パリに到着したら、私がヒロイン♡旅行前に見るべき3本の映画で巡る9つのスポット

パリに行く前に見ておきたいフランス映画をご紹介。『プラダを着た悪魔』、『Amelie(アメリ)』、『Marie-Antoinette(マリーアントワネット)』からエッフェル塔や凱旋門、ヴェルサイユ宮殿をはじめとした定番の観光スポットや、サクレクール寺院などのモンマルトルのスポットやカフェ、お店をご紹介します。

Bonjour~!Paris~!

?size=l

な〜んて気取れるくらいの知識を、
できれば楽しく、身につけておきたいんです。

そこで今回は、パリに行ったことのある筆者が、
パリに行く前に見ておくべき3本の映画とそのロケ地をご紹介。

?size=l

見たあとは、パリに行くことがさらに楽しみになり、
何を着ていくか、どんなことをするか考えるだけで
ワクワクが止まらないはず。

ロケ地を知っておくことで2倍楽しめる映画で、
パリ旅行をもっと楽しいものにしましょう♡

プラダを着た悪魔

ファッション業界の裏側をちょこっと覗き見

プラダを着た悪魔 (特別編)[DVD]

商品

プラダを着た悪魔 (特別編)[DVD]

¥3,140

ジャーナリストを目指しNYに上京した
主人公が一流のファッション誌RUNWAYのアシスタントに
なってからキャリアをどう積んでいくかという話。

始めは編集長にセンスゼロと酷評されていた、
アン・ハサウェイ演じるアンディが
ファッションに興味を持ち始めて
垢抜けていくところも素敵です。

エッフェル塔

?size=l

主人公がパリへ移動する際にチラッと映るのが、
パリのシンボル的存在である「エッフェル塔」。

日没から24時まで、毎晩ライトアップされています。
さらに毎時00分〜毎時05分の間には、
「ダイヤモンド・フラッシュ」というキラキラとした光り方に。

個人的には夜のライトアップの時に
見に行くのがおすすめです。

※近くではスリが多いので、スマホでの撮影に夢中になって
鞄を取られたりしないように注意してくださいね!

凱旋門

こちらもパリのシンボル的存在である『凱旋門』。

「Oh〜シャンゼリ〜ゼ〜♪」の曲でもお馴染みの
シャンゼリゼ通りに大きくそびえ立つこの凱旋門は、
フォトスポットとしても人気。

アンディがパリに到着し、
車から凱旋門を惚れ惚れと眺めるシーンで登場します。

コンコルド広場

?size=l

こちらは、アンディが最後に編集長と決別する際に、
ケータイを噴水の中に投げ入れ颯爽と去っていく
シーンで登場する『コンコルド広場』。

近くには観覧車や石碑や公園などがあり、
多くの人で賑わっている観光スポットです。

一方、でルイ16世やマリー・アントワネットが
フランス革命時に処刑された過去を持つ場所でもあります。

垢抜けた時のアンディがお手本♡

BASIC SUNGLASSES オーバル ベーシック サングラス

ZOZOTOWN

商品

BASIC SUNGLASSES オーバル ベーシック サングラス

¥3,240

Zoff(ゾフ)

縁が太く、大きめのレンズが使われたサングラスをかけて颯爽とNYの街を歩いていたアンディ。そんな彼女みたいに、お洒落なサングラスが使いたくて。

2wayスワンプリントツイードワンピース

商品

2wayスワンプリントツイードワンピース

¥17,280

snidel(スナイデル)

スワンがプリントされたツイード素材のワンピース。
取り外してビスチェとしても使えます。

Amelie

最後にはアメリを100%好きになってる!

アメリ [Blu-ray]

商品

アメリ [Blu-ray]

¥1,998

小さい頃から妄想が大好きな、
ちょっぴり変わった女の子のアメリ。

彼女が好きなことは、クレームブリュレの焦がされた
部分をスプーンで割ること、
周りの人にちょっぴりいたずらをしかけて
幸せにすること。

そんな彼女が写真家のニノに一目惚れをしてから
2人が恋に落ちるまでを描いた、
優しく面白く、印象に残るストーリーになっています。

カフェ・デ・ドゥー・ムーラン

?size=l

大人になったアメリが働いているカフェとして登場する
『Café des Deux Moulins(カフェ・デ・ドゥー・ムーラン)』。

ここでは紅茶などの飲み物+クレームブリュレを
食べられるアメリセット(9€)が堪能できます。

店内やお店の外にはアメリのポスターが。
朝7:30からオープンしていて人も少ないので、
朝早いうちに行っておくのがおすすめです。
(土日は8:00オープン)
※価格は記事執筆時のものになります。

オ・マルシェ・ドゥ・ラ・ビュット

?size=l

冒頭で登場するアメリが好きなことを
紹介するシーンで登場するのはこちらの
『AU MARCHE DE LA BUTTE(オ・マルシェ・ドゥ・ラ・ビュット)』という八百屋さん。

豆袋に手を突っ込むことが大好きなアメリが
楽しそうにしているシーンは見ているだけで笑ってしまうはず。

こちらもお店の外などにはアメリのポスターがたくさん貼られています。

サクレ・クール寺院

?size=l

アメリが妄想を繰り広げるシーンや
ニノに公衆電話をかけて離れた所から見守って
やりとりするシーンで登場するのが、
こちらの『サクレ・クール寺院』。

チケットを買って300段の階段を登って
塔の上からパリ市内を一望するのもおすすめです。

また寺院内で販売されている
メダイもとっても可愛いので気になる方は要チェック。
(寺院の中では祈祷されているのでお静かに)

電話してるアメリが可愛いから真似っこ!

