あなたの癖字が、好きです。“カキモリ”で世界に一つのオーダーノートを作ろう

皆さん、蔵前にある『カキモリ』という文房具屋さんをご存知ですか?なんと、オリジナルの「オーダーノート」を作ることができるんです。今回は、そんなカキモリの様子と、待ち時間に行きたい周辺のおすすめスポット、『KONCENT』、『From afar 倉庫01』、『ダンデライオン・チョコレート』をご紹介します。

一目で判る、君の文字

あなたの書く文字は癖字。
正直言って少し汚い。

だけど、私はあなたの文字が好きです。

手で文字を書く機会が少なくなっている今日この頃。

今までの人生で寄り添ってきた、あなたの文字を大切にするために、今回は蔵前の『カキモリ』というお店をご紹介したいと思います。

周辺のおすすめスポットも併せてご案内しますよ。

『カキモリ』で作る「オーダーノート」

?size=l

東京は蔵前にある『カキモリ』というお店。文房具を取り扱っているお店です。

蔵前といえば職人情緒あるものづくりの街。
倉庫をリノベーションした広々としたお店が沢山あります。

ここカキモリも、そんな倉庫をリノベーションしたお店の一つ。

?size=l

このお店が他の文房具屋さんと違う点、それは、お客さんが自ら「ノートをオーダーメイドできる」ところなんです。

ズラ〜っと並んでいるのはノートの表紙と中紙です。
全て自分で選ぶことができ、カスタマイズも自由。

選べない〜〜〜!

どんなノートが作れるの?

?size=l

カキモリで作れるオーダーノートはB5とB6サイズ。
リングタイプとPADノートタイプがあります。
タテとヨコも選べるんです。

?size=l

くるっと回す封緘(ふうかん)留めやボタン留め、ゴム留めなど留め具の種類も豊富。
表紙を頑丈にする角金(かどがね)をつけることもできます。

紙の量や表紙の素材にもよりますが、値段の相場は2000円〜4000円程度。
(私は2600円くらいでした)

予算に合わせて、自分の満足いくノートを作りましょう!

オリジナルインクも作れちゃいます

?size=l

カキモリ内にはインクスタンドもあるんです。

あなただけのオリジナルインク作れちゃいます。
オーダーノートと併せていかがですか?

(※こちらは事前予約が必要です)

インクスタンド予約フォーム
?size=l

素材を選んだら、職人さんに見積もりを立ててもらいましょう。
オーダーノートの製本時間は20分〜1時間程度。
予約票をもらって、後は待つだけです。

<information>
住所:〒111-0055 台東区三筋1-6-2
電話:050-1744-8546
営業時間:12:00〜19:00(平日)
11:00〜19:00(土日祝)
定休日:月曜定休(祝祭日の場合はopen)

<最寄り駅>
浅草線 蔵前駅:A1出口徒歩8分
JR浅草橋駅:西口徒歩10分

公式Twitter
公式Instagram
公式HP

待ち時間は、周辺散策へGO〜〜!

?size=l

カキモリの入り口で自由配布されている手書きの散策map。
製本が終わるまでの時間、これを持って周辺散策を楽しみましょう〜!

KONCENT

?size=l

まずご紹介するのはこちら。
広々とした店内におしゃれな高機能グッズがずらりと並ぶ『KONCENT(コンセント)』という雑貨屋さんです。

?size=l

「モノを創る人と造る人を、そして使う人を、つないでゆくデザインのプラットホーム」を目指し、使う人にとことん寄り添った、おしゃれな雑貨を取り扱っているKONCENT。

あなたも、グッズ一つ一つの機能性と仕掛けの多さに驚くはず。

?size=l

店内をゆっくり見た後は、ショップ内に併設されている『SOL'S COFFEE(ソルズコーヒー)』でコーヒーを頼んでみるのもいいかも。

<information>
住所:〒111-0051東京都台東区蔵前2-4-5
電話:03-3862-6018
営業時間:11:00~19:00

公式Twitter
公式Instagram
公式HP

From afar 倉庫01

?size=l

次にご紹介するのはこちら。
『From afar(フロムアファー)倉庫01』というお店。

このお店、とにかくおしゃれなんです!

?size=l

ドライフラワーが飾られた店内は、とっても落ち着いた雰囲気。

雑居ビルの中にひっそりと佇む店構えも、儚く素敵な世界観を際立たせています。

?size=l

おしゃれな雰囲気に酔いしれたい、美味しいスイーツが食べたい方は、ぜひ足を運んでみてください。

<information>
住所:130-0005 東京都墨田区東駒形1-1-9
営業時間:12:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日:月曜日・年末年始
(その他の休業日はInstagramをご確認ください)

公式Facebook
公式Instagram
公式HP

ダンデライオン・チョコレート・ジャパン

?size=l

次にご紹介するのはチョコレート専門店。
『ダンデライオン・チョコレート・ジャパン』です。

?size=l

目の前でチョコレートを作る工程を見ることができる、チョコ好きさんにはたまらない空間です。

定番から珍しいものまで、ホットチョコレートとお菓子を楽しむことができます。
(画像は「クラマエホットチョコレート」。ほうじ茶を使った、オリジナルのホットチョコレートです)

?size=l

甘〜いチョコレートに心まで癒されたら、お土産にお店で作られたチョコレートバーを買ってみてはいかが?

<information>
住所:〒111-0051 東京都台東区蔵前4-14-6
電話:03-5833-7270
営業時間:10:00〜20:00 (L.O. 19:30)

公式Facebook
公式Instagram
公式HP

丁寧なモノを選んで、丁寧な日々を。

?size=l

あっという間に、オーダーノートが完成していました。

世界に一つ、あなたのためのあなたのノート。
何を書き込もうかなぁ。

蔵前の魅力に気づけた、素敵な1日でした。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

自分で作ったノートに、自分だけの想いを。世界に一つだけオーダーノートのすゝめ

自分で作ったノートに、自分だけの想いを。世界に一つだけオーダーノートのすゝめ

  • もこ公式
  • 6759view
なんだか1日動きたい気分。そんな土曜日は話題の『蔵前』へおでかけ

なんだか1日動きたい気分。そんな土曜日は話題の『蔵前』へおでかけ

  • ゆかりん公式
  • 4627view
そこには浅草観光前or後に行きたい空間が。【蔵前カフェ】で贅沢タイムを

そこには浅草観光前or後に行きたい空間が。【蔵前カフェ】で贅沢タイムを

  • pom_13公式
  • 13491view
やっぱり私は文房具が好きだ。そう再認識させてくれる、マニアが通う3つのお店

やっぱり私は文房具が好きだ。そう再認識させてくれる、マニアが通う3つのお店

  • もこ公式
  • 22746view
ものづくりのまち蔵前で見つける技術と温もり。ここでしか出会えない専門店を紹介

ものづくりのまち蔵前で見つける技術と温もり。ここでしか出会えない専門店を紹介

  • おこめ公式
  • 7746view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

公式

冷たいぶっかけの並で。

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。