SPFとPAの違いって?肌を焼かないために知っておきたい日焼け止め基礎講座

紫外線が気になる季節になると、とりあえず買った日焼け止めをとりあえず塗る。それで満足していませんか。今回は日焼けする前に知って欲しい日焼け止めの基礎についてご紹介します。意外と知らないSPFとPAの違いから、最近話題のおすすめ日焼け止め商品まで。焼かない紫外線対策、はじめましょう。

焼ける原因は「とりあえず」にあり?

だんだんと紫外線が気になるこの季節。

とりあえず買った日焼け止めを、とりあえず塗っているのに、あまり効果を感じられない。

その原因は、日焼け止めについての正しい知識がないからかもしれません。

ということで今回は、焼ける前に知っておきたい
・紫外線
・日焼け止め用語
・おすすめの日焼け止め商品
についてご紹介します。

1限目:実は3種類ある紫外線

一般的に「紫外線」と言っても
実は、紫外線には
・紫外線A波(UVA)
・紫外線B波(UVB)
・紫外線C波(UVC)
の3つの種類が存在します。

市販で販売されている
日焼け止めの多くは
主に紫外線A波、B波をカットするもの。


紫外線A波(UVA)とは?

紫外線A波とは、全紫外線の中で最も比率の高い種類。

紫外線によってシミやしわなどが発生するのは紫外線A波が関係していると言われています。

UVAは、地表に届く全紫外線のうち約95%を占めます。それ自体のエネルギーは弱いものの、照射量が多く、浸透力が高いので肌に与える影響は深刻。

出典:www.nihon-loreal.jp

紫外線A波(UVA)はシミやしわの発生に大きく関わっているといわれています。
波長が長い分、肌の奥深くまで到達し、様々な影響を及ぼします。
雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でもしっかり紫外線A波(UVA)を防ぐことが必要なのです。

出典:jp.rohto.com

紫外線B波(UVB)とは?

紫外線A波が肌の奥へと浸透していくのに対して、紫外線B波は、肌の表面で吸収されます。
そのため、紫外線による日焼けは主に紫外線B波によるもの。
日焼けによるシミやソバカスなどの原因とも言われています。

UVBは、全紫外線の約5%を占めます。おもに肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、UVAより強いエネルギーを持ちます。浴びたUVBは表皮に影響を与え、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり(サンバーン)、メラニン色素が沈着して褐色になったり(サンタン)、シミやソバカスの原因にもなります。

出典:www.nihon-loreal.jp

⇒まとめ

これらをまとめると
・紫外線A波は肌の奥深くに浸透し、シミやしわなどの原因になる
・紫外線B波は肌の表面に吸収され、日焼けやシミ、ソバカスなどの原因になる
ということになります。

紫外線について学んだら、次は意外と知らない「日焼け止め用語」について学習していきましょう。

2限目:意外と知らない日焼け止め用語

?size=l

日焼け止めのパッケージに必ずと言っていいほど記載されている「SPF」と「PA」。
わざわざ記載されているくらいなんだから、何かしらの効果はあるんだろうな~~~とは思いつつも、これがどういう意味を表しているのかはいまいちわからない…なんて読者さんは多いはず。

SPFとは?

?size=l

SPFとは「Sun Protection Factor」の略。
日焼けやシミの原因となる紫外線B波(UVB)を防ぐ効果を表す目安の数値で、数字が大きいほど効果が高くなると言われています。

そのため、SPF35とSPF50+の日焼け止めが並んでいたら、何となく数値が高いほうを選んでしまいがちですよね。

しかし、SPFの数字が高いからと言って、完全に日焼けをしないというわけではないんです。

SPFのあとに続く数値は、「この日焼け止めを塗った場合、何も塗っていない素肌と比べて何倍の紫外線に耐えられるか」を表しています。

出典:woman.mynavi.jp

紫外線が当りだしてから日焼けしてしまう(=紅斑といって赤い斑点が出て炎症を起こしている状態)まで、人によって個人差がありますがだいたい15分~20分と言われています。それをたとえばSPF30なら30倍遅らせることができる…という意味です。

出典:www.ci-labo.com

?size=l

どういうことかと言うと、SPFの数字が大きくなればなるほど、日焼けするのを遅らせることができるのです。

日焼けをするまでに10分かかるMERY子さんが、SPF50の日焼け止めを塗ったとしましょう。
日焼け止めを塗らないと10分で日焼けしてしまったのに対して、日焼け止めを塗ると日焼けをするまでに10分×50倍=500分(約8時間)延長することができるということです。

しかし、日焼け止めを塗ったからと言って、完全に日焼けを延長することができるというわけではありません。

日焼け止めを塗っても、汗をかいて日焼け止めが落ちてしまったり時間が経つとムラになりやすいので、2~3時間ごとなどこまめに塗り直すのが効果的です。

PAとは?

