パリ旅行なら。ブランドコスメが最安?「CITYPHARMA」に行くべき♡

コスメ好きの女の子にはたまらないパリ旅行。フランス発のコスメブランドってたくさんありますよね。でもパリに行ったって高いもんは高いっ。今回はパリの激安薬局「CITYPHARMA(シティファルマ)」で特にお得に買えるビオデルマなどのフランス発コスメから、免税手続きまで紹介致します。

パリに行くなら「CITYPHARMA」

出典: shutterstock

直行便で約13時間、海外旅行の定番スポット「パリ」。
ルーブル美術館や凱旋門、エッフェル塔など、数多くの観光スポットで溢れている市内は歩いているだけでも楽しくなっちゃいますよね。

?size=l

パリに行く機会があったらぜひ立ち寄って欲しいのが6区にあるファーマシー『CITYPHARMA(シティファルマ)』。
こちらはパリで一番安い粧品店と言われておりパリジェンヌにも人気のファーマシー。
店内は平日でもたくさんの人でいっぱいです。

?size=l

こちらでは日本でも有名なフランスブランドのコスメの数々がセールでもなんでもなく日本よりもかなりお得に買えちゃうんです。
お客さんは皆ショップバッグに大量の商品を入れて、たくさん買い物する人が多いみたい。

絶対、買い!のフランス発コスメ

ビオデルマ

?size=l

皮膚科学に基づいて商品開発されており、フランスでは皮膚科医が処方するスキンケアブランドとして愛されている「BIODERMA(ビオデルマ)」。
皮膚に馴染みの深い成分を慎重に選んでいるという安心なスキンケアブランドです。

?size=l

ビオデルマを世界中に広めるきっかけとなった「サンシビオH2OD」。
洗顔いらずで化粧水にもなるクレンジングウォーターで、つっぱりにくくベタつきにくいクレンジングとしての効果も高い優秀アイテムです。
シティファルマでは日本よりかなりお得に買えちゃいますよ♡

公式サイト

ラ ロッシュ ポゼ

?size=l

病院で扱っていることもある程皮膚科医からの信頼が厚い「ラ ロッシュ ポゼ」。
敏感肌のために開発されたスキンケアブランドで、肌の弱い人でも使いやすいブランドです。

?size=l

ラ ロッシュ ポゼの代名詞とも言える「ターマルウォーター」。
セレンを豊富に含むフランスの湧水をボトリングした顔・ボディ用ミストで、プレ化粧水やメイクの上からでも使えます。

公式サイト

ニュクス

?size=l

仕事に恋愛に子育てに24時間では足りないほど忙しい毎日を送りながら、常に「女」を忘れない、現代女性のための製品づくりでパリジェンヌたちの心を掴む「NUXE(ニュクス)」。
日本でも根強いファンから人気です。

?size=l

ニュクスで1番の人気なのが「プロディジューオイル」。
髪や顔や体など全身どこにでも使えるさらさらのオイルで、パリジェンヌらしい香水のような香りも気分を上げてくれます。
シティファルマでは7割ほどのお値段で買えますよ。(2018年1月時点)

?size=l

日本にはまだ未上陸のニュクスの製品ライン、「BIO BEAUTE by NUXE(ビオボーテバイニュクス)」。
こちらのビタミンデトックスマスクがパリジェンヌに人気なんです。
オレンジウォーターとビタミン豊富なマスクがお肌に溜まった老廃物をクリアにしてくれます。
シティファルマではパリ市内の他のショップよりも安く、18ユーロほど(2018年1月時点)で買えます。

公式サイト

コーダリー

?size=l

コーダリーはフランス、ボルドーのぶどう畑から誕生したブランドで、ぶどうに含まれるポリフェノールの高い抗酸化作用をスキンケアに活用しています。
日本ではまだ知名度は低いですが、フランスでは定番で人気のスキンケアブランドです。

?size=l

コーダリーで試してもらいたいのが画像右側の「ヴィノパーフェクト ラディアンス セラム コンプレクション コレクション」という美白美容液。
新たなシミを予防するだけでなく、できてしまったシミにも効果的だそうです。
シティファルマでは日本の約半額ほど(2018年1月時点)で買えちゃいます。

公式サイト

シティファルマでお得に買えるスイス発コスメ

ヴェレダ

?size=l

日本でも美容好きなら知らない人はいない自然派化粧品ブランド「WELEDA(ヴェレダ)」。
香りも質も良いオイルやクリームなどで有名ですよね。
シティファルマでも品揃えよく並べられています。

?size=l

ヴェレダで断トツ人気なのが「ホワイトバーチオイル」。
ベタつかないさらっとしたテクスチャーのオイルでマッサージするだけで脂肪燃焼作用もあるのだとか。
シティファルマならこのオイルが2本セットで20ユーロ(2018年1月時点)ととってもお得に買えちゃうんです。

公式サイト

CITYPHARMAに行くなら

免税手続き

?size=l

店内で175ユーロ以上購入した場合には免税対象になります。
パスポートを忘れずに持っていき、レジで「Detaxe s'il vous plait.(デタックス シル ヴ プレ)」と免税書類の作成をお願いしましょう。
書類に必要事項を記入して出国前に帰りの空港で手続きを済ませると免税分が戻ってきます。

出国前の注意点

?size=l

買った商品はスーツケースなどの預け入れ荷物に入れてくださいね。
ほとんどが液体物なので手荷物にすると買ったばかりのコスメたちが没収されてしまいます…。
日本出発前にスーツケースに空きスペースを作っておきましょう。
液体コスメの持ち込みは制限がありますので事前に確認してくださいね。



【店舗情報】

Citypharma

住所:26, rue du Four, 75006 Paris

営業時間:8:30~20:00(土9:00~)

休業日:日祝

有名コスメをお得に買えるパリ旅行♡

シティファルマでお得に化粧品を買ってもっと綺麗になっちゃいましょう。
お友達へのお土産にもオススメですよ。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

気分はシャンゼリゼ通りを颯爽と歩くパリジェンヌ。冬の“パリっぽ”コーデ3days

気分はシャンゼリゼ通りを颯爽と歩くパリジェンヌ。冬の“パリっぽ”コーデ3days

  • もこ公式
  • 12226view
『東洋のパリ』について知ってる?ベトナム ホーチミンの徹底ガイド

『東洋のパリ』について知ってる?ベトナム ホーチミンの徹底ガイド

  • cowgirl公式
  • 10237view
北米のパリと呼ばれる街を発見。カナダのモントリオールがかなり素敵...♡

北米のパリと呼ばれる街を発見。カナダのモントリオールがかなり素敵...♡

  • cowgirl公式
  • 2509view
街を歩く気分はパリジェンヌ♡お洒落っ子は訪れたい憧れのフランス・パリ特集

街を歩く気分はパリジェンヌ♡お洒落っ子は訪れたい憧れのフランス・パリ特集

  • tomoka公式
  • 3559view
パリのストリートスナップから学ぶ、洗練されたモードなコーディネート術

パリのストリートスナップから学ぶ、洗練されたモードなコーディネート術

  • MIharu公式
  • 15979view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。