2018ssトレンドメイクのおさらい。海外コレクションから学ぶ“今顔”

2018年春夏のトレンドメイク。世界4大都市コレクションをみていると、様々なトレンドメイクが出ていました。変形アイラインや鮮やかシャドウ、赤リップや生肌などなど…。トレンドのメイクを紹介します♡挑戦しやすい“お気に入り”を見つけて早速挑戦してみよう。

2018年SSメイクトレンド、どう取り入れる?

随分と前に発表された2018年春夏トレンド。そろそろメイクに取り入れてみない?

忘れちゃってるかもしれないから、おさらいも兼ねてトレンドメイクを紹介します。
たくさん出ていたトレンドだけど、全部取り入れたら流石に“やりすぎ”になっちゃうから、今からできそうなものを一つ見つけて、普段のメイクにプラスしてみて!

変形アイライン

?size=l

「く」の字にラインを曲げたり、目を囲ったり、あえてラインの先を丸く鈍らせたり、ブラックラインの下にカラーを潜ませたりと、アイラインは様々な形に変化しています。
アイラインがちょっと変わるだけでとっても印象的になりますよね。

?size=l

上の画像はアイラインを二重幅に沿って「く」の字に曲げたライン。
一重の人は、折り返し部分を太めに書くとかっこよくキマるよ!
先が細いアイライナーを使うと描きやすいよ。

アイラインの先を鈍らせるときは、ペンシルライナーや、ジェルライナーのちょっと太めのを使うといいかも。

目元を囲んだスモーキーアイを作るときは、ジェルライナーやペンシルライナー、アイシャドウで作ると普段使いできそうな、ナチュラルな仕上がりに。

カラーをアイラインに忍ばせるときは、カラーのペンシルライナーで太めにかいた上から、ブラックのアイラインを重ねましょう。
変形アイラインの時は、カラーはさりげなく目尻に忍ばせると今っぽい!

変形アイラインをメイクに取り入れる時のポイントは、アイシャドウ、リップやチークなどの色を抑えること。
他のカラーを抑えることでしっかり抜け感も出せそう。

 バック ステージ ジェル アイライナー1号

商品

バック ステージ ジェル アイライナー1号

¥1,142

『TONYMOLY(トニーモリー)』
描きやすくにじみにくいと口コミ高評価。
筆タイプは太さが自由自在!

カラー ショー ライナー

商品

カラー ショー ライナー

¥1,080

『MAYBRLLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク)』
しっかり色がついてくれて描きやすいペンシルライナーです。加えてカラーバリエーションも多いです!

リキッドアイライナー ブラック

商品

リキッドアイライナー ブラック

¥1,512

『Leanani PREMIUM(レアナニ プレミアム)』
にじみにくいアイライナーで、描きやすいです。
筆先が細いので、キャットラインを書くときに重宝します。

鮮やかアイカラー

2018年春夏コレクションでは様々なブランドが鮮やかなアイメイクを取り入れていました。
いずれも1、2色のみを使い、質感は様々。マットなものやしっとりとしたツヤ感のあるものなど…。

?size=l

コレクションのように、鮮やかなカラーを濃く目元に持ってくるのは勇気がいるし、トータルコーディネート的に目元だけ浮いちゃう…なんてことも。

普段使いは、ピンクやイエロー、オレンジなどをふわっとアイホールに広げることでナチュラルに。
シマーシャドウやクリームといったしっとりした質感のものを使うと、色は薄くても印象的な目元に変わります。

?size=l

鮮やかカラーアイシャドウ+アイライナーだと、はっきりした強そうな印象の目元に。

アンニュイな雰囲気が欲しい時は、アイシャドウはぼかしながら広げ、アイライナーを引かない、もしくはペンシルライナーで目尻の際で止めるのがマスト。

シャドーカスタマイズ

商品

シャドーカスタマイズ

¥524

『MAJOLICA MAJORCA(マジョリカマジョルカ)』
お手頃なお値段なのに、発色がとてもいいです。
優しく指で伸ばせば淡い発色、しっかり塗れば見た目通りに色がつきます。

セルフィーフィックスピグメント

商品

セルフィーフィックスピグメント

¥1,177

『Witch's Pouch(ウィッチズポーチ)』
単色使いももちろん可愛いけど、他のカラーと組み合わせてもラメが色と色を調和させてくれるからこちらも可愛い仕上がりに。

マットな赤リップ

?size=l

王道赤リップの流行は今季も継続してます。
とは言っても今季の赤リップのポイントは“マット”なこと。
ナチュラルな肌や、ナチュラルなメイクを、口元でぎゅっと引き締めます。


顔の印象を変えるには一番簡単で、一番効果的なのではないでしょうか?

