新ブランドBRANDNEWOLDまでの軌跡。“eri”から学ぶ洋服の可能性と未来

2017A/Wから本格始動したデニムブランド、BRANDNEWOLD(ブランニューオールド)はご存知ですか?原宿と中目黒にDEPTという名の古着屋を構える、eriさんがディレクションとデザインを担当。注目の新ブランドです。さらに古着屋DEPT、eriさん自身のブランドmother、VTOPIAに焦点を当てご紹介します。

2017、秋冬、始動

BRANDNEWOLDの世界へようこそ

2017年秋冬からデニムに特化したBRANDNEWOLD(ブランニューオールド)というブランドが新しく私たちの元へと届くようになりました。お洒落なブランドネームも一度聴いたら忘れられません。

他では見ることがないくらいに洗練されたデザインに心を奪われてしまう人も多いのではないでしょうか?

誰からも愛されるデニムだからこそ、遊び心感じるデザインに思わずキュン。
そんなアイテムをまずはチェックしてみましょう。

“BRANDNEW/まったく新しい”、 “OLD/古きもの”、2つの単語を組み合わせたブランドネームを体現する、「古きもの」からインスパイアされた「現代の服」の提案に注目。

出典:www.fashion-headline.com

まずはアイテムをチェ~ック!

BRANDNEWOLD BNO BISQUE

ZOZOTOWN

商品

BRANDNEWOLD BNO BISQUE

¥19,440

押さえておきたいデニムトップスもBRANDNEWOLDから登場です。ポケットのさりげない「BNO」のロゴがまた、心をくすぐりますよね。シンプルにシャツに合わせるもニットに合わせるも貴方の感性次第♡

BRANDNEWOLD BNO WIDE PANTS CODE

ZOZOTOWN

商品

BRANDNEWOLD BNO WIDE PANTS CODE

¥29,160

遊び心満点のデザインが可愛すぎるコーデュロイパンツはコーディネートの主役に。デザイン性が高いので一気にお洒落度マシマシです。

BRANDNEWOLD BIGデニムシャツ

ZOZOTOWN

商品

BRANDNEWOLD BIGデニムシャツ

¥24,840

いつだって人気のデニムだって2017A/Wらしさは必要。オーバーサイズなシルエットで肩を抜いて着てあげるとトレンド感もばっちりです。

BRANDNEWOLD

デザイナーの“eri”さんって?

そして、BRANDNEWOLDで気になるポイントはディレクションとデザイナーを担当する“eri”さんの存在。

彼女のこれまでの洋服との軌跡が、今回の新ブランドにも大きく影響しています。

両親が原宿の古着屋「DEPT」を築きあげ、小さなころからファッションと暮らしてきた彼女のセンスはピカイチ。

後を継ぎDEPTをリオープン。今では、自身のブランドも持つ彼女のセンスに深入りしてみませんか?

1983年ニューヨークに生まれ、幼い頃から東京のファッションの中心で育ったeriによって2004年にスタートしたmother。 2012年よりジュエリーブランド“VTOPIA”をスタート。 さらに2015年に自身の父が1980年にアメリカで起業し、 日本のヴィンテージショップの先駆けであった「DEPT」を再スタートさせる。

出典:zozo.jp

新たにデビューしたデニムブランド"BRANDNEWOLD"。ディレクション・デザインは古着屋DEPTのオーナーであり自身のブランドmother 、VTOPIAを手がけるデザイナーのeri。

出典:zozo.jp

@e_r_i_e_r_i
mother

まずは古着屋から世界観を覗き込んで

----- DEPT -----

DEPTの魅力はなんといってもeriさんに選びぬかれた洋服たち。

他の古着屋さんにはないチョイスや、あえてのトレンド感のなさが魅力。
選ばれたアイテムたちはまるで息をしているよう。
どんな時代に誰に着られた結果、この店に来たのだろうか、と思わず考えてしまうような古着たちでいっぱいです。

そんなDEPTは東京に2店舗。

DEPT TOKYO___ nakameguro

?size=l

お洒落なカフェが立ち並ぶ中目黒の中でも存在感を放つ古着屋「DEPT TOKYO」の存在はとても大きい。

色彩豊かなアイテムがとっても惹かれます。古着の魅力が存分に詰まった店舗は空気感すら、魅力。eriさんの世界観を感じたいのなら、ぜひ一度足を運んでみて下さい。

DEPT TOKYO
住所:東京都目黒区青葉台1-13-12
電話番号:03-3780-4455
営業時間12:00~20:00

DEPT TOKYO

DEPT@VACANT___harajyuku

?size=l

広い面積とゆったりとした空間が印象的な2号店、「DEPT@VACANT」

なぜかどこか懐かしくなる、こちらの店舗にはeriさんの激選アイテムがたくさん。
ヴィンテージのアクセサリーなどの小物類は必見です。

DEPT@VACANT
住所:東京都渋谷区神宮前3-20-13 1F
電話番号:03-6459-2962
営業時間:12:00~20:00

DEPT @VACANT

古着に合わせたい“イマ”は?

