撮影〜加工まで、ぜーんぶ見せます♡海とプールが200%楽しくなる「水中写真テク」

新しい水着を買って海やプールに行く準備万端!そして思い出のお供にはカメラ。ワクワクが止まりません〜♡そんなあなたにひとつ質問!「海やプールに行く時、いつもどこで写真を撮っていますか?」砂浜やプールサイドもいいですが、今年はぜひ“水中写真”を。いつも撮らないような“映え”写真が撮れるので、盛り上がること間違いなし!

夏の思い出をた〜っくさん写真に残したい!

夏といえば海!プール!新しい水着を着て、友達と夏を思う存分楽しむ時に“写真”は欠かせない存在ですよね。

写真を撮る時は、砂場で「水着でピース」もいいけれど、今年の夏は、水中でもソレやってみませんか?「こんな写真撮って、インスタにのせよう〜♡」なんて友達といつも以上に盛り上がるはず!

水中写真、どうやったら上手に撮れるの?

?size=l

今回はオシャレ写真の達人、インスタグラマー@h_tripさんに、水中写真の撮影方法や画像の加工について、詳しく教えてもらいました。この写真もとっても素敵〜♡

まずは何を準備したらいいのか、そこから見ていきましょう。

STEP1:水中でも安心♩防水グッズを揃えよう

?size=l

大事なスマホやカメラが水没してしまったら、せっかくの楽しい時間が台無しに…そんな悲劇が起こらないように、防水ケースなどを準備して対策を!

気温と水温の寒暖の差でケースの中が曇ってしまう場合があるそうなので、曇り止めスプレーなども準備しておくと便利です。

▼準備LIST
□スマートフォンや防水カメラ
□スマートフォン用の防水ケース
□防水タイプのセルカ棒

大事なスマホは絶対濡らさない〜!

防水スマホケース

Credit rakuten ichiba

商品

防水スマホケース

¥1,000

スマホで撮影する場合は、防水ケースの準備を。安いものでOK!@h_tripさんは、このようにカチッとしっかり閉められるタイプが安心感があっておすすめだそう。

セルフィーに欠かせないセルカ棒も防水仕様で

防水セルカ棒&スマホケースセット

Credit rakuten ichiba

商品

防水セルカ棒&スマホケースセット

¥5,780

セルカ棒があると、泳ぎながら自撮りもできて便利!水に濡れて錆びたりしないよう、防水タイプのものを選びましょう。水中で無くしてしまわないようにストラップ付が安心です。こちらは防水スマホケースも一緒になったお得なセット。

STEP2:グッズを持っていざ水中へ〜!

光を意識して、透明感のある写真に

?size=l

まず気をつけたいのが太陽の位置。逆光になるとせっかくの写真が暗くなってしまうので、自分の正面に太陽がくる位置で撮影しましょう。

また、海の浅瀬で撮影する場合は、砂が舞って水が濁ってしまわないように浮きながら撮影するとgood!砂が舞ってしまった場合は、濁りが落ち着くまで待ちましょう。

+プロップと構図でオシャレ見せ

例えば、アクセサリーをつけた手を水中で撮影するだけでも、こんなにオシャレな雰囲気に。プルメリアなどのお花を持って撮影してもとてもキレイな写真になりますよ。

また、インスタグラムでこの構図オシャレ!と思うものを見つけておいて、それをマネしてみるのもおすすめです。

こんな写真も撮ってみる??

?size=l

水中と陸上の両方を写したこの写真。インスタで見かけたことがある人もいるのでは?

こちらはリゾート感のある素敵なプールで撮影したもの。プールと建物の色のコントラストがキレイ〜!まるで絵のようですね。

?size=l

こちらは海。スイカの浮き輪がとってもキュート♡水中も写るからこそ、浮き輪は可愛いデザインのものを選んで“映え”を狙いましょう。@h_tripさんは、この他にフラミンゴの浮き輪などもよく使うそうです。

さて、一体どうやってこんな写真を撮っているのでしょう??

ここはGoProに頼るべし!

(左から)
GoPro用ドームポート 、GoPro HERO6 Black、GoPro用一脚

ポイントはドームポート。GoProをドームポートにはめ込んで撮影すると、水中と陸上の両方を写した写真が簡単に撮れるんです。

波があるとピントが合いにくいため、キレイに水陸両方を写すためにはタイミングが重要!撮影する時は「タイムラプス写真」に設定して連続撮影を。その中で一番キレイに撮れたものを選ぶようにしましょう。

4月にはエントリーモデルの『GoPro HERO』が発売され、2万円台で購入できるそうなので、今年の夏はちょっと奮発して買ってみるのもアリかも♩

STEP3:画像をオシャレに加工〜基本編〜

撮影した写真の色味を変えたり、フィルターをかけたり。目指すは右のAfter写真!青い海に憧れるけど、実際撮った写真は程遠い…そんな場合でも加工アプリがあればラク〜に理想の写真に近づけられます。

加工How to

YouTube

今回使用するのは、『Lightroom CC』と『VSCO』という2つのアプリ。@h_tripさんは、Lightroomは主に色味や明るさの調整、VSCOはフィルターをかけ、さらに好みのテイストに微調整するために使っているそうです。

▷『Lightroom CC』ダウンロード
iOS版はコチラAndroid版はコチラ

▷『VSCO』ダウンロード
iOS版はコチラAndroid版はコチラ

こんなこともできちゃう!〜応用編〜

海と空だけが動いているこの不思議な画像。海に行ったらぜひチャレンジしてみたい加工法です。画像をこんな風に動かすのも、アプリがあればすぐにできちゃいます。

加工How to

YouTube

ここでは『PLOTAVERSE』というアプリを使用します。これを使えば、簡単に画像の一部分だけを動かすことができるんです。みんなから「どうやって加工してるの!?」なんて聞かれること間違いなし♡

▷『PLOTAVERSE』ダウンロード
iOS版はコチラAndroid版はコチラ

「この写真、インスタにあげちゃおう♡」

?size=l

インスタグラマーがやっている写真テクをマネして、思い出写真をたくさん撮ってみて。海もプールも200%楽しめるはず!

※今回ご紹介したアプリは、一部有料となります。(2018年5月現在)

関連する記事

こんな記事も人気です♪

だって海でもプールでも可愛くいたいの♡コンプレックスを隠す今年の相棒水着探し

だって海でもプールでも可愛くいたいの♡コンプレックスを隠す今年の相棒水着探し

  • ___rk.公式
  • 26564view
これで渚のヒロインに!海・プールにして行きたい、水着に合う髪型・ヘアアレンジ

これで渚のヒロインに!海・プールにして行きたい、水着に合う髪型・ヘアアレンジ

  • hota公式
  • 26339view
海やプールだけじゃもったいない♡トレンド水着を街でも着こなす大作戦

海やプールだけじゃもったいない♡トレンド水着を街でも着こなす大作戦

  • MERYEDITORS公式
  • 22481view
夏だ、プールだ、水着が着たいっ!MERY編集部おすすめダイエット総まとめ

夏だ、プールだ、水着が着たいっ!MERY編集部おすすめダイエット総まとめ

  • MERYEDITORS公式
  • 75114view
水着しか頑張らないのはナンセンス。海やプールに着ていきたい夏の楽ちんワンピース

水着しか頑張らないのはナンセンス。海やプールに着ていきたい夏の楽ちんワンピース

  • ゆきんちゃん。公式
  • 36417view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

MERYEDITORS公式

MERY編集部のアカウント。「今」気になる、欲しい、可愛くなりたいにこたえるコンテンツをお届け!

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。