さり気ないから、儚くて。洗練された個性を魅せる「インナーカラー」のすゝめ

さらっと揺れる髪から覗く、インナーカラー。個性的なだけでなく、その洗練された色でどこか儚いアンニュイな雰囲気をつくってくれます。自分らしい色を出したいのなら、インナーカラーはとってもおすすめ。黒髪にワンカラー入れるだけでもとっても映えますよ。

どこか尊く、どこか儚く

どこか尊く、どこか儚く

「髪色は、個性の象徴」。

自分らしくありたいと願う女性には、個性を大切にしたヘアカラーを。
さらっと流れる髪から見える、インナーカラーは真のアナタを魅せてくれます。

:blue

:blue

冷たくも、強さを見せる青。
爽やかさもあり、どこか冷たい青は落ち着いた清楚なイメージに。

シルバーに近い、薄い青は暗めのベースに映えるカラー。
氷のように冷たく見える青も強い個性が。

:purple

:purple

ミステリアスな雰囲気を出しつつ、女性らしくもある紫。
色の個性も濃淡次第で様々。

青と紫、寒色同士をミックスしても更に深みのある色味に。
ベースが黒髪でも、アッシュカラーでも、透明感たっぷりです。

:pink

:pink

女性らしく、お洒落にも欠かせないピンク。
同系色のベースと合わせても可愛く、ビビッドな色も可愛らしい雰囲気に。

ハイトーンのベースと合わせれば、全体的に柔らかい雰囲気のカラーに。
どんな髪色にも合うピンクは、ポイントカラーにもおすすめです。

:green

:green

どんな色ともバランスの良い緑は、柔らかく優しい雰囲気。
アッシュカラーと合わせれば、透明感もぐっと増します。

耳にかけた時や、髪を結んだ時が可愛いインナーカラー。
緑のポイントカラーなら派手すぎず、落ち着いた雰囲気にも馴染みます。

:white

:white

透明感を重視するならハイライトのような白を。
天使のような可愛い雰囲気で、女の子らしさも忘れません。

ベースが明るい色なら、白のインナーカラーはやりやすいかも。
派手なように見えて、可愛らしい印象もつくります。

:red

:red

黒髪ベースとのギャップが眩しい、ビビッドな赤。
黒とのコントラストは、個性が溢れ格好いい組み合わせ。

:orange

:orange

赤より少し落ち着いたオレンジ。
赤みのある茶髪や他の色とも馴染みやすく、インナーカラー初心者もやりやすいカラーです。

:brown

:brown

ビビッドなカラーに手を出すのは抵抗がある、という方は茶色から慣らして。
全頭カラーはプリンが気になってしまうけど、インナーカラーなら心配ありません。

出典: latte.la

前髪にもカラーを入れて、さらに目立てそうなスタイルに。
ゆる〜く流してアンニュイな雰囲気を際立たせて。

私は、私でいたいから

私は、私でいたいから

出典: latte.la

インナーカラーで、自分らしい色を。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。