?size=l

SPFと同様に日焼け止めには必ず表記されているPA。

PAとは「Protection Grade of UVA」の略で、名前からもわかるようにシミやしわの原因となる紫外線A波(UVA)を防ぐ効果の目安を表す指標です。

PAは+で効果の目安が表されており、PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階で表されます。

+の数が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が高いと言われています。

しかし、PAもSPF同様、効果が高けれさえすれば、完全に日焼けをしないというわけではありません。

PAはSPFと同じく「素肌と比べて何倍の紫外線に耐えられるか」を測定して決めているのですが、SPFは肌が赤くなるまでの紫外線量であるのに対し、PAは「黒斑が確認されるまでの紫外線量」を比較しています。

出典:woman.mynavi.jp

SPFやPAの効果が強いほど、肌への負担も大きくなるので、近所のスーパーに出かける用、1日中で外で遊ぶ用など、シーンによって日焼け止めを使い分けてあげるのがおすすめです。

⇒まとめ

これらをまとめると
・SPFは、日焼けやシミ、ソバカスの原因となる紫外線B波を防ぐ効果の目安で、数値が高いほど効果が高い
・PAは、シミやしわの原因となる紫外線A波を防ぐ効果の目安で、+が多いほど効果が高い
・しかし、SPFもPAも効果が高いほど、肌への負担が大きいためシーンに分けて使用する
・また、日焼け止めは2~3時間ごとに塗り直すことが大切
ということです。

3限目:おすすめの日焼け止め

紫外線予報 / UVさらさらジェル

?size=l

こちらは、紫外線予報の「さらさらUVジェル」。
SPF30、PA+++の日焼け止めなので、日中は室内にいる日や近所のスーパーにでかける時などにおすすめ。

サラッとした使い心地で、日焼け止めを塗った後でもすぐに服を着ることができます。
また、石けんで簡単にオフすることができるのもうれしいポイントです。

白くて柔らかい乳液みたいな感じです。塗ってみたら、すぐにさらっとして、潤いとかも少し感じることができます。べたつきがないのでとても使いやすいと思いました。

出典:www.instagram.com

紫外線予報 UVさらさらジェル(250g)

楽天市場

商品

紫外線予報 UVさらさらジェル(250g)

¥1,728

名前の通り、さらさらしたジェルが体にスッとなじむので、日焼け止め特有のドロッとした感じが苦手な人にもおすすめです。

スキンアクア / モイスチャージェル

?size=l

次にご紹介するのは、スキンアクアから発売されている「モイスチャージェル」。
SPF35、PA+++の日焼け止めなので、さらさらUVジェルよりもちょっぴりSPFが高めです。

まるで化粧水のような軽い使用感のジェルで、体にスーッとなじんでくれます。
また、ジェルタイプなので、顔に塗っても白くならないのがおすすめポイントです。

スキンアクア モイスチャージェル(110g)

楽天市場

商品

スキンアクア モイスチャージェル(110g)

¥598

化粧水をつけているかのような水感あふれるモイスチャージェル。コンパクトなサイズ感なので持ち運びにもぴったりです。

アネッサ / パーフェクトUV アクアブースター

?size=l

SPF50+、PA++++で、SPF・PAともに最高値のアネッサ「パーフェクトUV アクアブースター」。
1日中屋外にいる日など、紫外線に当たる時間が長い際におすすめな日焼け止め。

ウォータープルーフタイプで汗をかいても落ちにくいのに、石けんで簡単にオフすることができちゃう優れもの。
サラサラとしたテクスチャーで、スーッと伸ばしながら体に塗ることができます。

肌にのせると水のようにスーッと伸びて白浮きもしないので塗りやすい◎
サラサラな付け心地でベタつきがないのに驚きました

出典:www.instagram.com

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

楽天市場

商品

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

¥3,240

言わずと知れたアネッサの日焼け止め。紫外線を多く浴びる日などは、SPF・PAが高い日焼け止めで紫外線をカットしちゃいましょう。

ニベア / ニベアサン クリームケアUVクリーム

?size=l

こちらは、ニベアの「ニベアサン クリームケアUVクリーム」。
先程紹介したアネッサと同じ、SPF50+、PA++++の日焼け止めです。

ニベアの青缶にも使用されているホホバオイル、スクワランが配合。
また、高保水型ヒアルロン酸を加えたしっとりとした使い心地で肌を保湿しながら、日焼け対策もできちゃいます。

伸びがよくてしっとりした使い心地。
ニベア青缶と同じ保湿成分だそうです。
香りもきつくないので使いやすいです👌🏻

出典:www.instagram.com

ニベア ニベアサン クリームケアUVクリーム

楽天市場

商品

ニベア ニベアサン クリームケアUVクリーム

¥878

@コスメベストアワード2017の上半期新作ベスト日焼け止め部門で第2位を獲得したニベアの日焼け止め。
しっとり、だけど、ベタベタしない使用感で、肌を保湿しながらUVカットができちゃいます。

正しい知識でやかない紫外線対策を

紫外線対策のために、とりあえず塗っていた日焼け止め。
調べてみると、案外、奥深いですよね。

これからは正しい日焼け止めの知識で、焼かない紫外線対策をはじめましょう。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

焼けたくないよ~。を阻止する日焼け止め!値段別でおすすめアイテムを一挙公開

焼けたくないよ~。を阻止する日焼け止め!値段別でおすすめアイテムを一挙公開

  • Chan_mo公式
  • 13274view
メイクの上から日焼け止めは使えない?パウダー・スプレー・スティックでお直し可能

メイクの上から日焼け止めは使えない?パウダー・スプレー・スティックでお直し可能

  • vanillank公式
  • 30320view
日焼け止め正しく塗れていますか?ギラギラ太陽を味方にする紫外線BLOCK講座

日焼け止め正しく塗れていますか?ギラギラ太陽を味方にする紫外線BLOCK講座

  • mayapi公式
  • 8580view
今年の夏の相棒はキミだけじゃないよ!日焼け止めを使い分けて賢い白肌マスターに

今年の夏の相棒はキミだけじゃないよ!日焼け止めを使い分けて賢い白肌マスターに

  • MERYEDITORS公式
  • 8861view
日焼け止めは塗りやすさを重視したい。ジェル・スプレータイプの日焼け対策

日焼け止めは塗りやすさを重視したい。ジェル・スプレータイプの日焼け対策

  • ゆいふぉい公式
  • 6035view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

chanday公式

快適で楽な旅がしたい

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。