見やすさ=信頼と実績。分かりやすく美しく伝えるパワーポイントの作り方講座

学校や会社などプレゼンテーションの場で必要なパワーポイント。今回は信頼されるパワーポイントをつくるポイントを6つに絞ってご紹介。緊張するプレゼンテーションだからこそ使うパワーポイントもハイクオリティに。聞き手の立場に立って、誰からも信頼される分かりやすいパワーポイントを作成しましょう。

Q. パワーポイントとは?

?size=l

会社や学校など、プレゼンテーションの際に使われるパワーポイント。
主に自分やチームの考えや主張を伝える時に便利なソフトですよね。

パワポ作成に重要な点

出典: unsplash.com

自分の言葉と一緒に発表で用いられるパワーポイントですが、“相手に意見を伝えること”が一番のカギとなります。
その為には、分かりやすさ・簡潔さ・スライドの見やすさなどが重要なポイントに。

自分の言葉だけでは伝わりづらい部分を明確に示すパワーポイント。
緊張するプレゼンテーションの時にきっと自信が持てる見やすいパワーポイントを作るポイントを伝授します。

point1:つくる前に構成を決める

出典: unsplash.com

まず、作る前にプレゼンテーションでの発表内容についてどのような流れで話したいのか、構成を決めましょう。
始まりと終わりを決めておかなければ、無駄なスライドが入ってしまったり、流れに一貫性が無くなってしまいます。

出典: unsplash.com

基本的な流れとしては、
概要→課題・問題点→分析→解決策→まとめ
という流れ。
パワーポイントを使ってどこを具体的に掘り下げていくか、という目安も立てられたらいいですよね。

point2:1枚につき主張はひとつ

出典: unsplash.com

パワーポイントの基本として、伝えたいメッセージは1枚のスライドにつき1つ。
そのスライドでメインとなるもの取り上げて、そこから話が派生する場合は新たなスライドを作成しましょう。

出典: unsplash.com

伝えたいことがたくさんある、という時もきっとありますが話す内容をそのままスライドに書いてしまっては発表の意味がなくなってしまいます。
重要なポイントや、全体に主張したいということを簡潔にまとめて1枚のスライドを作成しましょう。

point3:文章は少なく図・グラフを使う

出典: unsplash.com

パワーポイントのいいところは言葉で表しづらい図やグラフを分かりやすく表してくれるところ。
せっかく画面で見せられる場があるなら、図やグラフを使えばさらに分かりやすく。
データがあるだけで説得力も一気に増します。

出典: unsplash.com

視覚的にも相手を飽きさせないためには図やグラフは大事なポイントに。
文字がびっしり書いてあるスライドよりも図の方が分かりやすく、頭にもすっと入ってきますよね。

point4:あいまいな表現は避ける

出典: unsplash.com

ハッキリしないあいまいな表現はプレゼンテーションの際には使わない方がいいかも。
特に社会人のビジネスの場であいまいな表現は嫌われてしまうので要注意。

出典: unsplash.com

あいまいな表現とは、「かなり」や「多め」などの程度が人によって分かれてしまうような表現。
プレゼンテーションの際だけでなく、社内で使うのもよくありません。
あいまいな表現の一例をチェックして、具体的な言葉を使うようにしましょう。

だいぶ/すごく/たくさん/非常に/とても/もっと/かなり/たいそう/はなはだ/めっきり/極めて/ことのほか/いたく/こよなく/ずいぶん/大変/よほど/めっぽう/いやに/相当に/はるかに/大層/すぐに/ときどき/たまに/たまたま/しばらく/まあまあ/そこそこ/素晴らしい/素敵な/美しい/おいしい/かっこいい/つまらない/おもしろい/おかしい/優しい/偉い/危ない/新しい/古い/明るい/暗い/暑い/寒い/大きい/小さい/高い/安い/低い/長い/短い/早い/遅い/広い/狭い

出典:next.rikunabi.com

point5:フォント・レイアウトを統一する

出典: unsplash.com

スライド全体に統一感と見やすさをもたらすフォントとレイアウト。
文字の大きさや形、色などを全てのスライドで統一すると見やすさもぐっと増します。
文字の大きさは聞く側が見やすいサイズがベスト!

出典: unsplash.com

レイアウトがバラバラだと見づらさの原因に。
最初の一文字目の位置や、改行する場所などを統一するだけで見やすいパワーポイントに生まれ変わります。
また、スライドの端から書きすぎず、余白をあけて文字を入れるのもおすすめですよ。

point6:最後に流れを見直す

出典: unsplash.com

スライドが全て完成したら、最初から最後まで見直して一貫性のある流れになっているかを確認します。
この時、主観的だけでなく聞く側になって見直せるとよりレベルアップしたパワーポイントに。

出典: unsplash.com

プレゼンテーションの場で想定される質疑応答の時間。
予想される質問を自分で考えておき、先に情報を補えるといいですよね。
あくまでプレゼンテーションは人に向けて行うものなので、自分が聞き手だったらどう感じるかに注目して完成させましょう。

誰からも信頼されるプレゼンに

出典: unsplash.com

自分の意見や考えをより分かりやすく伝えてくれるパワーポイント。

自己満足で終わらずに、みんなから支持されるものに仕上げましょう♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪

着られている感、否めません。お洒落見えするビッグシルエットの着こなしポイント

着られている感、否めません。お洒落見えするビッグシルエットの着こなしポイント

  • m_n_h公式
  • 38210view
今っぽさ×私らしさはメイクでつくれる!5つのポイントメイクで私らしいkawaiiを

今っぽさ×私らしさはメイクでつくれる!5つのポイントメイクで私らしいkawaiiを

  • yurimo公式
  • 7928view
永遠の憧れフレーズ:「華奢」。3つのポイントで、この夏こそ言わせてみせませんか?

永遠の憧れフレーズ:「華奢」。3つのポイントで、この夏こそ言わせてみせませんか?

  • yurimo公式
  • 20391view
髪を伸ばすって決めました。綺麗なロングヘアになるための5つのポイント♡

髪を伸ばすって決めました。綺麗なロングヘアになるための5つのポイント♡

  • もち公式
  • 43220view
後悔したくないお買い物ですから。香水を買うときに気をつけたい4つのポイント

後悔したくないお買い物ですから。香水を買うときに気をつけたい4つのポイント

  • yoko公式
  • 42205view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

かなへ公式

韓国 と グルメ と ダイエット。

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。