夏休みに行きたいのは?フォトジェが叶う、北海道 or 金沢旅行のおすすめSpot

夏休みは友達と旅行に行きたいですよね。そんなどこに行こうか悩んでいる方たちのために、北海道と金沢旅行のおすすめSpotを集めてみました!北海道はファーム富田に小樽運河、金沢はひがし茶屋街に金沢21世紀美術館をご紹介しています。これから予定を立てる方、ぜひ参考にしてみてください。

なが〜い夏休み、どこ行こうかな〜っ

なが〜い夏休み、どこ行こうかな〜っ

今年もやってくる暑い暑い夏。
何より楽しみなのは、なが〜い夏休みです。
長いお休みには、自然と旅行に行こうって
思う方が多いと思うのですが、
もうそろそろ、計画してもよし。

ちょっぴり遠い場所へ旅行に行くなら
旅行会社で予約をしたり、貯金をしたり
やることが結構多いですよね。

なので、早め早めの計画が大切です!
早くない?と思った時期でも、夏休みまで
意外と少ししか時間がないので
今から計画して、とびっきり最高な
夏休み旅行にしましょう?

そんな夏休みに行きたい、おすすめの
Spot、金沢と北海道から2ヶ所ずつ
ご紹介いたします!
ぜひチェックして、旅行候補に入れてみてください。

日本一がたくさんある、魅力的な場所:北海道

ラベンダーに包まれる、ファーム富田

ラベンダーに包まれる、ファーム富田

そんな素敵な北海道のおすすめSpotの一つはこちら。
富良野市に隣接する、
中富良野町というところにある『ファーム富田』です。
大人気の観光地として有名な名所ですよね。
毎年100万人もの観光客が訪れる、
『ラベンダーイースト』は
日本最大級のラベンダー畑なんです!
2018年は6月30日(土)オープン予定です。

24時間出入りが可能なので、朝早く訪れるのがおすすめ。
日が昇りきる前の時間帯は、観光客も少ないので
ゆっくりラベンダーの世界に浸ることができます。
花びらの閉じたラベンダーは色が濃く見えるので
写真映えしてくれるとのこと。

もう見れば分かる、フォトジェスポットですよね。
旅行は観光もしたいけど、おしゃれな写真を取るのも
必須条件ですよね。そんなワガママが
このラベンダー畑で叶えることができます。

ラベンダーの見頃は7月中旬と言われています。
ちょっぴり混んでいるかもしれないけど、
せっかくなら、一番綺麗な時期に一面に広がった
ラベンダー畑に浸って欲しいので
ぜひ、検討してみてください。

ラベンダーを目と肌で感じたあとは、
味覚で感じる、「ラベンダーソフトクリーム」。

【ラベンダーソフトクリーム】
お値段:
  コーン¥300(税込)/ カップ¥250(税込)

ラベンダーエキスが入ったオリジナルソフト。
さっぱりとした味わいにラベンダーの香りが
口の中にわーっと広がって。
考えるだけでほっぺたが落ちちゃいそう。

ラベンダー畑をバックに
写真を取るのも良さそうですね。

【ファーム富田】

住所   北海道空知郡中富良野町基線北15号
TEL    0167-39-3939

石造りの倉庫群が当時の姿のまま建ち並ぶ、小樽運河

石造りの倉庫群が当時の姿のまま建ち並ぶ、小樽運河

『小樽運河』は、1923年に完成し、
流通の拠点として使われていました。
古い石造りが当時のまま残されているので
ノスタルジックな雰囲気を味わうことができます。

倉庫、運河、散歩道をバランスよくカメラに
収めることができる「浅草橋」が撮影スポットになっています。

石造りの建物の中にも入ることができます。
中でも有名な『小樽運河食堂』で北海道の
味を楽しむのがおすすめ。
ラーメン、ビアホール、海鮮、スープカレーなど
たくさんのお店が入っているので、
好みのお店に入るのでも一苦労しそうですね。

