夏の保湿対策考えてますか?ペタペタで“潤ってる”勘違いに注意、本当の潤いをget

夏は冬より乾燥しにくいと思っている人はいませんか?それは勘違いかもしれません!今回は、夏も乾燥は敵、その保湿対策をご紹介します。なぜ乾燥しやすいのか、そして保湿方法のスキンケアや紫外線対策、汗対策、メイク後の乾燥対策、飲み物の注意点など、知っておくと便利なことを集めました。

夏の肌も乾燥しやすい

冬は乾燥しやすいという認識はたくさんの人が持っていると思います。
夏は大丈夫…?そんなことありません。夏も肌は乾燥しやすいんです。

汗や皮脂で表面はしっとりして見える?

汗をかいたり皮脂が出たりするせいで、表面はペタペタとしてしっとりしているかのように見えます。でも、その潤いは表面だけかも。
冷房や紫外線が肌の乾燥に影響を与えるんです!だから、夏も乾燥は大敵。

きちんと“潤っている”肌にするために、色々な夏の保湿対策をしていきましょう!

::タオルを使って

まず、温タオルで血行促進。
濡らして絞ったタオルをレンジで約30秒。そして腕にのせて心地よいくらいの温度になっていることを確認してから、顔にのせます。2〜3分後、タオルが体温より冷たくなる前に外しましょう。

次に、冷タオルで保湿力をキープさせる。
冷たい水で濡らして絞ったタオルを、ぬるくなるまで約2〜3分顔にのせます。濡らしたタオルをあらかじめ冷蔵庫で冷やしておくのがオススメです。

::スキンケアで潤い補給

?size=l

タオルを使って肌の血行を促進させて、保湿力をキープさせたら、次はスキンケア。ここでたくさん肌に水分を与えてあげることがとっても重要!

まずは、化粧水の前に導入液を使って美容成分の浸透力をUPさせます。
この無印の導入液はとても人気ですよね。すでに持っている、使っているという人もたくさんいるのではないでしょうか?

?size=l

次に化粧水。

保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が入っているものを選ぶのがオススメです。さらに、ビタミンC誘導体が配合されているものは、保湿と同時に美肌にアプローチすることもできるのでもっとオススメ!
注意しなければならないのがアルコール成分。保湿にはあまりよくないので避けましょう。

もったいぶらずに、たっぷりと重ねづけしてくださいね。だから、お高めの化粧水よりもある程度プチプラの化粧水を購入してたくさん使うのが、筆者のスキンケアのこだわりでもあります。

?size=l

化粧水の後は、美容液、そしてクリームで潤いを閉じ込める。

美容液って高いイメージがありますが、無印にはお手頃価格の美容液があります。試してみる価値ありです!保湿クリームも無印にあるので、化粧水からライン使いするのもオススメ。

::紫外線対策

?size=l

日焼け止めを塗って外出することはもちろん、外出の時にはこのような日焼け止めスプレーを持ち歩くといいです。スプレーだから簡単にシューっと使えるし、何よりも髪や地肌、メイクの上から日焼け止めをつけられる!

メイクをしたらその上にクリームタイプの日焼け止めを塗り直すのはメイクが崩れそうでイヤですよね。だからこのスプレーで、メイクをしていてもこまめに日焼け止めを塗りましょう。

?size=l

日傘、持っていますか?使っていますか?
日傘をさすとささないとでは、肌への紫外線による負担が変わってきます。日焼け止めだけでは阻止できない紫外線から肌を守りましょう。
そして単純に、日傘をさしていると暑さの感じ方が全然違う!これで汗も抑えられて、メイク崩れなどの防止にもなるので、一石二鳥ですね。

日傘としても雨傘としても使える折りたたみ傘を、常にバッグに入れて持ち歩いているととても便利ですよ。

?size=l

日傘をさせない場面もありますよね。例えば、すごく人が多い場所とか。

そんな時は帽子!麦わら帽子やキャップ、キャスケット…おしゃれなデザインの帽子が色々あるから、その日のコーデに合わせてみてはいかがですか?

::その他の対策

汗対策

?size=l

汗をかいて、ゴシゴシと何度も拭いていると、肌へダメージが。
柔らかいタオルやハンカチで、上からかぶせるように汗をぬぐうのがコツです。でも、汗をかくからといって、ずっとぬぐっているのはダメです!摩擦などが肌によくないのです。ひとしきり汗をかいたら、というのがいいかもしれません。

メイク後の対策

?size=l

メイクをしていても、乾燥するという人は少なくないのではないでしょうか。

そんな人には、このような化粧水ミストがオススメ。持ち歩いていれば、乾燥が気になった時にメイクの上からもシューっ!この一手間が肌の潤いにとってとても大切。

?size=l

「IPSA(イプサ)」のスティック状美容液を持ち歩くのも◎
カサつく部分にピンポイントで水分を補給できます。メイク直しの時にも、これを使うとフェイスパウダーなどの馴染みもよくなるそうです。そして、塗ると少しひんやりとするのだとか。そんなところもこれからの季節にぴったりですね。

飲み物にも注意

水分補給は大切ですが、保湿のうえでは注意することがあります。
それは、カフェイン入り飲料はあまり飲まないようにすること。その理由は、カフェインには利尿作用があるので、たくさん飲むと水分を体の外に出してしまうことになるからだそうです。

水分補給は、水を中心にしましょう!

夏も保湿、きちんと

?size=l

冬じゃないからって油断は禁物。
夏の乾燥に要注意です!


乾燥対策は日焼け対策にもなるから、とっても大切なこと。表面だけではなくてきちんと潤った肌にするために、保湿対策を頑張りましょっ。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

暑~~い夏は、指先から涼みましょ?夏にやりたい寒色ネイルのデザインカタログ

暑~~い夏は、指先から涼みましょ?夏にやりたい寒色ネイルのデザインカタログ

  • りりくぼ公式
  • 16597view
あっ、またヤツが現れた。夏を思いっきり楽しむための“夏ニキビ対策”how to

あっ、またヤツが現れた。夏を思いっきり楽しむための“夏ニキビ対策”how to

  • cotone公式
  • 12531view
夏の世界に、リネンをまとって。「麻」の良さを知っている、大人の夏ファッション

夏の世界に、リネンをまとって。「麻」の良さを知っている、大人の夏ファッション

  • たの公式
  • 8954view
「夏といえば」をデザインに。夏祭りなネイルがユニークでキュートなんです

「夏といえば」をデザインに。夏祭りなネイルがユニークでキュートなんです

  • sasamichan公式
  • 3465view
夏じゃなくても出会える夏の代名詞。名残惜しさをクリームソーダにぶつけて

夏じゃなくても出会える夏の代名詞。名残惜しさをクリームソーダにぶつけて

  • もこ公式
  • 3300view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

honoka公式

うさぎが好き。

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。