異文化が融合された刺激的な街。カナダの最大都市【トロント】の魅力。

カナダの最大都市、トロントの魅力を定番から穴場までのスポットと共に紹介します。海外からの移民が多く、様々な異文化が融合されているトロントは色々な街の顔を持っているんです!次の旅行はトロントで刺激的なのにのんびりとした雰囲気を満喫してみませんか?

異文化が融合された街

出典: unsplash.com

カナダで一番大きな都市“トロント”。
住みやすい街と言われているこの街は、海外からの移民が多く様々な異文化が融合されています。
今回はそんな国際色豊かな街、トロントの魅力をたっぷりと紹介します〜!

#1 自然と都市の両面性

?size=l

美しいオンタリオ湖に面するトロントは、洗礼された都市にもかかわらず自然が多く、自然と都市の両面性を兼ね備えた街です。
観光地として愛されているスポットから、現地の人たちの癒しのスポットまでが多くあります。

Toronto Island

?size=l

オンタリオ湖に浮かぶ公園の島『Toronto Island(トロント・アイランド)』。
Union(ユニオン)駅から南にあるフェリー乗り場からフェリーに乗って行くことができます。
緑と湖に囲まれ彩られた美しい風景を楽しむことができ、ダウンタウンとは別世界のようなのんびりとした空気を感じます。
またトロント・アイランドからみるダウンタウンの景色は、まるで水に浮いているようで新鮮な雰囲気です。


フェリー乗船料金:大人 7.87ドル・学生(15〜19歳)とシニア(65歳以上)5.16ドル・子供(2〜14歳)3.80ドル・2歳以下 無料

High Park

?size=l

オンタリオ湖の近くに位置する広大な公園『High Park(ハイ・パーク)』。
公園の敷地内には、サイクリングコースやテニス場、プールなどのスポーツ施設があったりと年中楽しめる場所です。
春には桜が咲き、夏には野外スポーツを堪能でき、秋には紅葉が観られ、冬にはスケートができたりとどのシーズンに行ってもハズレなしのスポットです!

CN Tower

?size=l

トロントの定番の観光スポットとして有名な『CN Tower(CNタワー)』。
高さ約553mを誇るトロントの象徴のCNタワーの展望台からは、街を一望できます。
また、展望台フロアにはレストランが併設されているので、トロントの景色を見ながら美味しい食事をすることができます。
特に高さ346mにある回転展望レストラン『360 Restaurant』では、72分かけてゆっくりと一周回転するので、贅沢な一時を送るのにオススメです。


営業時間:展望台 9:00〜22:30
料金:〈一般入場料〉大人(13〜64歳)38ドル・シニア(65歳以上)34ドル・子供(4〜12歳)28ドル
※入場料金は、他にも『Toronto CityPASS(トロントシティパス)』という、トロントの観光名所5つの入場料が合計で割引になるお得なパスや、『360 Restaurant』を予約すると食事代に入場代も含まれていていたりと、お得なパスやプランがあるのでチェックしてみてください!
最寄駅:Union(ユニオン)駅(駅からはskywalk(スカイウォーク)という専用通路で徒歩約10分です。)

#2 各国の本場を楽しめる

?size=l

トロントは海外からの移民が多く、様々な異文化が融合されています。
そのため、トロントには中国や韓国、ギリシャなどのエスニックタウンがあり、色々な国の“◯◯タウン”が多く存在しています。
各地の本場の味や雰囲気が楽しめることもトロントの魅力の一つです。

China Town

?size=l

トロントのコミュニティータウンでもっとも有名な『China Town(チャイナ・タウン)』。
中国人のシェフの作る飲茶や餃子専門店といった、本格的な中華料理店はもちろんのこと、安い洋服や雑貨も並んでいます。

Greek Town

?size=l

エキゾチックな街並みの『Greek Town(グリーク・タウン)』。
トロント内でもレストランの激戦区と言われているグリーク・タウンでは、リーズナブルで美味しいギリシャ料理が楽しめるのでオススメです!

Korean Town

?size=l

韓国料理店はもちろん、韓国系スーパやカラオケ店など様々なお店が並ぶ『Korea Town(コリア・タウン)』。
コリア・タウンは、他のエスニックタウンと比べて比較的に新しいので、他にも雑貨店や美容室があり、日本人にとってとても便利な街だと思います!

#3 街中に溢れる芸術

出典: unsplash.com

色々な街の顔を持つトロントには、美術館はもちろん、グラフィティー・アートや歴史的な建物がたくさんあます。
トロントの街中には、感性を刺激してくれる芸術がたくさんありますよ!

