お洒落の秘訣、ココにありっ!〝ベルト使い〟の神になるべく三ヶ条を学ぶべし

ベルトに対しておざなりになっている方も少なくないのでは?実はベルトってお洒落の宝庫。ベルトを上手に活用できれば、もっとお洒落が楽しくなるのです。そこで〝ベルト使い〟の神になるべく、三ヶ条をご用意しました。ベルトの種類や役割などをしっかり学んで、ベルトを大活躍させましょう◎

ベルトは、お洒落の宝庫

?size=l

あなたはベルトに対して、どんなイメージをお持ちですか?
特に重要視していない、結構適当になりがち、なんて方も多いのではないでしょうか。

実は、ベルトってお洒落の宝庫なのです。
ベルト一つで着こなしの完成度が見違えるほど、お洒落においてと〜〜〜っても重要なアイテム。

〝ベルト使い〟の神になれっ!

?size=l

ベルトを上手に活用できれば、きっともっとお洒落が楽しくなるはず。

だからこそ、MERY読者のみなさまには〝ベルト使い〟の神になってもらいたいのです…!
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、神レベルに極める価値があるのです…!

そこで今回は、〝ベルト使い〟の神になるべく、三ヶ条をご用意しました。
さっそく学んでいきましょう。

一. ベルトの種類を学ぶべし

?size=l

まず、ベルトの種類について学びましょう。
ベルトと一言に言っても、様々な種類があります。

ここでご紹介するのは、押さえておきたい6種類のベルト。
定番のベルトからトレンドベルトまでまとめました。

ベルトの種類によって使い方や印象はガラッと変わるので、自分が求めていた種類のベルトを見つけてみてくださいね◎

プレーンベルト

・一番ベーシックなベルト
・バックルがシングルピン
・太さや素材次第で様々な印象に

定番ベルト

ZOZOTOWN

商品

定番ベルト

¥5,292

Ungrid(アングリッド):プレーンベルトは一本は持っておきたい定番アイテム。デニムパンツやチノパンと合わせやすいデザインです。本革を使用しているので、使い込むほどに味わい深くなります。

リングベルト

・バックルがリング状になっているベルト
・2つリングに通したベルトを折り返して固定
・プレーンベルトよりもカジュアルな印象

ロングリングベルト

ZOZOTOWN

商品

ロングリングベルト

¥2,160

KBF(ケービーエフ): ネイビーにゴールドのリングバックルが大人カジュアルなベルト。たっぷりと長さのあるシルエットになっているので、たら〜んと垂らした着こなしがオススメです。

ゴムベルト

・ゴムを使用したベルト
・伸縮性が高いので楽チン
・ワンピースやスカートと相性◎

リング金具ラインゴムベルト

ZOZOTOWN

商品

リング金具ラインゴムベルト

¥5,292

ThreeFourTime(スリーフォータイム):ゴムベルトは伸縮性が高いので身体にフィットしやすいです。フレンチムード漂うラインデザインが、コーディネートのポイントになりそう。

コルセットベルト

・コルセット風の太いベルト
・存在感抜群
・デザイン性としての役割

コルセットベルト

ZOZOTOWN

商品

コルセットベルト

¥9,612

22 OCTOBRE(ヴァンドゥ-・オクトーブル):他のベルトに比べて面積が大きいので、その分存在感も抜群なコルセットベルト。ウエスト調節などの実用性というよりは、ファッション性重視のアイテムです。

ハーネスベルト

・サスペンダー+ベルトのような形
・トレンドライクな着こなしに
・アクセサリー感覚で取り入れたい

Modernハーネス

ZOZOTOWN

商品

Modernハーネス

¥8,100

LAGUNAMOON(ラグナムーン):トレンドアイテムでもあるハーネスベルトは、アクセサリー感覚で取り入れたいアイテム。手持ちのブラウスやワンピースに合わせるだけで、ぐっと鮮度が増しますよ。

ロープベルト

・ロープ状のベルト
・カジュアルスタイルにぴったり
・着こなしに抜け感をプラス

ロープベルト

ZOZOTOWN

商品

ロープベルト

¥5,940

ROPE' mademoiselle(ロペマドモアゼル):大人カジュアルな印象のロープベルト。デニムやワンピースに合わせるのはもちろん、トレンチコートやカーディガンの上からくるっと巻くのもオススメです。

二. ベルトの役割を学ぶべし

ウエスト調節

ベルトの役割と言えば、やはりウエスト調節!