MM6 Maison Margiela グリッターレタークラッチバッグ

ZOZOTOWN

商品

MM6 Maison Margiela グリッターレタークラッチバッグ

¥34,560

古着と今を繋いでくれるアイテムといえば、鞄や靴。MM6のクラッチバッグを古着の中に取り入れることでより一層、お互いのアイテムの魅力が増します。

アイテムから覗くブランドの魅力

“mother”が生み出す洋服たち

▷▶ SO FAR Rib CardiganⅡ-plain

ハイセンスなeriさんがデザインしたアイテムのブランドといえば「mother」。
羽織るだけでまるで寄り添ってくれるような洋服がたくさん。

まずはこちらのリブカーディガン。

色味と形が特徴的でパッと見ただけで思わず引き込まれます。

袖口の余裕がたまらないですよね。
インナーの合わせ方によっても色々な表情を見せてくれるアイテムです。

メローロックで接ぎ合わせ、軽やかな仕上がりに。
縦横にはしる黒のステッチがピリリとしたアクセント。

出典:zozo.jp

SO FAR Rib CardiganⅡ-plain

ZOZOTOWN

商品

SO FAR Rib CardiganⅡ-plain

¥19,440

mother:デザインだけでなく素材感にもこだわったこちらのアイテムはウール素材で防寒もばっちり。着る人によって雰囲気が変わるカーディガン、貴方ならどう着る?

▷▶ Ginger All-In-One

ふんだんにあしらわれたフリルと絶妙な服と肌との余裕。
やわらかい生地が身も心も包みます。

カーディガンとはまた違うセンスが漂います。

ざっくりあいた背面からはインナーを覗かせて楽しむことができちゃいます。

他では見当たらない切り口のデザインはmotherだからこそ表現できた格好良さ。

薄い生地を二重にしたような独特のふくらみと
ランダムに波打つような立体感のあるダブル楊柳を使用し、
たっぷりとボリューム感がありながら
重たさのないシルエットに仕上がっています。

出典:zozo.jp

Ginger All-In-One

ZOZOTOWN

商品

Ginger All-In-One

¥41,040

mother:オールインワンで一気にその場の主役になれるアイテムはセンスの塊。さあ、どこへ着ていこうか?

“VTOPIA”だからこそ表せる魅力

▷▶ WAVE PIERCE

eriさんが手掛けるアクセサリーブランド「VTOPIA(ユートピア)」も見逃すべからず。

存在感を放つイヤリングはコーディネートの幅を広げます。

ふと見たときに、髪から覗く煌めきに心を奪われてしまうでしょう?

洋服やアクセサリーが絶対的に存在する意味を説明してくれるような、そんなアイテムを取り扱っているのが「mother」です。

WAVE PIERCE

ZOZOTOWN

商品

WAVE PIERCE

¥16,200

VTOPIA:どんなコーデにもひとさじのスパイスとして活躍してくれるのがこのWAVE PIERCE。貴方なら、どんなカラーで合わせたい?

無限の可能性と魅力を秘めた洋服たち

洋服に込められた思いや古着の魅力は手に取った人にしか伝わりません。

あなたもこの魅力にどっぷり落ちてみる?

関連する記事

こんな記事も人気です♪

ずっと見ていられる♡とっておきのiPhoneケースが見つかる厳選3ブランド

ずっと見ていられる♡とっておきのiPhoneケースが見つかる厳選3ブランド

  • cowgirl公式
  • 90536view
大好きなブランドの、大好きな空間がそこに。訪れてみたいブランドカフェ3選♡

大好きなブランドの、大好きな空間がそこに。訪れてみたいブランドカフェ3選♡

  • sayamaru公式
  • 5481view
可愛いブランド見つけた!「cawaii」で大人のkawaii始めましょ

可愛いブランド見つけた!「cawaii」で大人のkawaii始めましょ

  • honoka公式
  • 12669view
足元に「好き」を詰め込んで。キュンキュンが止まらないスニーカーブランド♡

足元に「好き」を詰め込んで。キュンキュンが止まらないスニーカーブランド♡

  • haruna公式
  • 7511view
老舗ブランドの服はどうやってうまれる?デザイナーから探るブランドHISTORY

老舗ブランドの服はどうやってうまれる?デザイナーから探るブランドHISTORY

  • meerkatshiori公式
  • 3104view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

____no_a公式

yorokobi no tane

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。