ほろ甘でレトロかわいい?ドリンクからお菓子まで『オブセ牛乳』シリーズが気になる

長野県の小布施町で製造されている『オブセ牛乳』はご存知ですか?赤ちゃんを描いたデザインロゴがレトロで可愛らしい瓶や紙パックに入ったこだわりの牛乳はもちろん、この牛乳をふんだんに練りこんだお菓子も人気なんです。焼きドーナツ。焼きブレッド、ゴーフレット、キャラメルに加えて、長野限定のソフトクリームも一度食べてみる価値アリ。

レトロ可愛いあの子が気になる

?size=l

ふと立ち寄ったアンテナショップで見つけたのはレトロ可愛い瓶に入った牛乳。

「オブセ……?」
そう書かれた牛乳の正体は『オブセ牛乳』。

どうやらネットでじわじわ話題になっているらしいオブセ牛乳、一体何者なのでしょうか?

オブセ=小布施

?size=l

そもそもオブセ牛乳の「オブセ」とは長野県の北東にある小布施町のこと。
県内で一番小さいこの町では半世紀以上愛されているブランドなんです。

思わず目を引く可愛らしいパッケージはもちろん、製法にもこだわりと優しさの詰まった製品だからこそ、そのラインナップは一度手に取ったら病みつきになるようなものばかり。
注目のドリンクやお菓子を紹介していきます。

公式ホームページ

ドリンク編

?size=l

まずは看板商品とも言える「オブセ牛乳」。
紙パックのタイプと瓶のタイプがそれぞれ販売されています。

「牛乳が一番美味しくなる製法」として創業当時から80℃15分間殺菌にこだわって生産されているこの牛乳、なめらかなコクもありますが、同時にさらっとした飲み心地も人気の理由の一つと言われています。

?size=l

瓶のタイプはロゴが赤・青・緑と3色展開されており、紙パックはサイズや種類も複数展開。それぞれのライフスタイルにあった一本に出会えそうな優しさも詰まっていますね。

そしてインパクトのあるレトロなロゴデザインですが、小さな子供達が健やかに成長するようにと願いを込めて、また夢見る赤ちゃんの可愛らしさをモチーフに考えられたものなんだそうです。

日本が戦後から高度成長期に入る頃、まだ現代のように多種多様な食品がない時代にオブセ牛乳は創業しました。
創業者は、栄養価の高い牛乳に、小さな子どもたちが健やかに成長する願いを込めるとともに、夢見る赤ちゃんのかわいらしさをモチーフとして、三日月で眠る「赤ちゃん天使」のロゴを考案したとのことです。
レトロなかわいさに人気があります。

出典:obuse-milk.com

お菓子編

オブセ牛乳 焼きドーナツ

?size=l

オブセ牛乳シリーズはドリンクだけでなく魅力的なお菓子もたくさんあるんです。

まず紹介する焼きドーナツですが、ほんのり感じる甘さがやみつきになって筆者もすでにお気に入りの一品。
ほろほろと柔らかい食感は、飲み物も進みそうで、お供にはオブセ牛乳やコーヒーで割ったカフェオレなんかも合いそうな予感。

オブセ牛乳 焼きドーナツ

商品

オブセ牛乳 焼きドーナツ

¥2,530

水を使わずに牛乳をたっぷり使った生地を焼き上げているので、ほのかなミルクの風味を楽しめます。
大人から子供まで夢中になること間違いなしの優しい甘さが魅力的ですよね。

オブセ牛乳 焼きブレッド

?size=l

続いては…また焼きドーナツ?と思いきやこちらは焼きブレッド。

焼きドーナツと同様、水を使わずに牛乳をたっぷり練りこんだ生地を焼き上げたお菓子は、小ぶりながら、ちょっぴり硬めの食感なので食べ応え抜群です。

オブセ牛乳 焼きブレッド

商品

オブセ牛乳 焼きブレッド

¥2,470

小腹が空いた時につまみたくなるような一口サイズも魅力の一つ。
友達や家族とシェアして楽しむのもオススメですよ。

オブセ牛乳 ゴーフレット

?size=l

続いて紹介するのはゴーフレット。
ゴーフレットと聞くと、ちょっぴり高級感漂う風貌をイメージしがちですが、オブセ牛乳のゴーフレットはキャッチーなパッケージが印象的。