他の運河沿いの倉庫群も、レストランなどに
再利用されているところがあるので
ぜひいろんなところを覗いてみてください。

夜の小樽運河もライトアップされているので
とっても幻想的で素敵な空間に。
散策路は石畳になっていたり、直線ではなく
緩やかに湾曲していたりするのが
フォトジェニックな雰囲気を醸し出してくれています。

レトロな世界と北海道の味覚を味わいながら
おしゃれな旅ができる、素敵な場所です。
ぜひチェックしてみてください。

【小樽運河】

住所     北海道小樽市港町
交通アクセス JR函館本線小樽駅より小樽港方面へ徒歩8分

風情ある街並みを、味わえる城下町:金沢

古風な雰囲気を楽しむ、ひがし茶屋街

古風な雰囲気を楽しむ、ひがし茶屋街

風情ある街並みの『ひがし茶屋街』はとても有名な
観光名所になっています。
TVなどで見たことがある方も多いのではないでしょうか。
藩公認の茶屋まちになっており、
重要伝統的建造物群保存地区に指定されている
とっても貴重なスポットなのです。

石畳の両脇には、紅殻格子(べんがらごうし)と呼ばれる
格子戸を備えた町屋が続き、風情ある
世界が広がっています。

お茶屋の雰囲気をもっと感じるなら
実際に見学してみるのもおすすめ。
また建物を利用したカフェがたっくさんあるので
立ち寄って、金沢のスイーツを味わってみて。

夏なので、浴衣を来て散策するのも
城下町の雰囲気をより一層満喫できそう。
フォトジェニックな世界が広がっている場所なので
どこを切り取っても、素敵な写真が撮れそう。

ひがし茶屋街の一角に位置し、金沢に訪れたら
欠かせないグルメといえば「金箔のかがやきソフトクリーム」。
『箔一』というお店で食べられるのは、
大きな金箔が贅沢にのった、まろやかミルクの
ソフトクリームです、なんともいえない美味しさ。
ひがし茶屋街は食べ歩き禁止になっているので
お店でゆっくり味わってみてください。

【箔一 東山店 】

住所   石川県金沢市東山1丁目15−4
TEL    076-253-0891
営業時間 9:00~18:00

現代アートに触れる、21世紀美術館

現代アートに触れる、21世紀美術館

金沢市の中心部にある白くて丸い建物、通称「まるびぃ」の
相性で知られる『金沢21世紀美術館』。
誰でも気軽に立ち寄れる、楽しめるような開放感に満ちています。

屋内には、無料で楽しめる「交流ゾーン」と
展覧会の展示作品を観覧する「展覧会ゾーン」があり、
無料エリアだけでも、たっぷり楽しめます。

アーティスティックな写真が楽しめる交流ゾーンにある
ウザギのような可愛いチェアがずらりと並んでいるこちら。
インスタでも、多く見かけるフォトジェスポットです。

見て楽しむのはもちろん、写真をたくさん撮って
楽しむことができるので
おすすめな観光スポットなのです。
他にも交流ゾーンには、デザイナーズチェアが多くあるので
いろんな写真を撮って楽しんでみて。

「スイミング・プール」レアンドロ・エルリッヒ2004(恒久展示作品)

何より有名なのがこちら。
どうなっているのか、目を凝らして見てしまう
不思議な水中空間が展開する、幻想的な作品。
自分が水中にいるような写真を撮って
楽しむ人が多いので、ぜひチャレンジしてみてください。

【金沢21世紀美術館】

住所   石川県金沢市広坂1-2-1
TEL    076-220-2800
営業時間 展覧会ゾーン:10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)
     交流ゾーン:9:00~22:00

思い出たっぷりの、フォトジェツアーを。

思い出たっぷりの、フォトジェツアーを。

夏休みは、特別な思い出をたっぷり作って。
大好きな友達と、フォトジェニックツアー
で楽しい旅行にしましょう?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。