シルク ドット スカーフ 55×55

ZOZOTOWN

商品

シルク ドット スカーフ 55×55

¥10,800

Fiorio(フィオリオ)

頭にスカーフを巻き、サングラスをかけて、
一応バレないように変装しているアメリ。

そんな彼女の真似っこがしたくて、
スカーフが欲しくなってしまうはず。

トレンチコート

商品

トレンチコート

¥25,920

snidel(スナイデル)

やっぱり海外の風景に自然に溶け込むアウターと
言えばトレンチコート。

これ1枚もっておけば、写真映えも間違いなし♡

半袖リブニットセットアップ

ZOZOTOWN

商品

半袖リブニットセットアップ

¥11,880

Mila Owen(ミラ オーウェン)

赤や緑の原色のお洋服は、
アメリのトレードマーク的存在とも言えるでしょう。

そんなアメリに憧れて、
真っ赤なセットアップを着てみるのもアリ。

バレエローヒールシューズ

ZOZOTOWN

商品

バレエローヒールシューズ

¥4,309

HusHusH(ハッシュアッシュ)

ローヒールがついたバレエシューズ。

石畳が多いパリ市内は、
ぺたんこシューズだとちょっぴり辛い。

お洒落しておでかけしたいなら、
安定感のあるヒール付きの歩きやすいシューズを。

Marie-Antoinette

夢のようなソフィア・コッポラのガーリー世界

マリー・アントワネット(通常版)[DVD]

商品

マリー・アントワネット(通常版)[DVD]

¥1,640

この映画を手がけたのは独特のガーリーな世界観と
映像美で知られるソフィア・コッポラ監督。

実話に基づき、マリーアントワネットが
オーストリア王女からフランス王妃となり、
ヴェルサイユ宮殿を追われるまでを描いた作品です。

驚くことに、実際にヴェルサイユ宮殿で
3ヶ月間の間、非公開の場所も鍵を開けて
撮影したんだとか。

小道具・音楽・衣装まで全てガーリーな世界観で
溢れていて、1秒も目が離せないはず♡

ヴェルサイユ宮殿

何度も映画の中で登場する、
世界遺産の『ヴェルサイユ宮殿』。
大きな門は2重になっていて、こちらは内側の門。

最初は、マリーアントワネットがフランス王妃として
馬車でヴェルサイユ宮殿にやってきて
多くの高階級の人々に冷たい視線を向けられながら
迎えられるシーンで登場します。

また、ヴェルサイユ宮殿に行くのであれば
欠かせない部屋である『鏡の間』では、
ルイ15世の公妾(=王の愛人)である
デュ・バリー夫人とマリーアントワネットが挨拶をし、
すれ違うシーンで使われています。

プチ・トリアノン宮殿

?size=l

堅苦しい宮殿での生活に嫌気が差した彼女にとっての
癒やしの存在であった『プチ・トリアノン宮殿』。

元々はルイ15世のもう1人の公妾であるポンパドゥール夫人の
ために建てられたものでしたが彼女の死後は
ルイ16世からマリーアントワネットへとプレゼントされました。

友人や愛人のフェルゼンとここで密会をしたり
パーティーをするシーンで登場します。

王妃の村里

?size=l

マリー・アントワネットは、『プチ・トリアノン』の中に
さらに水車小屋や庭園がある農村を作らせます。

羊やアヒル、白鳥などの動物が現在も生息していて、
宮殿の華やかさとは違ったナチュラルテイストな可愛さを感じられます。

息抜きで友人や娘と一緒にナチュラルな白のワンピースで
ここへ遊びに来るシーンは見ていてうっとりしてしまうはず。

農村に来たナチュラルテイストな彼女に憧れて

ダブルリボンベロアヘアゴム

ZOZOTOWN

商品

ダブルリボンベロアヘアゴム

¥1,177

titivate(ティティベイト)

ベロア素材の可愛らしいヘアゴム。
リボンはダブルリボンになっていて、
さりげなく華やかさをプラスしてくれます。

リネンレースアップワンピース

商品

リネンレースアップワンピース

¥18,360

snidel(スナイデル)

2018S/Sの注目素材とも言えるリネン素材。

「ナチュラルな素材をワンピースに取り入れて、
気張りすぎない、脱力感のあるお洒落を
彼女もしたい瞬間があったのかな…」と想いを馳せて。

パリ旅行、楽しんで♡

?size=l

①プラダを着た悪魔
②アメリ
③マリーアントワネット

をご紹介しました。
あなたも、パリ旅行に行く際には、
この映画を見てロケ地巡りをしてみては?

関連する記事

こんな記事も人気です♪

気分はシャンゼリゼ通りを颯爽と歩くパリジェンヌ。冬の“パリっぽ”コーデ3days

気分はシャンゼリゼ通りを颯爽と歩くパリジェンヌ。冬の“パリっぽ”コーデ3days

  • もこ公式
  • 11210view
『東洋のパリ』について知ってる?ベトナム ホーチミンの徹底ガイド

『東洋のパリ』について知ってる?ベトナム ホーチミンの徹底ガイド

  • cowgirl公式
  • 9148view
北米のパリと呼ばれる街を発見。カナダのモントリオールがかなり素敵...♡

北米のパリと呼ばれる街を発見。カナダのモントリオールがかなり素敵...♡

  • cowgirl公式
  • 1956view
街を歩く気分はパリジェンヌ♡お洒落っ子は訪れたい憧れのフランス・パリ特集

街を歩く気分はパリジェンヌ♡お洒落っ子は訪れたい憧れのフランス・パリ特集

  • tomoka公式
  • 2796view
パリ旅行なら。ブランドコスメが最安?「CITYPHARMA」に行くべき♡

パリ旅行なら。ブランドコスメが最安?「CITYPHARMA」に行くべき♡

  • みね公式
  • 4538view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

suchan88公式

古着など

おでかけ・グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。