扱いにくいけど可愛いから許す?夏っぽテキスタイル「リネン素材」の魅力に迫る

夏を快適に過ごすのに欠かせないリネン素材。涼しくて着心地快適という魅力の反面、念入りなお手入れが必要なアイテムなんです。今回はリネン素材のデメリットとメリット、リネン素材のアイテムを取り入れたお手本コーディネート、おすすめアイテムをご紹介。この夏もリネン素材を取り入れませんか?

リネンにお熱な季節です

リネンにお熱な季節です

コーディネートに取り入れるだけで
一気に夏仕様にしてくれる、リネン素材。

涼しくて軽やかで、魅力たっぷりな素材ですが、お手入れの面ではちょっぴり扱いにくいことも。
今回はリネン素材のデメリットとメリット、お手本コーデ等をご紹介します。

(1)デメリット

しわになりやすい

しわになりやすい

出典: jp.stylenanda.com

リネンは比較的しわになりやすい素材。
洗濯の時に気を付けないと毛羽立ちも目立ったりするので、なかなか扱いが難しいものなんです。

しわが気になる場合は、脱水にかけず軽く水気をきり、ある程度濡れた状態で干すと、水の重さでしわが少し伸びますよ。

でも、そのしわがリネンの良さでもあるので、リネンだからこそだせる味を楽しんでみてくださいね。

リネンは、しわになりやすく、一度しわができると取れにくい素材です。

洗濯時の強い摩擦により毛羽立ったり、白っぽくなることも。やさしく洗って、脱水時のしわをなるべく軽減し、形を整えて干すことがポイントです。

出典:lidea.today

黄ばみやすい

黄ばみやすい

出典: unsplash.com

リネンは黄ばみやすいのも特徴で、その目の粗さが黄ばみに繋がる酸化を促してしまっているよう。

また、染料が色移りしてしまう恐れも。
特に濃く染められたものだと、着ている時の汗や水によっても色移りしてしまう場合があるんだとか。

白い布が黄ばむのは、落としきれなかった皮脂などの汚れが、空気によって酸化してしまうためです。

特に麻は織り目が粗いものが多いためその間に汚れや洗剤の残りかすが入り込み、酸化して黄ばむのです。

また、繊維が大きいため色物や柄物の色移りもありますので洗濯の際は、色物は分けて洗濯しましょう。

出典:customlife-media.jp

縮みやすい

縮みやすい

また、最初の洗濯〜乾燥時にも縮みが起こりやすいんだそう。なかなかお手入れが大変ではありますが、おしゃれ着用洗剤などを使うことで、できるだけ長持ちするように工夫してみてくださいね。

リネンは繊維の目が粗いためその分洗うと縮むことがあり、リネン100%であると5%〜10%縮むと言われています。

出典:customlife-media.jp

(2)メリット

涼しくて快適

涼しくて快適

出典: jp.stylenanda.com

ここまでデメリットばかり挙げてきましたが、それに勝るメリットがあるのがリネンなんです。

なんといっても、とにかく涼しいこと!
風通しがいいので、着心地サラサラ。

この夏、必須アイテムになりそうな予感がしますよね。

吸水性が良い

吸水性が良い

出典: jp.stylenanda.com

リネンの着心地が良い理由は、吸水性にもアリ。
綿の約4倍もの吸水性があり、水分をすぐに蒸発してくれるんだそう。

歩いているだけでじんわり汗がにじんでくる、夏特有のベタベタ感を和らげてくれそうです。

なんと麻・リネンは綿の約4倍、シルク(絹)の約10倍の吸水性があると言われています。
また、吸い取った水分を素早く外に発散してくれるので麻・リネンはカビや雑菌の繁殖も抑えてくれます。

出典:shop.menz-style.com

トレンド感が出る

トレンド感が出る

しわ、黄ばみ、縮み。
そんなデメリットなんか気にならないくらい、リネン素材の服って可愛いですよね。
これまでリネンというと、ナチュラルなイメージの強いアイテムでしたが、どんどんシティっぽく進化しているんです。

リネン素材の服をさらっと着こなして、コーデにトレンド感を取り入れませんか?

