〇〇女子、大量発生の季節です♡ぬくぬく可愛いマフラーの巻き方4選

冬は近づいてきて『マフラー女子』が大量発生中です。首に巻くだけのマフラーの巻き方にちょっぴりこだわって、周りのマフラー女子との差をつけたい♡リボン巻きやネクタイ巻き…4種類の巻き方とともに8種類のマフラーをご紹介します。

冬がやってくるってことは…

冬がやってくるってことは…

出典: girlydrop.com

寒い冬が近づいてくると、○○女子が大量発生…?

そう、それは『マフラー女子』です♡
冬を越すのには欠かせないマフラーを身につけた女の子たち、マフラーの巻き方は覚えていますか?

マフラーの巻き方をマスターして、可愛いマフラー女子に変身です。

♡:ピッティ巻き

♡:ピッティ巻き

ファッション関係者が、このような巻き方をし始めたことから名付けられる「ピッティ巻き」。

端が前に垂れるようにマフラーを巻いたら、輪っかに端をくぐらせて編むようにする巻き方です。
ボリュームも出てしっかり結ばれているので、見た目も暖かさも◎

コーディネートのアクセントになる千鳥柄で上品に仕上げて。

イタリアのフィレンツェで年2回行われる世界最大級のメンズプレタポルテの見本市である

ファッション関係者がこの巻き方をしていてそれから主流になっていったようです。

こちらの巻きかたは、ミラノ巻きとも呼ばれています。

出典:tassofirst.com

item

チェックストール

ZOZOTOWN

商品

チェックストール

¥6,600

《ketty(ケティ)》
洋服が暗くなりがちな冬こそ、明るいグレーで顔周りをパッと華やかに。コーディネートのポイントになりそうな柄が素敵です。

◇チェックストール

ZOZOTOWN

商品

◇チェックストール

¥5,940

《JILL BY JILLSTUART(ジルバイジルスチュアート)》
広げてショール風にすることも、折りたたんでコンパクトに巻くことも可能。どんなスタイルにも合わせやすいマフラーです。

♡:リボン巻き

ガーリーテイストに仕上げたいなら、リボン巻きを…♡
一見難しそうに見えて、簡単に可愛いマフラーになります。

片方を半分に折り、もう一方で結ぶように上から下へ潜らせるだけです。

リボンの形を強調できる、シンプルな無地のマフラーで挑戦してみてはいかがでしょう?

item

カシミヤニットストール

商品

カシミヤニットストール

¥15,400

《Mila Owen (ミラ オーウェン)》
ヘビロテ間違いなしのアイボリーのマフラー。ON/OFFどちらにも使えるデザインです。

フリンジ大判ストール

ZOZOTOWN

商品

フリンジ大判ストール

¥4,950

《MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)》
ふわふわとした柔らかな触り心地良い生地のマフラーは、リボン巻きでさらに可愛い表情を見せてくれそうです。

フェイクファー付きストール

ZOZOTOWN

商品

フェイクファー付きストール

¥4,180

《ikka(イッカ)》
首回りにちょうどかかるフェイクファーがアクセントになっているマフラーです。

♡:制服巻き

制服に合わせると可愛い、先端を出した巻き方です。
大判ストールでボリュームもありながら、スッキリとまとまりのある首元に。
また、ぐるぐると巻きつけて後ろで結ぶやり方は、あえて髪を中に入れて♡

定番のチェック柄マフラーで、カラフルに仕上げると可愛くなりそうです。

item

チェックマフラー7

ZOZOTOWN

商品

チェックマフラー7

¥1,529

《r・p・s(アール・ピー・エス)》
巻き方次第で柄の表情が変わる、大きめチェックのマフラーです。
サイズも大きめなので、首に巻くだけでなく肩掛けしたりひざ掛けにもなるのが嬉しいポイント。

チェックストール

Credit magaseek

商品

チェックストール

¥4,950

《Noela(ノエラ)》
清楚な雰囲気のあるネイビーを。柄が映えてお気に入りの1枚になりそうです。

♡:ネクタイ巻き

一度首に巻きつけて、出来た輪っかの中に両端を入れれば「ネクタイ巻き」の完成です。
簡単にこなれ感のある巻き方ができるのがポイント。

アクセントのある個性派マフラーで、みんなの視線を集めたい♩

item

FRILL MUFFLER

ZOZOTOWN

商品

FRILL MUFFLER

¥7,700

《Candy Stripper(キャンディストリッパー)》
フリルが付いていても、シックなカラーで上品にまとめられそうなマフラーです。

カシュネ cache nez / エコファー付きサイドフリルマフラー

ZOZOTOWN

商品

カシュネ cache nez / エコファー付きサイドフリルマフラー

¥6,490

《cachenez(カシュネ)》
エコファーとニットのコンビが新鮮なマフラーは、おしゃれ上級者に見せてくれそう。
エコファー部分は肌触りが良いので、つけ心地も満足できちゃうはず。

私は、今年もマフラー女子です

私は、今年もマフラー女子です

マフラーの巻き方をマスターして、周りより可愛いマフラー女子に。

秋はワクワクしながら巻いていたマフラー。寒い季節が続き飽きてきていませんか?マンネリ化の原因は、マフラーを巻く時の小さなお悩みをそのままにしてしまっているからかも。①マフラー以前に髪型どうしよう②マフラーどうやって巻こう③髪はマフラーの中に入れる?外に出す?…という3つのお悩みを解決して、マフラー革命を起こしましょう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。