サイズが大きくて腰パンになってしまっていたり、ずるずる引きずってしまうと、ちょっぴり残念な印象に。

そんなとき、ベルトが欠かせません。
パンツやスカートを身体にフィットさせてくれます。
とっても重要な役割を果たしてくれていることが分かりますね◎

シルエットを変化させる

ウエスト調節以外で、ベルトを活用できていますか?

ベルトには、シルエットを変化させるという役割もあります。

例えば、こちらのコーディネート。
ワンピースを一枚でストンと着るのもお洒落なのですが、ベルトでウエスト部分をきゅっと締めることによって、シルエットに変化が生まれます。
きゅっ、ふわっ、の美シルエットの誕生。
いつもとはまた違う表情を楽しめます◎

メリハリをつける

着こなしにメリハリをつけるという役割もあります。

例えば、こちらのコーディネート。
同色系でまとめたコーディネートはぼんやりとした印象になりやすい。
そこで、濃い色の太いプレーゼンベルトをオン!
コーディネート全体が引き締まり、ぐっとお洒落度が増します。

アクセントとして投入

着こなしのアクセントとして、ベルトを活躍させるのも良いでしょう。

特に、色物のベルトや柄物のベルトはコーディネートのアクセントとして使いやすいです◎

こちらのブラックを基調としたコーディネートでは、アクセントとして真っ赤なベルトを投入しています。
アクセントを投入することで、単調ではない一癖利かせた雰囲気に。
周りと差のつくお洒落スタイリングに変身します◎

着こなしに主役に

たかがベルト、なんて思っていませんか?
ベルトは着こなしの主役にだってなり得るのです。

圧倒的な存在感を放つコルセットベルトやハーネスベルトは、ぜひ主役として抜擢したい。
その存在感を引き立てるために、お洋服はシンプルなものをチョイスして。
「今日のコーディネートのポイントは、ベルトです」って、そんな日もアリでしょう?

三. ナシという選択を学ぶべし

ベルトの種類や役割を学んだ上で、〝ベルトをあえてしない〟という選択もあるということも知っておきたい。

とりあえずベルトをつけておけばお洒落になる!という訳でもないようです。
ベルトもファッションの一部ですから、帽子やアクセサリーのように、組み合わせが大切なのです。

ベルトをあえてしないことで、こなれて見えたり抜け感がかもし出せたり、なんてことも◎

例えばこちらのコーディネート。
トップスをしっかりデニムにインしています。

ここでベルトをしてしまうと、タックインが際立ち、頑張りすぎているような印象になりそう。
あえてベルトをしないことで、トップスとボトムスの境目を曖昧にし、こなれ感を演出しているのです。
肩の力を抜いたような、ラフな雰囲気がお洒落ですよね◎

ほ〜ら、またお洒落になった

?size=l

ベルトをおざなりにしちゃうなんて、勿体ないこと。
ベルトはお洒落の宝庫、お洒落の可能性を秘めているのです。

あなたは、これからもっともっとお洒落になれるのです◎

〝ベルト使い〟の神になりましょう〜〜〜っ!

関連する記事

こんな記事も人気です♪

ベルト界の次なるトレンド?新感覚のファッションitem「ハーネスベルト」とは

ベルト界の次なるトレンド?新感覚のファッションitem「ハーネスベルト」とは

  • yume公式
  • 9223view
ズバリ!お洒落になる為には、ベルトを見直すべしっ!上質ベルトどど〜んと15本

ズバリ!お洒落になる為には、ベルトを見直すべしっ!上質ベルトどど〜んと15本

  • yume公式
  • 9409view
コーデのPOINTとしてベルトを。アクセントになる3typeのベルトを紹介

コーデのPOINTとしてベルトを。アクセントになる3typeのベルトを紹介

  • Chan_mo公式
  • 7961view
意外と目立つし見られるITEM。5種のお洒落ベルトで手持ちボトムスに彩りを加えて

意外と目立つし見られるITEM。5種のお洒落ベルトで手持ちボトムスに彩りを加えて

  • はるまめ公式
  • 13596view
この3つどう組み合わせてる?トップスとベルトとデニムパンツの合わせ方

この3つどう組み合わせてる?トップスとベルトとデニムパンツの合わせ方

  • Chan_mo公式
  • 12907view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

yume公式

カフェラテがすきです

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。