DEAR現状維持派さん。【今日だけイメチェン】を可能にする部分ウィッグの勧め

「髪を伸ばしたいから現状は維持したい。」「今のヘアスタイルは気に入っているけど今日だけは変えたい。」そんな風に現状維持派だけど物足りなさを感じている女の子集合!今日だけイメチェンを叶えてくれる部分ウィッグを活用しましょう♩ウィッグ愛用者の筆者がオススメする活用法とショップをご紹介します。

イメチェンしたいけどしたくない…

イメチェンしたいけどしたくない…

出典: latte.la

不意に訪れるイメチェンしたい欲。
しかしイメチェンに踏み込むには大きな勇気がいるものです。
でも髪を伸ばしていたり、今の髪型が気に入っていたらイメチェンはしにくいですよね。

でも“今日だけ”は変えたい!変化が欲しい!
と思っているあなたに、ウィッグ愛用者の筆者が1日イメチェンのコツを伝授します♩

ウィッグを活用してみよう

『ウィッグ』『カツラ』と聞くと、コスプレ用でしょ?と思う方も多いと思います。
しかし今はもう、ウィッグは服を着替える感覚でつけ替えてお洒落を楽しむアイテムになっているんです。
髪を明るくしたくてもできない方や、ベリーショートだけど一気にロングヘアにしたい方などには特にオススメです。

ウィッグのデメリット

簡単にイメチェンできる優れものですが、夏場のウィッグはオススメしません。
全頭を覆うので、夏の暑さでは蒸れやすくなるからです。

そこで夏でもオススメなのが、部分ウィッグ(つけ毛)。
前髪やポニーテールなど、バリエーションは豊富です!

自然に馴染む、部分ウィッグ

自然に馴染む、部分ウィッグ

こちらはポニーテールウィッグを活用したヘアスタイル。
後ろにまとめられるくらいの長さがあれば、つけることができます。
大体の商品は地毛を覆うようにつけるので、色さえ合わせれば境目がわかりません。

こちらもポニーテールのウィッグです。
セミロングくらいの長さだと、ポニーテール部分の長さが足りなくて馬の尻尾のようにピンっとなってしまう場合が。
そんな時に役立つのがウィッグです。
足りない長さをカバーしてくれるので、可愛らしいポニーテールヘアが出来上がります。

こちらは前髪ウィッグです。
後ろ髪と色さえ合わせれば、あとはパチンッとピンで留めるだけで馴染みます。
前髪を伸ばしている時って、中途半端な長さの時が大変ですよね。
そんな時に本物は後ろ髪に混ぜちゃって、前髪ウィッグをつけてみてください。
ヘアスタイルのお悩みが解決できちゃうかも!

どこで買うの?

どこで買うの?

楽天やAmazonなどの大手通販サイトでも購入できます。
人毛や人工毛、形や色までたくさんの種類があります。

前髪ウィッグ シースルーバング

商品

前髪ウィッグ シースルーバング

¥2,360

シースルーバング風の前髪が楽しめるウィッグです。
人毛でできているのでコテやアイロンなども使うことができます。

眉上 前髪ウィッグ

商品

眉上 前髪ウィッグ

¥1,780

眉上バングが楽しめる前髪ウィッグ。
厚みのあるタイプです。

前髪ウィッグ 『ソフトウェーブ(モースト原系)』

Credit rakuten ichiba

商品

前髪ウィッグ 『ソフトウェーブ(モースト原系)』

¥2,870

くせ毛のような、乱れたような、ぬけ感のあるシースルーバング前髪です。
クルンとした前髪が、無造作ヘアとよく馴染みそう!

ポニーテール ポイントウィッグ

商品

ポニーテール ポイントウィッグ

¥999

こちらはポニーテールにできるウィッグです。
リボンがついているので装着も簡単。
リボンをアクセとしても良し、地毛を巻きつけたりアクセをつけてリボンを隠しても良しです!

ポニーテール ウィッグ

商品

ポニーテール ウィッグ

¥1,200

こちらは巻き髪タイプのウィッグです。
つけるだけで女の子らしいスタイリングに!

ウィッグ専門店(通販)

ウィッグ専門店(通販)

ウィッグ専門の通販もあります。
中でも『AQUADOLL(アクアドール)』『Linea-Storia(リネアストリア)』『PRiSiRA(プリシラ)』は若者向けウィッグが豊富です。
タイプやカラーも豊富なので、自分に合ったものが見つかりやすいかも!
手が出しやすい値段なところも魅力です♩

AQUADOLL
Linea-Storia
PRiSiLA

購入する際に気をつけること

買った後に後悔しないためにも、しっかり説明文やレビューを読んでから購入しましょう。
特に注意するべき以下のことを確認してください。

*長さ・量
長さや量は見栄えに大きく影響します。
自分の頭の形と照らし合わせて考えましょう。

*色
色が合わなかったらせっかくつけてもミスマッチです。
サイトの写真だけでわからない時は、ググってたくさんの画像を見て確認してみると安心です。

*耐熱性
ウィッグは基本的に、人毛と人工毛があります。
人毛はコテやアイロンが使えるものが多いですが、人工毛は使えるものと使えないものがあるのでしっかり確認してから購入しましょう。

“今日だけ”新しいワタシに♡

“今日だけ”新しいワタシに♡

つけ外しができるから、イメチェンに失敗した…なんてことも防げます♩

さあ、部分ウィッグ活用で1日イメチェンを楽しもう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。