毛先にひとさじスパイスを。ベースの明るさ別、裾カラーヘアカタログ

インスタグラムや雑誌で見る個性的なカラーをしてみたいけど、浮いちゃうか不安?そんな悩みを持っている方におすすめしたいのが裾カラー。染めるのは「裾」つまり毛先だけなので発色の良いカラーを選んでもやりすぎ感がないお洒落な仕上がりに。今回はベースの髪の明るさ別にかわいい裾カラーをまとめてご紹介します。

全体は勇気がいるけど、裾だけなら…

全体は勇気がいるけど、裾だけなら…

ヘアカラーでイメージチェンジしたいけど全体を派手な色にするのはちょっと…。それなら毛先だけ染める「裾カラー」にしましょ!

染めるのは全体のバランスを見てボブなら2〜3㎝くらい、ロングなら5〜10㎝くらいの範囲。
発色が良いカラーや個性的なカラーを選んでも、街で浮かないちょうど良いお洒落感。

カラーリングによって髪が痛むのが心配な方も、裾カラーなら根元はダメージを受けずに髪を伸ばしていけるので挑戦しやすいですよね。
今回はベースの髪の明るさ別にかわいい裾カラーをまとめてご紹介します。

ベースが明るい髪色なら

ベースが明るい髪色なら

根元が明るいグレージュにブルーがかった紫の裾カラー。寒色特有の透明感がたまりませんね。

ベースは明るめのベージュに赤の裾カラーがキュート。ふわふわに巻くとより裾カラーが引き立ちます。

鮮やかなオレンジ色を毛先ワンカールだけ裾カラー。暖色系は茶系のベースに馴染みやすいですね。

こちらもワンカールぶんがお洒落な裾カラー。ハイトーンなベースにあえて暗めのネイビーを入れているのがハイセンス。

透明感のあるホワイトグレージュに珍しいネオンイエローを組み合わせた裾カラー。

明るいブラウンベージュベースの毛先に入った鮮やかなピーコックグリーン。個性的な色がファッションも格上げしてくれそうです。

ブラウンっぽいベースに毛先をラベンダーピンクにすると全体的に温かみのあるカラーに。

落ち着いた黒髪、暗髪にも

落ち着いた黒髪、暗髪にも

暗髪にトーンを合わせたパープルを毛先にワンポイント。外ハネや巻き髪など、アレンジでいろいろな表情を見せてくれそう!

暗めのグレーをベースに毛先はネイビーを合わせた裾カラー。
ワンカールさせることで青い色味を目立たせることができます。

暗めのグレージュにグリーンを合わせるのも、お洒落。切りっぱなしボブのシルエットが映えます。

ブラウン×グリーンですこし広めに裾カラーいれています。
巻くと陰影がでて表情がかわるのも面白いですね◎

黒髪に近いベースカラーに毛先はハイトーンイエローの裾カラー。
首が見えるショートヘアでちょっぴりモードな印象になっています。

根元が暗めのピンクブラウンなら、ピンクの毛先は相性抜群♡
同系色であわせれば間違いないですね。

黒に近いベースにブルーのグラデーションがかかった裾カラー。
ダークトーンにブルー系を合わせると、ミステリアスな雰囲気がたまりません。

こちらは黒に近いグレージュのようなカラーをベースに深いブルーの裾カラー。落ち着いた色味同士の組み合わせがさりげなくて大人なお洒落。

さて、どんな色にしようかな

さて、どんな色にしようかな

ベースに合わせてどんな色を選ぼうか?考えるのも楽しい裾カラー。
巻いたり編んだり、アレンジするともっと違った印象にもなるかもしれませんね。

毛先数㎝にお気に入りの色をオンして、裾カラーを楽しんでみませんか?

裾カラーとは毛先に色を入れたヘアのことを指します。今回はピンク系、ブルー系、イエロー系と3つの色別に裾カラーのヘアカタログを紹介しています。裾カラーはブリーチした部分を切れば、普段カラーができない人も挑戦できちゃうんです。あなたはどの色を入れてみる?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。