集まれチョコミン党!名品はここに。カルディが誇るチョコミントコレクション

コーヒーと輸入食品のお店として品揃えにマニアも多いKALDI(カルディ)。チョコミントを愛して止まないチョコミン党の皆さんからもラブコールが鳴り止みません。有名どころの「TimTam(ティムタム)」や「Andes(アンデス)」に加えて「こんなものまでチョコミントなの?」と驚くおもちやホットドリンクまで10品をご紹介。

チョコミン党のみなさんへ

チョコミン党のみなさんへ

コーヒーと輸入食品のお店『カルディコーヒーファーム』。
ここでしか買えないお菓子や食品も多く度々話題になりますが、今回伝えたいのは何と言ってもこれ。

「カルディはチョコミントの宝庫である」

どういう事?と思った方も読み進めていただければ納得するはず。
カルディで出会える名品10選をご紹介します。

1. アンデス

1. アンデス

まずは『Andes MINT PARFAIT THINS(アンデス ミントパフェシン)』。
ミントチョコでミルクチョコをサンドした「ザ・チョコミント」とも言える一品。
ミントのスーッとする感じとチョコがもつ甘さがバランスよくマッチしています。

こちらは『Andes CREME DE MENTHE THINS(アンデス クリームミントシン)』。
上とサンドが逆になっていてミルクチョコの間にミントチョコを挟んだものです。
挟み方の違い故に味も若干違い、好みによるとのことなので、一度食べ比べてみたいところ。
個包装になっているのでみんなでシェアしながら食べてみるのも楽しいかもしれません。

2. アフターエイト

2. アフターエイト

お次は『Nestle After Eight(ネスレ アフターエイト)』。
薄いビターチョコレートでミントクリームを挟んだお菓子です。
一時期その美味しさがネットで話題となり、売り切れ続出となった事も…。
ほのかに甘いチョコレートとスースーしすぎないミントの絶妙な風味が大人受けする味わいになっています。

こちらはスティックバージョン。
個包装されたキューブのアフターエイトがコロコロ入っています。
「アフターエイト」とは英国の風習で夜の8時以降にリラックスしながらお菓子やリキュールを楽しむというもの。
そんなコンセプトにも魅力がたっぷり詰まったお菓子です。

3. トリアノン ミント

3. トリアノン ミント

続いては『Trianon Crispy Chocolate Mint(トリアノン クリスピーチョコレート ミント) 』。
ダークチョコレートにミントを加え、パリッと食感のチョコレートに。
クリスタルシュガーが練りこまれているので、そのザクザク食感がやみつきになる人続出。

こちらは『Trianon Sticks Chocolate Mint(トリアノン スティックチョコレートダークミント)』というスティックタイプのもの。
スティック状のダークチョコレートの中には端から端までミントクリームが。
ほのかな甘さと爽やかな余韻が残ります。

4. ミントゼリーチョコ

4. ミントゼリーチョコ

続いてはこちら『Mint Jelly Choco(ミントゼリーチョコ)』。
さすがカルディのオリジナル商品なだけあって絶妙なポイントを突いてきますね。
名前通りミントゼリーをチョコレートでコーティングしたものです。
グミみたいと言われている食感が気になって、手に取らずにはいられません。

中身はこんな風にコロコロっと可愛いフォルムのチョコレート。
一口サイズで手軽に食べられてしまうので、思わず袋に伸びる手が止まらなくなりそう。
チョコの甘みもミントの爽やかさもそれぞれしっかりしていながら絶妙な風味になっています。

5. ミントチョコキャンディ

5. ミントチョコキャンディ

チョコレートづくしのお次は『STORCK Mint Chocs(ストーク ミントチョコキャンディ)』。
ココア風味のフィリングを加えたミントのキャンディです。
緑の可愛い包み紙を開くたびに気分も上がります。

そしてこちらもかつては売り切れ続出となったカルディのオリジナル商品『チョコミントキャンディ』。
スースーしすぎない優しいミントと、ほんのりチョコの甘さと香りが特徴。
チョコとミント2色がぎゅっと混ざった可愛らしい見た目にも惹かれてしまいます。

6. チョコミントもち

6. チョコミントもち

こちらも一躍話題となった『Choco Mint MOCHI(チョコミントもち)』。
ミント味のおもちでチョコクリームとマシュマロを包んであります。
「もちもち伸びーるおもちがたまらない」なんてリピーターが続出。
冷蔵庫で冷やしてあげるとまた一味違った味わいも楽しめます。

パッケージが可愛くで思わず衝動買いしてしまいそうですが、
お皿に並べてあげればチョコミン党の友達が遊びに来たときのおもてなしにだってピッタリ。
個包装なので好きな時に好きな分だけ食べることができちゃいます。

7. ティムタム

7. ティムタム

お次はこれまた人気のお菓子シリーズ『TimTam CHOC MINT(ティムタム チョコミント)』。
もともと海外特有のとにかく甘いお菓子の1つとしても有名なティムタムですがこちらの味も例外ではありません。
甘党×チョコミン党なんて人には絶対に食べて欲しいお菓子です。

中を見るとビスケットに挟まれてミントクリームがびっしり。
カルディはコーヒーのお店という事もあり、この甘さが苦味のあるコーヒーとの相性も抜群であるとオススメされています。
是非コーヒーと合わせて至福のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

8. アーノッツバイツ ミントスライス

8. アーノッツバイツ ミントスライス

そして最近カルディにも仲間入りしたのがこちらの『ARNOTT'S bites Mint Slice(アーノッツバイツ ミントスライス)』。
ティムタムを一口サイズにしたもので、チョコレートの濃厚な甘さととろーり爽やかな風味のミントクリームは健在。

1袋に2つずつと個包装になっているのがこれまた嬉しいポイント。
「ちょっとした時にすぐ食べられる」という意見や「しっかり甘いので一袋で十分」など人それぞれこのサイズ感を楽しんでいる様です。

9.ミントココア

9.ミントココア

最後に紹介するのが『ミントココアスティック』。
飲み方はいたって簡単、お湯にスティック1本分を溶かすだけ。
少量を溶かしてから氷を加えればアイスでも飲めるので1年中ストックしておきたいところ。

ペパーミントと濃厚なリッチココアが香り至福のひと時をお届け。
トップクラスのチョコミン党の方はチョコミントのお菓子のお供にだってしちゃいます。
ほっと温まりたいシーンでもカルディはチョコミントをお届けしてくれるんです。

10.チョコミントドリンク

10.チョコミントドリンク

そしてまたもチョコミン党のみなさまは見逃し厳禁な新商品が登場したのです…。
その名も『Chocolate MINT Drink(チョコミントドリンク)』。
本場ベルギー産のチョコレートをふんだんに使い、爽やかなミントの風味を引き立ててくれます。

数あるチョコミントドリンクの中でも「濃厚なチョコミントドリンク」という感想が多く、まとめ買いをする中毒者が続出。
日々チョコミント商品を生み出しているカルディだけあって、マニアからの評価も高い商品として話題になっています。

カルディへ急がなくっちゃ

カルディへ急がなくっちゃ

気になるものはみつかりましたか?
チョコミン党の人も、そうじゃないけどちょっぴりチョコミントが気になっちゃった人も、

「さぁ、カルディに急がなくっちゃ!」

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。