中身も一つ一つ可愛らしいロゴが描かれた小包装になっているので、手土産としても喜ばれそうですよね。

オブセ牛乳 ゴーフレット

商品

オブセ牛乳 ゴーフレット

¥3,240

パリッと薄い生地はサクサクした食感の中身にも牛乳の優しい味わいを感じることができる一品。
袋を開けた瞬間に漂うミルクの香りに、思わずほっこりしてしまいそうです。

オブセ牛乳 チョコチップスコーン

?size=l

お次に紹介するのはチョコチップスコーン。
素朴で柔らかさのある味わいが特徴的なオブセ牛乳シリーズですが、チョコレートとの相性も抜群です。

コロンとした一口サイズのしっとりとしたスコーンは、袋に伸びる手も止まらなくなってしまいそうな予感。

オブセ牛乳 焼きドーナツ コーヒー味

?size=l

続いては焼きドーナツのコーヒー味。
こちら実は2018年の1月に新しく誕生した新商品なんです。

オブセ牛乳本来の優しい甘さとコーヒーのほろ苦さが絶妙にマッチして、ちょっぴり大人の味わいを感じることができそう。

オブセ牛乳 キャラメル

?size=l

ブレッドやドーナッツとは打って変わり、こちらはキャラメル。
オブセ牛乳をふんだんに使って、焦がすことなくじっくり優しい味わいになるように炊き上げられたキャラメルは、一般的なキャラメルよりも柔らかいのが特徴的です。

一粒口に放り込めば、どこか懐かしさのある味わいに出会えそうな予感。

ソフトクリームもあるって噂?

?size=l

オブセ牛乳の本場である長野県では、これまで紹介してきたドリンクやお菓子とはちょっと違うメニューを楽しむことができるんです。

その正体は長野市にある『パティスリー HEIGORO(ヘイゴロウ)本店』で食べることができる、オブセ牛乳をふんだんに使ったソフトクリーム。
ちょこんと可愛いフォルムは見た目を裏切らない生クリームのような甘さもありながら、意外にもあっさりとした口どけが病みつきになるんだとか。

長野県を訪れた際には、是非食べてみてくださいね。

パティスリー HEIGORO 本店
〒380-0841 長野市大門町515
TEL 026-266-0156
SHOP 10:00 ~ 19:00 / CAFE 16:00(L.O.)

出典:www.fujiyaheigoro.com

『オブセ牛乳』から目が離せない!

?size=l

レトロ可愛いパッケージで注目を集めていた牛乳の正体は、『オブセ牛乳』。

優しさとこだわりの詰まった製法やコンセプトゆえに、地元の人からも愛されつづけるそのドリンクやお菓子たち。
今度はあなたがその虜になっちゃう番かも?

関連する記事

こんな記事も人気です♪

ドリンク片手に癒しの景色を。海山湖がつくりだす日本の絶景カフェ4選

ドリンク片手に癒しの景色を。海山湖がつくりだす日本の絶景カフェ4選

  • ゆかりん公式
  • 9429view
地元民だけが知っている?クリスマスを彩る穴場イルミネーションスポット6選

地元民だけが知っている?クリスマスを彩る穴場イルミネーションスポット6選

  • chanday公式
  • 8424view
週末ぶらり、江戸時代に逢いに行く。長野県の3つの宿場町でノスタルジックなひと時を

週末ぶらり、江戸時代に逢いに行く。長野県の3つの宿場町でノスタルジックなひと時を

  • 公式
  • 3381view
滋賀県に行こう。そう決意させたのはお洒落なカフェでした・SHIGAカフェ3選

滋賀県に行こう。そう決意させたのはお洒落なカフェでした・SHIGAカフェ3選

  • 寧々-nene公式
  • 4680view
永遠のロングセラー?時代を超えて愛される、牛乳石鹸‘赤箱’の秘密を解き明かす!

永遠のロングセラー?時代を超えて愛される、牛乳石鹸‘赤箱’の秘密を解き明かす!

  • __imarin.公式
  • 14893view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

hare公式

ビビビッと

おでかけ・グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。