?size=l

口角だけディープな色をブレンドしてオンブレ(グラデーション)風に仕上げたり、あえてオーバーラインで仕上げたりするのも今期流。
大人っぽさや女性らしさが強調されます。

リキッドリップカラー

商品

リキッドリップカラー

¥2,280

『3CE(スリーシーイー)』
飲み物を飲んだくらいでは落ちないです。あまり塗り直したくない方におすすめ。
塗りやすいのに、乾くとしっかりマットなリップに仕上げてくれます。

カラーセンセーショナル リップスティック

商品

カラーセンセーショナル リップスティック

¥1,296

『MAYBELLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク)』
塗りやすくマットな仕上がりで持ちのいい口紅と口コミで評判です。

生肌

今季も引き続き個性を生かした“生肌”が主流です。
スキンケアを入念に仕込んだ健康的でみずみずしい艶のある肌。
フレッシュな印象を与えてくれます。
生肌はちょっと…という方は、“生肌風”で!

皮脂くずれ防止化粧下地 SPF20 PA++ 25ml

商品

皮脂くずれ防止化粧下地 SPF20 PA++ 25ml

¥2,637

『Primavista(プリマヴィスタ)』
余分なテカリを抑えてくれてすっぴん肌に間違われるくらいナチュラルな仕上がりになります。

ヌードメークジェル 明るい素肌色 (SPF30・PA+++) 25g

商品

ヌードメークジェル 明るい素肌色 (SPF30・PA+++) 25g

¥1,040

『MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ)』
伸びがよく素肌風に見せてくれると口コミでも高評価。
光が反射して肌を更に綺麗に見せてくれる効果も!

ラメ、キラキラ

ラメやキラキラが好きな女の子は多いのではないでしょうか。

今季は、ラメ入りシャドウなどの控えめなラメ使いではなく、もっと大胆にラメやキラキラのストーンで派手やかさを演出しています!

アイメイクのみならず、リップもキラキラです♡

でも私たちが普段使いするには大胆に入れすぎるのは難しいですよね。
そこで普段メイクとはちょっと違う場所にラメを取り入れてみましょう!

目頭ラメ

?size=l

まずは目頭。
普段のメイクに、目頭の“く”の字に沿ってラメを乗せてみましょう。
ちょっと入れただけなのに、今っぽい顔になったと思いません?♩

アイホール全体に

?size=l

ちょっと難易度上がって、アイホール全体にラメをON。

単色のラメ使いなら、浮かずに馴染んでくれます♡

リップに

?size=l

今度はリップにラメを入れてみて。

ラメ入りのリップグロスも可愛いけど、ラメ感を主張したいときは、リップグロスを塗った上からパウダーのラメをポンポンって乗せてみて♡

SPARKLING LIQUID PIGMENT

商品

SPARKLING LIQUID PIGMENT

¥2,280

『3CE (スリーシーイー)』
ウォータージェルベースで肌馴染みが良く、アイシャドウだけど細い筆を使えばアイライナーとしても使えます!

セルフィーフィックスピグメント

商品

セルフィーフィックスピグメント

¥907

『Witch's Pouch(ウィッチズポーチ)』
多色づかいも単色づかいも楽しいラメシャドウ。
大きめラメで印象的なEYEに!

“さあ、どのメイクを取り入れる?”

?size=l

あなたが気に入ったメイクはどれですか?

“さあ、あなたはどのメイクにする?”

関連する記事

こんな記事も人気です♪

2017秋冬ファッション。今季のトレンドに乗っかる3大キーワード

2017秋冬ファッション。今季のトレンドに乗っかる3大キーワード

  • cowgirl公式
  • 25585view
トレンドはプチプラで叶える♡CANMAKEで作る2017AWトレンドボルドー顔

トレンドはプチプラで叶える♡CANMAKEで作る2017AWトレンドボルドー顔

  • moto公式
  • 68854view
まだ間に合うから買うっきゃない。〜3500円のお手頃トレンドアイテムをおさらい

まだ間に合うから買うっきゃない。〜3500円のお手頃トレンドアイテムをおさらい

  • おこめ公式
  • 70397view
フェミニンコーデにもウエストポーチを。トレンドアイテムの取り入れ方

フェミニンコーデにもウエストポーチを。トレンドアイテムの取り入れ方

  • Chan_mo公式
  • 26385view
雨の日こそ、狙うはトレンド最前線♡梅雨に使えるトレンド“PVC” 10 STYLE

雨の日こそ、狙うはトレンド最前線♡梅雨に使えるトレンド“PVC” 10 STYLE

  • cowgirl公式
  • 2523view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。