卍ブームだし、お寺行こ?最高におすすめしたい京都・祇園のお寺、建仁寺の魅力

若者に大ブームの卍(まんじ)。その元々の意味である「寺院」に注目が集まるのも時間の問題?ということで、本当におすすめしたい京都・祇園にあるお寺、建仁寺の魅力を紹介していきます。アクセス抜群な上に見所も沢山あり、「お寺って何が面白いの?」と思っている方でもきっと楽しめる、本当におすすめのお寺です。

卍ブーム?

?size=l

若者の間で大流行中のワード、「卍(まんじ)」。SNSでのやりとりや会話で使われるのはもちろん、写真撮影時のポーズとしても人気ですよね。
そんな卍は、もともと地図記号では「寺院」の意味です。言葉やポーズとして卍がこれ程までにブームなら、もともとの意味である寺院に注目が集まるのも時間の問題…?

そうだ、お寺に行こう

?size=l

ということでこちらの記事では、京都・祇園にある『建仁寺(けんにんじ)』というお寺の魅力について紹介していきます。
建仁寺は、「お寺って、何が面白いの?」と思っている方でもきっと楽しめる見どころや注目スポットが多くある、本当に素晴らしいお寺です。それでは早速、その魅力を紹介していきましょう。

建仁寺の魅力

?size=l

京都の繁華街、祇園の通りを抜けると現れる建仁寺。
建仁寺は京都最古の禅寺であり、800年以上の月日の中、多くの人に愛され続けて来ました。
広い敷地の中には美しい庭園や有名な美術品など、見どころが本当にたくさんあります。

都会にいるとは思えない、落ち着いた空間

?size=l

建仁寺に訪れたら必ず訪れて欲しいのが、こちらの枯山水(かれさんすい)様式のお庭。
広々としていて開放感があり、いつまでもここにいたい、と思わされるほど落ち着いた空間です。砂の模様と周りの緑が美しいですね。

?size=l

絶妙なバランスで配置された石や、手入れされた木々、そして本堂を眺めながら、ゆっくりとした時間を過ごしましょう。庭園を座って見ることができるのも、他のお寺にはあまりない建仁寺ならではの魅力です。

?size=l

こちらは華頭窓(かとうまど)から庭園を覗いた写真です。
美しい景色を鑑賞している間は、普段のストレスやイライラを忘れているはずです。こちらの庭園には眺めているだけで心がリフレッシュされる、そんな不思議な力があると思います。

遊び心もポイント

?size=l

これは、庭園を眺めることができるスペースにある注意書きです。寝転んでいる人の顔がとっても可愛いですよね。とても広々としていて開放感があるので、眠ってしまいたくなるのも分かりますが…寝転んではいけません。
このようにポップなイラストで注意喚起をしているところも、建仁寺の魅力だと思います。

◯△□乃庭

?size=l

こちらは『◯△□乃庭(まるさんかくしかくのにわ)』という名の中庭です。◯△□は禅宗の4大思想(地水火風)を表したものだそうです。◯が木、△が庭の隅の形状、□が井戸となっています。こういった庭に込められた意味を知ることで、お寺の鑑賞はより楽しいものとなりますね。

潮音庭

?size=l

こちらの『潮音庭(ちょうおんてい)』は、四方から眺めることができる中庭です。
同じ物を見ているのに、見る方向が変わると印象も変わる。なんだか、大切なことをこの中庭から教えてもらった気がします。

風神雷神図屏風

?size=l

誰もが教科書で一度は目にしたことがあるであろう、俵屋宗達の『風神雷神図屏風』。日本美術史の中でも圧倒的な人気を誇るこの名作も建仁寺が所有しています。
本物は京都国立博物館に寄託されていますが、建仁寺では高精度のレプリカを展示しており、写真撮影も可能です。風神と雷神の、生き生きとした表情に注目です。

双龍図

?size=l

建仁寺に訪れた際にはぜひ立ち寄ってほしい、法堂の天井画、『双龍図』。
畳108枚にも及ぶ大迫力の水墨画に、圧倒されること間違いなしです。

?size=l

龍の表情を見てみてください。圧倒的な迫力と威厳を感じさせつつも、どこかファニーで親しみやすい表情をしていると思いませんか?堅苦しいと思っていたお寺や日本美術も、こうやって見てみると案外難しくないし、とても身近に感じることができる。そんな気づきを与えてくれるのが建仁寺です。
こちらの双龍図も写真撮影が可能です。

両足院の石畳

?size=l

初夏と冬に特別拝観をしている『両足院』という建物の、◯と◇の幾何学模様の石畳です。現代の私たちが見てもポップでおしゃれだなと感じられますよね。
昔の人々が美しいと感じて現代まで受け継いでくれたこの美を、私たちもこれから次の世代に伝えていかないといけないのだな、なんてことを感じさせてくれます。

アクセス

所在地 京都市東山区大和大路通四条下る小松町
電話番号 075(561)6363

出典:www.kenninji.jp

拝観期間・時間 ・3月1日~10月31日
午前10時~午後4時30分(午後5時閉門)
・11月1日~2月28日
午前10時~午後4時(午後4時30分閉門)

出典:www.kenninji.jp

公式サイト

リラックスできるお寺

?size=l

最高におすすめしたい、京都・祇園の建仁寺の魅力を紹介しました。
アクセスも良く、とてもリラックスができる落ち着いた雰囲気。建仁寺はお寺を訪れることの魅力を教えてくれる、本当に素晴らしいお寺です。ぜひ、京都に旅行に行く際は訪れてみてくださいね。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

新しい京都に出会いました。神社を巡らない、3度目の欲張り京都祇園さんぽ

新しい京都に出会いました。神社を巡らない、3度目の欲張り京都祇園さんぽ

  • moto公式
  • 36138view
都会を忘れてちょっと休憩。「お寺カフェ」で過ごす癒やしの時間

都会を忘れてちょっと休憩。「お寺カフェ」で過ごす癒やしの時間

  • ゆかりん公式
  • 26631view
〔京都〕コレクションしたくなる♡キュートな「どうぶつおみくじ」たち

〔京都〕コレクションしたくなる♡キュートな「どうぶつおみくじ」たち

  • ゆかりん公式
  • 40109view
ちょっぴりツウな秋景色を。まだ見たことない京都にお邪魔する紅葉めぐり

ちょっぴりツウな秋景色を。まだ見たことない京都にお邪魔する紅葉めぐり

  • ゆかりん公式
  • 3467view
秋の京都で出合う紅葉の絶景。ちょっとオトナに楽しむおすすめのお寺・神社&カフェ

秋の京都で出合う紅葉の絶景。ちょっとオトナに楽しむおすすめのお寺・神社&カフェ

  • yoko公式
  • 14172view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

hota公式

Turn and face the strange *☆

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。