見せてくれます。

筆者のオススメは、‘イガリメイク’でおなじみのイガリシノブさんのプロデュースするコスメブランド、『WHOMEE(フーミー)』の『フーミーコントロールカラーベース』です。
4色あるうちのパープルが薄紫系の色味になります。

出典: lipscosme.com

こちらのスウォッチ画像の下部分が、フーミーコントロールカラーベースのパープルを塗ったもの。

紫、と聞くと抵抗を持つ方もいるかもしれませんが、肌に塗ってみると結構白っぽさがあるんですよ。

2:血色感の強い赤めメイクアップ

?size=l

血色感を強めに演出してくれる赤みの強いコスメに頼って。
大人っぽさの中に少しだけあどけなさの残る、女っぽい色っぽメイクが叶います。

塗り過ぎはもちろん不自然なのでNGですが、ベースメイクで白さを意識した分、血色感をしっかり意識しないと顔色が悪そうに見えてしまうので、程よい濃さになるようにしましょう。

出典: lipscosme.com

筆者のオススメコスメは、『SUGAO(スガオ)』の『スフレ感チーク&リップ』の『じんわりレッド』という色。
濃く色が出てしまいそうで赤チークには抵抗がある…という方も、これなら使いやすいはず。

写真の通り、スフレのような柔らかい感触の変わったクリームチーク&リップ。

出典: lipscosme.com

このように、ふんわりと優しく色づきます。
筆者も実際に使ったことがあるのですが、指でぽんぽんと優しく肌にのせれば、綺麗に違和感なく馴染みます。

YouTube

クリームチークに使い慣れていない!という方は、基本的な塗り方からチェック。
塗り過ぎてしまったり、不自然に見えてしまったりしてはクリームチークの良さが台無しになってしまいます。

3:リップは深みのある色に

?size=l

リップは、深みのある暗い色を使って上品に。
子供っぽくなりすぎず、落ち着いた大人っぽい印象にしてくれるはず。

?size=l

暗めの色のリップを使うのには抵抗がある…という方は、普段使っているリップの上から黒のラメグロスをのせると◎
普段のリップが大人っぽくグレードアップされます。

筆者のオススメは『MISSHA(ミシャ)』の『マジカルティント』。
カラー展開も豊富ですが、今回ご紹介するのは『ミステリアスブラック』という、煌めくラメが入った黒いティントグロス。

出典: lipscosme.com

暗めの色のリップメイクというと、サラサラとしたマットな質感をイメージする方もいるかもしれませんが、マジカルティントは中に入ったラメも大きめで、美しい艶っぽさを演出してくれます。

暗い色でも季節感をしっかりおさえることが出来ますね。

ほら、青い服がよく映えるでしょう?

出典: latte.la

大人っぽいおフェロなメイクと、大人っぽくて落ち着いた青いコーデ、相性がいいんです。
メイクの色っぽさと青の爽やかさもバランスが取れていてマッチしてみえるはず。

青をお洒落に見せる秘訣は、メイクに青を使わないことなのでした。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

BLUEの可愛さ見くびってない?青の色遊びで見つけたネオガーリーのすすめ

BLUEの可愛さ見くびってない?青の色遊びで見つけたネオガーリーのすすめ

  • rana公式
  • 31222view
青の世界へようこそ。色は“BLUE”でも気持ちは“HAPPY”になれる7つのカフェ

青の世界へようこそ。色は“BLUE”でも気持ちは“HAPPY”になれる7つのカフェ

  • k_h___i公式
  • 3416view
白じゃなくて、赤、青、黄色。Tシャツにはカラーを取り入れて‘いいね’をもらおう♡

白じゃなくて、赤、青、黄色。Tシャツにはカラーを取り入れて‘いいね’をもらおう♡

  • Chan_mo公式
  • 18613view
思いっきりイメチェンがしたい。青系・赤系あなたはどっちのヘアカラーにする?

思いっきりイメチェンがしたい。青系・赤系あなたはどっちのヘアカラーにする?

  • Chan_mo公式
  • 27661view
今年の夏は、デニムじゃない青を添えて。爽やかさを吹き込むブルーコーディネート

今年の夏は、デニムじゃない青を添えて。爽やかさを吹き込むブルーコーディネート

  • はるまめ公式
  • 9760view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

ゆきんちゃん公式

お布団帰りたい

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。