イヤーカフの次なるブーム?付けるだけでOOTDのバランスUPが叶うイヤーitem

少し前に流行ったイヤーカフ。そんなイヤーカフが再ブームしているかも?そして、イヤーカフに似た「イヤークリップ」も人気上昇中です。つけるだけでOOTD(Outfit of The Day/今日の服装)のバランスアップが叶うイヤーカフとイヤークリップをつけて、春夏のアップスタイルをもっと楽しみましょう!

ひと昔前にブームがあったイヤーカフ

ひと昔前にブームがあったイヤーカフ

出典: latte.la

少し昔に流行ったイヤーカフ(ス)。
そんなイヤーカフがまた再ブームしている予感!
そして、さらにイヤーカフに似たアイテムも登場しているのだとか。
その名は、イヤークリップ。

出典: latte.la

イヤーカフ(ス)は、耳の中央にはめ込むもの。
両耳につけるとイヤーカフス、片耳につけるとイヤーカフとなるのだそう。

そして、イヤークリップは、耳たぶの付け根あたりからはさむだけ。イヤリングと違って痛くならないのが特徴的です。

今回は、そんなイヤーカフとイヤークリップの両方を紹介していきます。

あなたはどっち派?

イヤーカフス派

イヤーカフス派

イヤーカフスをつけると、目線が上になります。
だからこそ、コーディネートのバランスが取れ、上品な印象に。
洋服はシンプルにすれば、大人っぽさが増すはず。

カジュアルなファッションに合わせれば、子供っぽくなるのを防いでくれます。
華奢なイヤーカフスをつけることをおすすめします。

ムーン ジルコニアイヤーカフス

ZOZOTOWN

商品

ムーン ジルコニアイヤーカフス

¥5,500

Jouete(ジュエッテ)
月モチーフのイヤーカフス。キラキラと輝く月は、コーディネートのポイントに。

イヤリング クラフト

ZOZOTOWN

商品

イヤリング クラフト

¥7,700

Jouete(ジュエッテ)
こちらはイヤリングですが、イヤーカフとして片方だけ使っても可愛いアイテム。洋服や場所を選ばず、さりげなく華やかな耳元にしてくれます。

イヤークリップ

イヤークリップ

イヤークリップは華やかなデザインが多め。
だから、片方だけにつけて、華やかながらも嫌味のないバランスの取れた耳元にしましょう。
植物のデザインはナチュラルな印象になるのでおすすめです。

イヤークリップはつける時痛くなりにくいのも嬉しいポイント。
付けた時のバランス感が好きだという人もいるみたいです。
一度店舗で試しにつけてみてくださいね。

リーフカーヴィーイヤークリップ

ZOZOTOWN

商品

リーフカーヴィーイヤークリップ

¥6,160

ADIEU TRISTESSE(アデュートリステス)
片耳だけにつけることによって、華やかながらもバランスのある見た目に。うっとりするほど美しいデザイン。

ドロップリーフイヤークリップ

ZOZOTOWN

商品

ドロップリーフイヤークリップ

¥5,280

conges payes ADIEU TRISTESSE(コンジェ ペイエ アデュートリステス)
木の枝の形のイヤークリップは付けるだけでナチュラルな雰囲気に。上品に見せたいときにもってこいです。

ヤマイモツルのイヤークリップ

ZOZOTOWN

商品

ヤマイモツルのイヤークリップ

¥7,150

m.soeur(エムスール)
繊細で女性らしさを感じるツルをイメージしたイヤークリップ。

一緒に合わせたいピアス

BO Maelle 18P

ZOZOTOWN

商品

BO Maelle 18P

¥12,960

A.P.C.(アー・ペー・セー)
華奢なチェーンが印象的なピアス。チェーンの先には、A.P.C.のロゴ入りのチャーム付き。

フープピアス

ZOZOTOWN

商品

フープピアス

¥3,780

Casselini(キャセリーニ)
ゴールドとパールで上品な女性らしい印象だけど、個性も感じられるピアス。大ぶりだからヘアはアップスタイルにして大胆に見せたい。

【ティエラ】プチピアス

ZOZOTOWN

商品

【ティエラ】プチピアス

¥6,600

PAS TIERRA(パティエラ)
小ぶりながらも上品で高級感のあるデザインのピアス。どんなシーンでも使えるアイテムです。一つ持っておくと便利。

目線を高くして、バランスUP!

目線を高くして、バランスUP!

イヤーカフもイヤークリップも、どちらも可愛いですよね。
目線が高くなるからフェイスラインを美しく見せてくれるのも嬉しい。
春夏のアップスタイルに合わせてぜひイヤーカフ・イヤークリップを取り入れてみてください♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。