半径10mでハートをつかむ♡ “シルエット美人”になるためのテクを学べ

この記事では、遠目でも人のハートをつかんでしまう“シルエット美人”になるための方法を紹介します。(1)ツヤのある髪の毛(2)見せたい印象に合った美人カラー(3)女性らしいシルエットのコーデ、この3点によってシルエット美人に変身しましょう〜!

“美人”になること、諦めてない?

美人か否かは生まれた時に定められた運命。
そう思って諦めていませんか?

確かに顔立ちやスタイルを大きく変えることは難しいかもしれませんが、“美人に見せる”方法は存在するのです。

大切なのはシルエットなのです♡

みなさんが“美人”になるためにしていることって何でしょうか?
もちろんスキンケアやメイクアップなど、細かい部分も大切です。

しかし今回は、遠目の第一印象でもみんなのハートをわしづかみにする、“シルエット美人”を目指しましょう。

まずは“ツヤ髪”から始めること

出典: latte.la

今回紹介するポイントの中でも、重要かつ手間のかかるのがこの“ツヤ髪”。

髪の毛のツヤは、フレッシュな印象や清潔感をもたらす大切なもの。
一度ライトに当たれば、ツヤの有無は遠目からでもわかってしまいます。

美しい髪を保ちましょう。

ドライヤーテクにヘアオイルをプラス

<uka(ウカ)>ヘアオイル On the Beach

ZOZOTOWN

商品

<uka(ウカ)>ヘアオイル On the Beach

¥3,780

〈UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)〉
ネイルケアで有名な『uka』のヘアオイルは、紫外線のダメージも防ぎます。
適度に甘い女性らしい香りもポイントです。

お風呂上がりはドライヤーを使ってしっかり乾かし、最後に冷風をあてることがツヤ髪への秘訣。
乾かす前に少量のオイルを使うことでパサパサ髪を防止できます。

早く乾かしたいからとゴシゴシとタオルで頭を拭いていましたが、それは髪を傷めるもとだとわかりました。さっそく、水気をよく吸い取った後に、ドライヤーを頭のパーツごとに空気を含めるようにして根元から毛先の順にあて、冷風で仕上げてみたところ、短時間でほどよいエアリー感がある仕上がりになりました。ぜひお試しください。

出典:woman.mynavi.jp

あなただけの“美人カラー”を身につけるべし

ファッションは好きなスタイルを楽しみたいところですが、遠目に見てもわかる“カラー選び”は重要。

基本的には、“柔らかく”“キレイ”な色がおすすめです。
そして、その中でも自分が見せたい印象に合ったカラーこそが、あなたにとっての“美人カラー”となります。

清楚の王道ホワイト

ホワイトは清楚の象徴ともいえるカラー。
普段にぎやかなキャラクターのあなたが身につければ、まわりを“はっと”させてくれるかもしれません。

キレイ色の定番ベージュ

出典: shutterstock

キレイ色の定番であるベージュは、明るいながらも落ち着いた印象をもたらしてくれます。
少しだけ背伸びをして大人っぽく見られたい、という方に挑戦してもらいたいカラーです。

落ち着きネイビー

ネイビーを用いると、落ち着いた印象に。
明るめの色のファッションの引き締め役として、小物などで活躍するでしょう。

さわやかペールブルー

子供っぽく見られがち、という悩みを持つ方は、ピンクやイエロ−などの暖色を卒業して、さわやかなペールブルーに挑戦してはいかが?

可愛さピンク

反対に、大人っぽく見られがち、という方は少しでも良いので、可愛さを表現できるピンクを取り入れてみましょう。
イメージチェンジは出会いのきっかけにもなります。

おしゃれイエロー

定番色ばかりでは飽きてしまう、という方や、センス良く見せたい、という方にはイエローがおすすめ。
くすみのない明るい色を選ぶと良いでしょう。
コーディネートを組む時は、ネイビーやホワイトと組み合わせると良いでしょう。

“美人シルエット”コーデの作り方レッスン

“美人シルエット”のポイントは以下の3つ。
・適度な肌見せ
・フィットする部分を作る
・やわらかい素材
これによって女性らしさが生まれます。

このコーデはカジュアルですが、腕まくりによって肌の“ちょい見せ”をしています◎

イエローを用いたこのコーデは、きゅっとひきしまったウエストと、ノースリーブがポイント。
そして気になる二の腕をふんわりぼかすチュールが、女性らしい柔らかさを与えてくれます。

ホワイトとネイビーを基調としたシンプルなコーデ。
トップスとスカートでフィット&フレアーを叶えています。
デコルテや3首(首・手首・足首)の肌見せで、清潔感がありながらも女性らしい印象です。

接近戦の時代は終わった。

メイクや香りなど、接近戦に頼る時代はもうおしまい。
10m離れていても(あれ、この人美人かも…?)と思わせる“シルエット美人”になりましょう。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

秘密のキーワードは「X」!?スタイル美人に学ぶシルエット作りの4つのコツ

秘密のキーワードは「X」!?スタイル美人に学ぶシルエット作りの4つのコツ

  • Mokha公式
  • 23774view
あくまで美人“風”。誰にも教えたくない秘密のメイク、ガチな雰囲気美人のつくり方

あくまで美人“風”。誰にも教えたくない秘密のメイク、ガチな雰囲気美人のつくり方

  • だいふく公式
  • 115179view
そこそこ美人から、‘かなり’の美人になるの。20分の○○で自分をアップデート!

そこそこ美人から、‘かなり’の美人になるの。20分の○○で自分をアップデート!

  • __imarin.公式
  • 13482view
美人はムリでも「美人風」になる!ぱっと見の印象をキレイに見せるメイクの掟

美人はムリでも「美人風」になる!ぱっと見の印象をキレイに見せるメイクの掟

  • hota公式
  • 13952view
暑くて服を選ぶ元気もない?雰囲気美人なワンピースで、夏のおしゃれを制しましょ

暑くて服を選ぶ元気もない?雰囲気美人なワンピースで、夏のおしゃれを制しましょ

  • まりん公式
  • 21625view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

kuu公式

新しい"カワイイ"を知りたい

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。