シアーなツヤ感VSマットな高発色。日本と韓国のティントを徹底比較しちゃいます

今回は日本と韓国のティントの特徴を比較して、それぞれの定番のティントをご紹介していきたいと思います。今や女の子たちの必需品コスメになった色持ちの良いティント。日本・韓国どちらのティントも各々良いところが沢山あるので比較して自分のお気に入りのアイテムをGETしてみてくださいね。

定番アイテムになった「ティント」

定番アイテムになった「ティント」

今や日本でも欠かせないメイクアイテムとなったティント。ティントとは唇を染めるようにして密着して、落ちにくい効果があるリップですよね。

ティントといえば韓国のコスメというイメージがある方も多いと思いますが、現在日本でもたくさんのブランドからティントが発売されていますよね。そこで今回は日本と韓国のティントを徹底比較してみたいと思います。それぞれの特徴と定番ティントをご紹介していきますよ〜!

日本と韓国のティントを徹底比較!

▷▷Made in Japan

▷▷Made in Japan

日本のティントの特徴、ズバリそれはシアーな発色にツヤ感のあるものが多いこと。日本の女の子たちはがっつり発色のものよりもツヤツヤで程よくクリアな発色をしてくれるリップを付けているイメージがありますよね。

最近ではティントオイルのような保湿力が高く、ティント効果でしっかり色が残ってくれるアイテムに人気が集まっているようです。

(♡)日本で人気のティント

CANMAKE / リップティントシロップ

CANMAKE / リップティントシロップ

出典: lipscosme.com

日本ブランドのティントのさきがけとなったとも言えるCANMAKE(キャンメイク)のリップティントシロップ。「シロップ」という響きがなんとも言えなく可愛らしいネーミングですよね。

塗ってみるとこんな感じ。
ちゅるんとしたツヤと程よく色づくピンク色が可愛いですよね。

サラサラとしたテクスチャーでベタつかないのも嬉しいポイントです。

OPERA / ティントオイルルージュ

OPERA / ティントオイルルージュ

お次は日本の女の子たちの所持率高めなOPERA(オペラ)のティントオイルルージュ。5番のコーラルピンクが「花嫁リップ」と呼ばれたことから話題になったリップでもありますよね。ティントオイルなのに、ルージュタイプのリップなのでとっても滑りがよくスルスル塗ることができます。筆者もこの塗り心地の良さには感動しました!

重ね塗りすれば濃い目の発色にもできちゃうので、気分やファッションに合わせて調節してみましょう。シーンを選ばないカラーバリエーションも◎色持ち・ツヤ感共にデパコスに負けないくらいの優秀リップなので、試してみる価値アリですよ。

Visee AVANT / オイルイン リップティント

Visee AVANT / オイルイン リップティント

出典: lipscosme.com

爆売れコスメをたくさん発売し続けているVisee AVANT(ヴィセ アヴァン)からはオイルイン リップティントをご紹介したいと思います。ほんのり色づいて顔の血色をよく見せてくれますよ。

優しい発色でウルウルの唇を作ってくれます。オイルインというだけあって、潤いのあるテクスチャーでグロスに近いような感覚でした。同系色のリップに重ねて使うのもオススメですよ。

▷▷Made in Korea

▷▷Made in Korea

韓国のティントの特徴はとにかく発色がいいこと!鮮やかなカラーの高発色ティントを使ったグラデーションリップは日本でも流行しましたよね。韓国の女の子のようなメイクをしたい方は発色の良いリップを使えば、韓国っぽさが一気に増すのでオススメです。色の濃い鮮やかなティントを付けることで、肌の色を明るく見せる効果もありますよ。

塗った感じはあまりツヤ感の強いものではなく、マットもしくはセミマットのものが多いです。マットなのにしっかり保湿してくれるアイテムも沢山あるので是非チェックしてみてくださいね。

Peripera / ペリス インク ベルベット

Peripera / ペリス インク ベルベット

出典: lipscosme.com

韓国のティントといえば、こちらのPeripera(ペリペラ)のインクシリーズのティントを見たことがある方も多いのではないでしょうか?見た目がユニークで可愛らしいパッケージのものが多いのも韓国のティントの特徴なんです。

出典: lipscosme.com

ご覧の通りの高発色。とっても発色がいいので、グラデーションリップにしても存在感がありそうですね。

そしてこのティントは色持ちが良いことでも有名なんです。マットな仕上がりも◎

ETUDE HOUSE / ディアダーリン ウォータージェルティント

ETUDE HOUSE / ディアダーリン ウォータージェルティント

出典: lipscosme.com

次に紹介するのは日本にもたくさんの店舗を構える大人気ブランド、ETUDEHOUSE(エチュードハウス)のディアダーリン ウォータージェルティントです。こちらのティントはウォータージェルのみずみずしいテクスチャーで、しっかりと唇に染み込んで発色してくれます。

出典: lipscosme.com

高発色なのに、自然な発色なので薄いメイクの日などにもオススメ。税込み519円というプチプラで、カラーバリエーションが豊富なので何本も買ってしまいそうなアイテムです。

出典: lipscosme.com

韓国のアパレルブランドSTYLE NANDA(スタイルナンダ)初のコスメブランド3CEは日本でも高い人気を集めていますよね。そんな3CE(スリーコンセプトアイズ)からはタトゥーリップティントをご紹介したいと思います。このティントはとろみのあるテクスチャーでしっかり唇を保湿しつつ、素晴らしい高発色をしてくれるんです。

3CE / タトゥーリップティント

3CE / タトゥーリップティント

白い肌に濃い目のリップがよく映えていますよね。また、このティントは食事をしても色が残ってくれるので、血色が悪くなってしまうのを気にせず楽しめそうです。

結局どっちも欲しい!

結局どっちも欲しい!

日本と韓国のティントの違いはお分かりいただけましたか?それぞれ良いところがあって、気になるアイテムもたくさん。欲しいアイテムがまた1つ増えちゃいました。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。