自己流失敗スパイラルと今日でサヨナラ。韓国的「シースルーバング」を作る3step

韓国で流行っているシースルーバングをやりたくて、何度も試したけど、美容院で伝えてもなんだか違う印象になってしまったり、自己流でやっても上手くいかない。実は、シースルーバングを作るにはコツがあったんです。3つのポイントを抑えたら、きっと上手なシースルーバングが作れるはず♡

何度試してもうまくいかないの...

何度試してもうまくいかないの...

韓国の可愛いアイドルや女優さんのようになりたくて、何度も何度もシースルーバングに挑戦してきた。
髪をすいてみたり、前髪を一部だけ留めてみたり、沢山試したけどなんだか理想の髪型になれなくて...。

目指すは、女優さんみたいなシースルーバング

目指すは、女優さんみたいなシースルーバング

ドラマに出てくる女優さんのような、ふわっとしたシースルーバングが憧れ。
そんなシースルーバングを作るにはポイントがあったんです♡
自らも韓国大好きな筆者が気づいたシースルーバングを作る3つのポイントを紹介します。

Step1:使う髪の毛を見極めよ

Step1:使う髪の毛を見極めよ

まずは、どの部分を前髪にするのかを決めること。
前髪の量は人それぞれですが、実はどこから髪の毛を持ってくるかを変えるだけで誰だってシースルーバングが作れちゃうんです。
メインになる髪の毛、サイドに流す髪の毛の量を考えつつ、自分の好きな量に調節してくださいね♡

参考動画はこちら

YouTube

髪の毛をどこから持って来ればシースルーバングにできるのかを詳しく説明してくれている動画。
Vラインができるように髪の毛を持ってきてサイドを長めに残し、真ん中だけを切るのがコツです♡

Step2:サイドには長めの髪を用意せよ

Step2:サイドには長めの髪を用意せよ

なんとなく量を決めたら、サイドに流す髪の毛を作ります。
YouTubeなどで解説している動画ではよく「중간머리(チュンガンモリ)」と呼ばれる真ん中の髪の毛を残して、サイドの髪の毛を少し長めに切ると、自然に流れて髪を結んだときにも綺麗に見えます。

Step3:最重要は「真ん中」にあり

Step3:最重要は「真ん中」にあり

最後は、メインとなる真ん中の髪の毛を作ること。先ほども少しお話した「중간머리」のことです。
実はこの髪の毛の存在がとっても大事。真ん中に残す髪の毛の量は好みですが、ひとつまみくらいの少ない量にするとより韓国感を出すことが出来ます。

how to?

お手本はこんなスタイル

多め編

こちらも少し量が多めのスタイル。中間のヘアの量を多くすることで、全体的に重めに見せることができます。
毛量の少ないシースルーバングにはまだ抵抗がある...なんて方にオススメです。

サイドに流す髪の毛を、一部短く切ったら前髪の分量がより多めに。
多めの髪の毛は少なめに比べてより幼く可愛らしい印象に仕上がります。

少なめ編

少なめ編

韓国の女の子っぽさを大切にしたいなら、思いきって少なくするのがオススメ。
おでこや眉毛がしっかり見えるくらいの少なめ前髪でちょっぴり大人っぽく。

サイドの髪の毛をしっかり残して、真ん中の髪の毛を少なめに。
ふわっとしたスタイルを作るなら、少なめヘアが可愛いかも。

量が少なく、更に長めのヘアスタイルにすれば、より大人なイメージに。スッと別れた毛束がオシャレな印象を作っています。

失敗続きにおさらば♡

失敗続きにおさらば♡

しっかりとやり方をマスターしたら、今までの失敗とはおさらば♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。