苦しいほどにガーリー、衝撃的イノセンス。ソフィア・コッポラ監督作品の魅力とは

女性から圧倒的な支持を集めるソフィア・コッポラ監督作品の魅力とおすすめの鑑賞方法を紹介します。彼女の代名詞的名作『ヴァージン・スーサイズ』、孤独な男女の交流を描いた『ロスト・イン・トランスレーション』。他に『マリー・アントワネット 』『SOMEWHERE』『ブリングリング』などの作品の魅力に迫ります。

ソフィア・コッポラ監督作品

出典: shutterstock

ガーリーカルチャーを語る上で欠かせない存在となっている映画監督、ソフィア・コッポラ。MERY読者の皆さんも、1度はどこかで名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

出典: shutterstock

そんな彼女の作品は、ガーリーファッションを好きな女子を中心に圧倒的な支持を誇っています。
誰もが経験する少女〜女性特有の繊細な感情を、その映像と音楽のセンスで活き活きと、時に切なく描ききった作品に世界中の女性が共感しているのです。

今回はそんなソフィア映画の魅力を5つの代表作とともにご紹介します。

1.『ヴァージン・スーサイズ』

出典: shutterstock

まずはじめに、初監督作品かつソフィアの代名詞とも呼べる切ない青春ムービーをご紹介します。この映画のガーリーな世界観にインスピレーションを受けたアーティストは数え切れないほどの名作です。

*あらすじ*

美しくてかわいく、それでいてどこか謎めいたところのあるリズボン家の5人姉妹。ヘビトンボが、美しい郊外の街を覆いつくす6月、そんな5人姉妹の末妹セシリアが聖母マリアの写真を胸に抱きながら、剃刀で腕を切った。一命はとりとめたものの、彼女は数日後、自宅で開かれたパーティーの最中、窓から身を投げて命を落とす。繊細でかつ危うさを秘めた思春期の少女達の揺れ動く心情を、巨匠F・F・コッポラの娘にしてこれが監督デビュー作のソフィア・コッポラが瑞々しいタッチで描いたドラマ。

出典:www.allcinema.net

ヴァージン・スーサイズ

商品

ヴァージン・スーサイズ

少女たちの苦しさや切なさの感情を繊細に映し出す美しい映像に、魅了されること間違いなし。監督のこだわりが感じられるインテリアやファッションにも注目です。

出典: shutterstock

本当に多くの女の子にこの作品が支持されてきた理由は、辛くて悲しくてどうしようもない時にも共感できるセリフがちりばめられているからです。

私たちが普段当たり前に使う〈ガーリー〉という言葉に込められた、本当に女性が大切にしたい気持ちを描いているのがこの作品の魅力です。

2.『ロスト・イン・トランスレーション』

出典: shutterstock

続いて紹介するのは、その年の映画賞を総ナメにし、ソフィアの実力と評価を世に知らしめることになった作品です。孤独な男女の心の交流を描いたこの作品の舞台はなんと、日本。

*あらすじ*

ハリウッドのスター、ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)はウイスキーのCM撮影のために来日し、滞在先のホテルへと向かっていた。ホテルで出迎える日本人スタッフに軽く挨拶をし部屋に入るとアメリカの妻からファックスが入る……。

出典:www.cinematoday.jp

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

商品

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

¥3,256

CM撮影のために来日したハリウッドスターと、夫の仕事のために日本に滞在する若いアメリカ人妻。互いに孤独を抱える2人の心の交流が東京を舞台に描かれます。幻想的な東京の風景と俳優陣の演技に注目です。

3.『マリー・アントワネット』

出典: shutterstock

続いての作品は、女の子なら誰もが憧れたことのある豪華絢爛なお城とドレスに身を包んだ、マリー・アントワネットが主人公の大作。

*あらすじ*

14歳のオーストリア皇女(キルステン・ダンスト)は、母マリア・テレジア(マリアンヌ・フェイスフル)の命令でフランス王太子(ジェイソン・シュワルツマン)に嫁ぐことになる。期待を胸に馬車に乗り込んだ彼女だったが、国境では衣装から下着までをフランス製のものに変えさせられ、愛犬まで取り上げられてしまう。

出典:www.cinematoday.jp

マリー・アントワネット

商品

マリー・アントワネット

¥1,640

"恋をした、朝まで遊んだ、全世界にみつめられながら。"というキャッチコピーが秀逸。
少女から王妃へと変貌していくマリー・アントワネットの姿を、マカロンカラーの映像で美しく描きます。

出典: shutterstock

実際のヴェルサイユ宮殿で撮影された豪華なこの作品で注目したいのは、その繊細な色使い。ドレスや部屋の壁の色が、主人公の感情とリンクし、より一層美しい世界観を描きだしています。