Art Gallery of Ontario

?size=l

ゴッホやピカソ、モネなどの有名な作品も展示されている『Art Gallery of Ontario(アート・ギャラリー・オブ・オンタリオ)』。
現地の人からは“AGO”の愛称で呼ばれているこの美術館は、作品のジャンルや年代も幅広く古代美術、中世画、近代アートなどの様々な作品が展示されています。
AGOには常設展示品以外にもイベントスペースがあり、色々な作品の展示会が行われています。
2018年3月〜5月には、日本を代表する草間彌生さんの巡回展も開催されました。
館内にはレストランやカフェが併設されているので、ゆっくりと芸術鑑賞をするのにオススメです!


開場時間:火木 10:30〜17:00・水金 10:30〜21:00・土日 10:30〜17:30
定休日:月曜

Graffiti Alley

?size=l

オシャレな撮影スポット『Graffiti Alley(グラフィティー・アレー)』。
ポップで個性的な絵がたくさん描かれているグラフィティー・アレーは、観光客にも地元の人にも大人気の撮影スポットです。
カラフルで楽しいこのストリートできっとお気に入りのアートが見つかるでしょう!

Distillery Historic District

?size=l

ヴィクトリア時代に建造されたウイスキーの蒸留所などを再生して作られたショッピングエリア『Distillery Historic District(ディスティラリー地区)』。
アートギャラリーやインテリアショップ、雑貨店、レストランなどが集まった芸術の街です。
クリスマスの時期が近づくと、このディスティラリー地区では「クリスマスマーケット」が開催されます。
毎年華やかなイルミネーションと大きなクリスマスツリーで、街の雰囲気がガラッと変わります!

Kensington Market

?size=l

ユニークな雑貨やオシャレな古着が手に入るショッピングエリア『Kensington Market(ケンジントン・マーケット)』。
異文化が融合しているトロントならではのショップエリアで、ベーカリーや世界各国のチーズを集めたチーズ屋さん、店外のショーケースにならぶたくさんの豆や穀物など、全体が屋外市場のような雰囲気です。
また、一方でアンティークのアクセサリーやヴィンテージ服、ユニークな雑貨屋さんなどもあります。
個性的なお店が多いので、朝から晩まで飽きることなく楽しめます!

Casa Loma

?size=l

トロントの小高い丘の上に建つ豪邸『Casa Loma(カサ・ロマ)』。
中世ヨーロッパの雰囲気を感じさせるカサ・ロマは、数多くの部屋と豪華な家具、美しい庭園がありとても豪華です。
クラシカルな内装と綺麗なステンドグラスに心を打たれます!
映画やウェディング撮影などでも使用されることがあり、まさに女の子たちの憧れのお城という感じです。


開場時間:9:30〜17:00(最終入場16:30)・クリスマスイブは16:00までの開場
定休日:クリスマス(12月25日)
入場料:大人(18〜64歳)30ドル・シニア(65歳以上)と14〜17歳 25ドル・子供(4〜13歳)20ドル
最寄駅:Dupont(デュポン)駅

刺激的な街

?size=l

トロントは様々な人が楽しく暮らしている街です。
一つの街で色々な国の人や文化と触れ合えるなんて面白くないですか?
刺激的なのにのんびりともできる街、トロントにぜひ行ってみてください!

関連する記事

こんな記事も人気です♪

ワタシを旅行先に溶け込ませるの。自分を彩らせる海外旅行ネイルたち

ワタシを旅行先に溶け込ませるの。自分を彩らせる海外旅行ネイルたち

  • たの公式
  • 5050view
現地のテイストをenjoy。ホテルで乾杯〜!海外旅行を盛り上げるローカル酒のすゝめ

現地のテイストをenjoy。ホテルで乾杯〜!海外旅行を盛り上げるローカル酒のすゝめ

  • だいふく公式
  • 4190view
死ぬまでに一度は見たい景色。90%の確率でオーロラが見られるイエローナイフに大注目

死ぬまでに一度は見たい景色。90%の確率でオーロラが見られるイエローナイフに大注目

  • だいふく公式
  • 1496view
北米のパリと呼ばれる街を発見。カナダのモントリオールがかなり素敵...♡

北米のパリと呼ばれる街を発見。カナダのモントリオールがかなり素敵...♡

  • cowgirl公式
  • 1978view
旅行前のちょい面倒!旅行先でも快適に過ごせるパッキング名人になろう

旅行前のちょい面倒!旅行先でも快適に過ごせるパッキング名人になろう

  • my公式
  • 16975view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

cotone公式

好きなこといっぱい。

おでかけ・グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。