コンクリートジャングルから脱出せよ。夏の日帰りスポットFORアクティブさん

夏になると海や山など、自然に触れたくなりますよね。今回はアクティブ志向さんに送るコンクリートジャングル脱出計画。東京から日帰りで行ける無人島「猿島」や関東随一の規模の鍾乳洞「日原鍾乳洞」、長瀞でのラフティングなどアドベンチャー要素盛りだくさんのスポットをご紹介します。

コンクリートジャングル“TOKYO”

出典: shutterstock

大都会東京で過ごしていると、便利な反面たまに息苦しくなることがあります。
自然に触れたい!なんて思うことはありませんか。

出典: shutterstock

都会に疲れたら脱出しちゃいましょう。
東京から日帰りで夏を満喫できるスポットをご紹介します。

無人島 猿島

?size=l

猿島(さるしま)は東京湾唯一の無人島で、そのミステリアスな雰囲気とアクセスの良さから人気のスポットです。
島内散策はもちろん、BBQや海水浴も楽しめるので夏のお出かけにぴったりですよ。

?size=l

この神秘的な雰囲気、なんだかジブリの世界に紛れ込んでしまったような気分になりますよね。
実はこの場所、旧海軍の要塞として使われていた島なんです。

旧海軍の要塞として、一般人の立ち入りは、終戦まで禁止されていました。 島内には緑深い木々のなか、レンガ積みのトンネルや砲台跡などの旧軍施設が残っていて、ちょっとした探検気分が味わえます。

出典:www.cocoyoko.net

?size=l

現在全国に数カ所しか残っていないフランス式レンガ造りのトンネルや、当時使われていた弾薬庫、砲台跡なども見ることができます。

フランス式レンガ建造物で現在残されているのは富岡製糸場など全国で数カ所のみ。猿島要塞はその中でも最大規模だそう

出典:gurutabi.gnavi.co.jp

?size=l

横須賀市の三笠公園から船に乗り10分ほどで島に着きます。
冒険のようでわくわくしますね。

?size=l

京急横須賀中央駅から徒歩15分程のところにある三笠公園で往復乗車券を購入しましょう。
こちらで猿島への入場料も合わせて支払います。

猿島公式HP

日原鍾乳洞

?size=l

JR青梅線奥多摩駅からバスで約35分程で日原(にっぱら)に到着します。
道中自然いっぱいの風景に心も落ち着きますよ。

?size=l

鍾乳洞の中は冷房でもかかっているみたいにひんやりとしています。
見学している間に寒くなってくるので、真夏でも羽織れるものを持って行くといいですよ。

?size=l

日原鍾乳洞は東京都の天然記念物に指定されており、その規模は関東随一の規模なんだとか。
鎌倉時代には山に篭って修行をする場所として使われていたそう。

鎌倉時代から山に篭り厳しい修行をする「修験道」の聖地であった日原鍾乳洞。自然崇拝が強く根付いており、鍾乳洞全体を社殿とし、中に入ることを参詣と言います。各所にはあらゆる仏の名が付けられているのも特徴。

出典:yamahack.com

日原鍾乳洞公式HP

長瀞

?size=l

秩父鉄道長瀞(ながとろ)駅舎はとっても趣のある外観です。
自動改札もなく、現在では珍しい有人改札なんですよ。

?size=l

長瀞に来たら見てもらいたいのがこの岩畳。
国指定名勝・天然記念物になっています。
季節ごとに色合いが変わってゆく木々も風情を感じられます。

?size=l

長瀞渓谷では、ラフティングやライン下りといったアクティビティを楽しむことができるんです。
アクティブ志向さんにはラフティングがおすすめですよ。
写真を撮るなら防水カメラを忘れずに。

?size=l

ちょっと小腹が空いたら長瀞の天然氷を使ったかき氷。
明治23年から変わらない製法で作られる氷は他では味わえません。

『阿左美冷蔵 宝登山道店』
〒369-1300
埼玉県秩父郡長瀞町長瀞781−4
時間:10時00分~17時00分
定休:火曜
電話:0494-66-1885

長瀞町観光協会HP

大谷資料館

?size=l

宇都宮駅からバスで30分程の場所にある地下採掘場跡、『大谷(おおや)資料館』。
その圧巻の造りから、地下神殿のようだと注目を集めているんです。

展示場には採掘が本格的に始まった江戸中期から昭和34年頃までの手堀り時代の道具や採掘方法、運搬の移り変わりなどの資料を展示してます。
 この資料館の圧巻は地下採掘場跡。そこは2万平方メートルにも及ぶ大空間で、深さは30m、最も深いところでは地下60mもある

出典:www.tochigiji.or.jp

?size=l

ひんやりとした展示場内は、独特の雰囲気に包まれています。
映画のロケやアーティストのPV撮影などにも使われているそうですよ。

?size=l

大谷資料館と合わせて見学したい平和観音。
なんとその高さは27mもあるんだそう。

この大観音像は、戦没者の慰霊と世界平和を祈念するために彫り始められ、そのすべてが手彫りで制作されています。

出典:www.tochigiji.or.jp

大谷資料館公式HP

都会から離れて気分をリフレッシュ

出典: unsplash.com

自然に触れて楽しめば、きっと明日からまた頑張れちゃいますね。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

【日帰り旅行もOK】海外気分も味わえる、三重のおすすめ観光プラン

【日帰り旅行もOK】海外気分も味わえる、三重のおすすめ観光プラン

  • maho公式
  • 34824view
〝コンクリート・ネイティブ〟世代へ。コンクリートの魅力、ぎゅっと詰めてみない?

〝コンクリート・ネイティブ〟世代へ。コンクリートの魅力、ぎゅっと詰めてみない?

  • しゃもじーちゃん公式
  • 14543view
日帰り旅行は江の島デート♡ロマンチックな海で二人の時間を楽しんで

日帰り旅行は江の島デート♡ロマンチックな海で二人の時間を楽しんで

  • MIharu公式
  • 12956view
日帰り旅行で行く、国内のインスタ映えする島♡素敵な旅行になること間違いなし

日帰り旅行で行く、国内のインスタ映えする島♡素敵な旅行になること間違いなし

  • もち公式
  • 21687view
1日で楽しみ尽くします。これさえあればOKな韓国弾丸日帰り旅行スケジュール♡

1日で楽しみ尽くします。これさえあればOKな韓国弾丸日帰り旅行スケジュール♡

  • こだまい(˙ω˙)公式
  • 19539view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。