(3)リネンとお手本コーディネート

(3)リネンとお手本コーディネート

白Tシャツ×ボトムスという、シンプルながらこなれ感のあるコーデに仕上がっているのには、リネン素材が一役買っている模様。
トレンドのPVCバッグや足袋シューズ、サングラスなど細かいところにも遊び心を感じるコーディネートです。

リネンのジャケットにぴったりめの白Tと明るい色のデニムを合わせて、カゴバッグでさらに夏っぽエッセンスをプラス。
ジャケットを羽織ったって、なんだか涼しげで、暑苦しく見えないのがリネンの良さですよね。

外は暑くて室内は寒い、そんな時期の強〜い味方になってくれそうです。

さらっと羽織ったゆるいシルエットの中に、きっちり感を加えてくれるのもリネンならでは。
足首まであるスーパーロングな丈感が今っぽいですよね。

ほとんど肌は隠れているのに、リネンを身につけるだけで暑そうに見えないのが不思議。

普通のセットアップよりもさらにお洒落に仕上がるリネンのセットアップ。アンクルストラップ付きのサンダルを足元に投入することで、メリハリのあるコーデに仕上がっています。
トレンド感溢れるスクエアネックから鎖骨を覗かせて、色っぽさも同時にゲットしちゃいましょ。

(4)おすすめアイテム

リネンブレンドフリルスリーブレス

Credit dholic

商品

リネンブレンドフリルスリーブレス

¥3,391

DHOLIC(ディーホリック)
レーヨンとリネンをブレンドしたトップスです。自然なデコルテ見せも叶うスクエアネック。袖がなく涼しげなデザインなので、リゾートシーンでも活躍してくれそうです。

リネン混フルレングスパンツ

Credit dholic

商品

リネン混フルレングスパンツ

¥5,842

DHOLIC
リネンとレーヨンの混紡素材のワイドパンツです。定番の形でも、リネン素材ならちょっぴりこなれた印象に。ゆったりしたシルエット+リネン素材なので、夏の暑い日でも快適に過ごせそうです。

リネンアウトポケットジャケット&タックショートパンツSET

Credit dholic

商品

リネンアウトポケットジャケット&タックショートパンツSET

¥10,281

DHOLIC
テーラードジャケットとショートパンツのセットアップです。リネン100%で涼しげなので、屋外は暑く、室内は寒い、そんな上着に困る季節にもぴったりです。

この夏も、お世話になります

この夏も、お世話になります

夏になると着たくなるリネン素材の服。
デメリットを知ってお手入れに気を配れば、もっと愛着が湧くはずです。

この夏もコーデにリネン素材を取り入れませんか?

関連する記事

こんな記事も人気です♪

リネンってシワになりやすいかも?やわフワ夏素材と上手にお付き合いするノウハウ

リネンってシワになりやすいかも?やわフワ夏素材と上手にお付き合いするノウハウ

  • ___rk.公式
  • 18718view
夏は‘リネン’で即座にこなれ説。オフモードな装いで、目指すは洗練された佇まい

夏は‘リネン’で即座にこなれ説。オフモードな装いで、目指すは洗練された佇まい

  • __hina公式
  • 6184view
今日のファッションは素材に注目。“リネン”素材のアイテムを使った涼しげコーデ

今日のファッションは素材に注目。“リネン”素材のアイテムを使った涼しげコーデ

  • mifumin公式
  • 9331view
素材を選んで、大人の女性になりませんか?今季手に入れたいリネンのアイテム

素材を選んで、大人の女性になりませんか?今季手に入れたいリネンのアイテム

  • miyannan公式
  • 7949view
増加中のリネン素材のアイテム。洗濯をしてシワにしないためにトリセツを学んで

増加中のリネン素材のアイテム。洗濯をしてシワにしないためにトリセツを学んで

  • はりー公式
  • 8273view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

erin@公式

-ˏˋ 韓国とかインテリアとか好きです ˎˊ-

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。