あの時こんな気持ちだったのかな。映画のシーンから紐解くNEWシネマ満喫メソッド

映画が好きなのは現実世界のわたしたちだけではありません。映画の中に出てくるキャラクターだって映画が大好き。そこで今回は“映画とその中に出てくる映画のセット”を紹介します。『レオン』『(500)日のサマー』『僕らのミライへ逆回転』の中に登場するあの作品にあなたもぜひチャレンジしてみて♡

みんな、大好きなんだ

みんな、大好きなんだ

出典: shutterstock

映画ってみんなが大好き。
そう、それは映画の中に出てくるキャラクターも例外ではありません。

あの一見怖そうなキャラクターだって、映画館にいる時はみんな笑顔でとても楽しそう。

あのキャラクターをもっと知りたくて

あのキャラクターをもっと知りたくて

そんな“映画の中の映画のシーン”に着目していたら、
「この時、このキャラクターってどんな気持ちだったんだろう?」
「どうしてこのキャラクターはこの映画が好きなのかな?」
そんな風に気になってたまらなくなってきました。

だから今回は、“映画とその中に出てくる映画のセット”を紹介します。
みなさんも、登場人物に思いを馳せながら読んでみてくださいね。

『レオン』

レオン 完全版 (字幕版)

商品

レオン 完全版 (字幕版)

ニューヨークを舞台にした、殺し屋のレオンと、少女マチルダのラブストーリーです。
家族を殺されたマチルダは、隣に住むレオンのもとを頼り、彼に敵討ちの手助けをお願いし、そこから2人の訓練が始まります。
「愛」について教えてくれるストーリーも素敵なのですが、マチルダのファッションもおしゃれで可愛いと人気です。

口下手で単調な毎日を送っているレオン。
そんな彼が無邪気な表情を見せる、とても印象的なシーンがあります。
それが、映画館にいる時。

まるで少年のように瞳をキラキラと輝かせながら、作品に夢中になっているレオンが忘れられません。

彼が夢中で見ていたのは…

雨に唄えば(字幕版)

商品

雨に唄えば(字幕版)

¥199

サイレント映画のスターのドンと、女優の卵のキャシーのラブストーリー。
サイレント映画から、音声の入るトーキー映画へと移りつつある時代が舞台になっており、歌うシーンもたくさん出てきます。
特にドンが雨に濡れながら歌うシーンが有名ですが、下積み時代のドンと親友コズモのパフォーマンスもクオリティが高いので必見です。

レオンが夢中になって見ていたのは、『雨に唄えば』。
ドンが雨に濡れながら、キャシーへの想いに胸を高まらせ、るんるん気分で歌うシーンです。

普段は単調な毎日を送り、殺し屋という仕事をしているレオンとは対照的な場面。
その“非日常的”な様子が、彼にとっては目をキラキラさせるほど新鮮だったのかもしれません。

『(500)日のサマー』

(500)日のサマー(吹替版)

商品

(500)日のサマー(吹替版)

¥199

真実の愛を信じるトムは、ある日会社に新しく入ってきたサマーと出会います。
でもサマーは、真実の愛なんて存在しないと考えるタイプで、トムに告白されても本気にはならないと言い放ちます。
そんなサマーを追いかけた、トムの500日間の記録です。

イケアで夫婦ごっこをしたり、美術館や映画館に行ったり、まるで恋人同士のようにデートを重ねるけれど、サマーは決してトムの恋人にはなろうとしません。
トムはサマーと付き合いたいので、そのことを巡って喧嘩も起きるように。

そんな中、サマーと出会って314日たった日にトムはなぜか1人で映画鑑賞。
隣にサマーがいないことから、2人の仲がうまくいっていないことがうかがえます。
サマーと一緒に見ていた時はとっても楽しそうだったのに、その日のトムはとてもつまらなそうな表情でした。

トムが悲しそうに見ていたのは…

第七の封印  <HDリマスター版> 【DVD】

商品

第七の封印 <HDリマスター版> 【DVD】

¥3,213

中世ヨーロッパを舞台に、十字軍の遠征から帰ってきた騎士アントーニウスと従者ヨンスが、死神や旅芸人と出会いながら、生死や神・信仰について見つめ直すお話です。
1957年に製作されたものですが、現代になっても見続けられている人気の作品です。
モノクロのスクリーンの中に映る死神は、存在感たっぷりで、特に登場シーンがかっこいいと人気なんです。

トムが映画館で見ていたのは、『第七の封印』の中の死神とアントーニウスがチェスをしているシーンなどのパロディ。

『第七の封印』の中でアントーニウスが、自分が今まで信じてきた価値観を見直すように、トムも自分自身やサマーとどうしていけばいいのか考えていたのかもしれませんね。

『僕らのミライへ逆回転』

僕らのミライへ逆回転 プレミアム・エディション [DVD]

商品

僕らのミライへ逆回転 プレミアム・エディション [DVD]

¥5,810

レンタルビデオ屋を営むフレッチャーは、市の開発の関係で立ち退きを迫られていました。
そこで店番を頼まれていたマイクのもとに、友人のジェリーがおとずれます。
ジェリーは後日、あるトラブルから感電し超強力な電磁波を帯びてしまい、店中のビデオをダメにしてしまいます。
お店の信用を落とさないために、マイクとジェリーはダメになったビデオを自分たちで作り直すことにしますが…?

壊れてしまったビデオを自分たちで撮り直すことにした、マイクとジェリー。
その様子がとってもおかしくて面白いんです。

しかも、そのリメイクのビデオがお客さんに好評で、どんどん新作を作らないといけなくなってしまいます。
真剣に、でもパロディ色いっぱいにビデオが出来上がっていくシーンが忘れられません。

マイクとジェリーが最初に撮ったのは…

ゴーストバスターズ(吹替版)

商品

ゴーストバスターズ(吹替版)

¥199

科学者3人組で結成したおばけ撃退部隊「ゴーストバスターズ」のお話。
派手な宣伝で一躍有名になった3人に、門の神ズールと鍵の神ビンツが合体し立ちはだかります。
さらに、おばけ貯蔵庫から無数のおばけが解放されてしまったので、ニューヨークは大混乱に!
1980年代に一斉を風靡した人気コメディ映画です。

「ゴーストバスターズ!」の掛け声と共に流れる、マイクとジェリーによるリメイク版『ゴーストバスターズ』。
銀色の布でできた手作りの衣装に身を包んだ2人が、なんとも可愛らしいんです。

『僕らのミライへ逆回転』と一緒に本物の『ゴーストバスターズ』も一緒に見れば、「わたしだったらこのシーンはこうやって再現して…」なんてつい考えてしまうかも♡

あの子もこんな気持ちだったのかな

あの子もこんな気持ちだったのかな

出典: shutterstock

“映画の中に出てくる映画”にもチャレンジしてみたら、「あぁあの時、あのキャラクターってこんな気持ちだったのかな」なんて想像が膨らんで、前よりももっと映画が楽しめるようになった。

たまには、こんな見方をしても新鮮で楽しい。
やっぱり、映画はみんなが大好きな素晴らしい文化だね♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。