4.『SOMEWHERE』

出典: shutterstock

こちらは、父と娘の穏やかな夏のひと時を描いた作品です。今や世界的ミューズとなった当時12歳のエル・ファニングが娘役として出演しています。

*あらすじ*

ロサンゼルスのホテルで派手な暮らしを送るハリウッド・スターのジョニー・マルコ(スティーヴン・ドーフ)だが、別れた妻のもとで暮らしていた11歳の娘クレオ(エル・ファニング)をしばらくの間、預かることになる。騒々しい日常は一転、クレオとの楽しく穏やかな日々が過ぎていく。そして、再び離れ離れになる日が訪れるが……。

出典:www.cinematoday.jp

somewhere

商品

somewhere

¥2,873

豪華な生活をしていても虚無感を抱えている父親は、娘と過ごすゆったりとした時間の中で忘れていた大切な感情を思い出していきます。ソフィアの音楽センスがキラリと光る作品です。

5.『ブリングリング』

出典: shutterstock

最後にご紹介するこちらの作品は、エマ・ワトソンが窃盗を繰り返す危ういティーンエージャーを演じ話題となりました。
(この作品はR15+です)

*あらすじ*

セレブの豪邸が立ち並ぶ高級住宅街カラバサス、華やかな生活に憧れを抱くニッキー(エマ・ワトソン)ら5人の少年少女たちは、パリス・ヒルトンやオーランド・ブルームなどセレブの豪邸をインターネットで調べ、留守宅への侵入と窃盗を繰り返していた。それはほんの悪ふざけのつもりだったが、やがて彼らは後戻りできないところにまで足を踏み入れてしまう。

出典:www.cinematoday.jp

ブリングリング

商品

ブリングリング

¥2,000

華やかでキラキラした生活に憧れるのは全世界の女の子共通!でもそのためにスターの家に侵入を繰り返すなんて、どんなぶっ飛んだ女の子だろう、と思うかもしれませんがこれは実際の事件に基づいた物語。アメリカの現代っ子たちの感覚がのぞけます。

おすすめの鑑賞法:音楽に注目する

出典: shutterstock

ソフィア映画を鑑賞する上で注目したいのが、センス抜群の音楽!
映像の可愛さばかりではなく、場面を盛り上げる音楽に注目することでより深くその作品のメッセージを受け取ることができます。

特におすすめのサントラはこちら!

ロスト・イン・トランスレーション オリジナル・サウンドトラック

商品

ロスト・イン・トランスレーション オリジナル・サウンドトラック

日本語ロックを語る上で欠かせないバンド、「はっぴいえんど」の『風をあつめて』という名曲が収録されています。日本の音楽史に残る名曲をセレクトするソフィアのセンスに脱帽です。

マリー・アントワネット オリジナル・サウンドトラック

商品

マリー・アントワネット オリジナル・サウンドトラック

近世を舞台にした作品に、80年代のロックを掛け合わせてマッチさせてしまうソフィアの発想がすごい。主人公の孤独を理解する上で映画音楽の存在は欠かせません。

ガーリーな世界観にうっとり

出典: shutterstock

ソフィア・コッポラ監督の映画作品とそのおすすめの鑑賞方法をご紹介しました。彼女の作品が女性から圧倒的な支持を集める理由をあなたの目で確かめてみてください。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

映画をもっと、もっと愛したい。大好きな作品をより深く味わうための4step

映画をもっと、もっと愛したい。大好きな作品をより深く味わうための4step

  • rana公式
  • 5545view
繊細×トレンド感。イマドキGIRLは“Sofia”のハンドメイドアクセサリーに夢中♡

繊細×トレンド感。イマドキGIRLは“Sofia”のハンドメイドアクセサリーに夢中♡

  • yurimo公式
  • 5123view
大事なのは顔?それとも性格?大人気作品のメッセージから考える“自分らしさ”

大事なのは顔?それとも性格?大人気作品のメッセージから考える“自分らしさ”

  • lilychild公式
  • 6015view
少女の気持ちは、いつまでも。平成が終わっても憧れる矢沢あい作品・5人のオンナノコ

少女の気持ちは、いつまでも。平成が終わっても憧れる矢沢あい作品・5人のオンナノコ

  • かなへ公式
  • 6693view
韓国マンガも全部無料で!独断と偏見で選ぶ、web漫画アプリ‘XOY’おすすめ作品

韓国マンガも全部無料で!独断と偏見で選ぶ、web漫画アプリ‘XOY’おすすめ作品

  • かなへ公式
  • 5872view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

hota公式

Turn and face the strange *☆

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。