懐かしくてキュンとする♡『映画ちびまる子ちゃん』中川大志・大原櫻子にインタビュー

23年ぶりとなる『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』が全国東宝系で公開。声優初挑戦のアンドレア役・中川大志さん、挿入歌「キミを忘れないよ」を歌う大原櫻子さんに『映画ちびまる子ちゃん』の魅力、幼少期のエピソードなどについてインタビューさせていただきました。

『映画ちびまる子ちゃん』がついに公開

1990年に放送開始した国民的テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』は、2015年で放送開始25周年。
2015年12月23日(水・祝)には、23年ぶりとなる『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』が全国東宝系で公開されます。

そこで、声優初挑戦のアンドレア役・中川大志さん、挿入歌「キミを忘れないよ」を歌う大原櫻子さんに『ちびまる子ちゃん』への想いや映画の魅力、幼少期のエピソードについてお話を伺いました。

アニメ25周年記念作品 『映画ちびまる子ちゃん』12月23日(水・祝)ロードショー

アンドレア役、挿入歌にそれぞれ抜擢

抜擢された時の心境は?

『映画ちびまる子ちゃん』のイタリアからやってきたお友達、アンドレア役として声優出演した中川さん。挿入歌「キミを忘れないよ」を歌い、アンドレアのお母さん役として出演した大原さん。

中川さん:「え?あのまる子ですか?」というくらい思いもよらないことで、自分がまさか声優として携わらせていただくなんて考えたこともなかったです。アニメ25周年という『ちびまる子ちゃん』にとって節目となる作品で、すごく大役をやらせていただいたと思いました。声優も初挑戦だったので、『ちびまる子ちゃん』という出来上がっている世界観に入るのに最初は不安でした。

大原さん:ずっとテレビで見ていた側だし、まさか歌の活動をしていて『ちびまる子ちゃん』と関わるとは夢にも思っていなかったので、びっくりしました。さくらももこさんの歌を歌うという嬉しさとともに「どうしよう、私で大丈夫かな」という思いもありました。まっすぐで大人っぽい本当に素敵な曲で、大原櫻子としても初めてのラブバラードで、すごく大事に歌いたいと思いました。

皆に愛されている国民的アニメの劇場版『映画ちびまる子ちゃん』に抜擢され、驚きや不安もありつつも、すごく作品を大切にして、臨まれたようです。

俳優としてのお芝居との違いは?

今回が声優初挑戦だった中川さん、俳優としてのお芝居とは違った難しさを感じたようです。

中川さん:全然違いました。難しかったです。とにかくマイクをはずさないようにしてました。『ちびまる子ちゃん』レギュラー出演者の皆さんは25年間やられている大ベテランでほぼ一発OK。そこに、ゲスト僕1人で入ったので、すごく緊張しました。

25年間も同じ役を続けている大ベテランのレギュラー出演者に混じっての参加。
声優初挑戦だったこともあり緊張したようです。

大原さんのボブヘアはまるちゃんに似ている?

大原さん:小さいころからずっとこの長さでした。前髪がない時期とかもあったんですけど、大抵はボブでした。一時期頑張って、アレンジとかもできるようになったんですけど、一通りやったら「よし切る!」ってなります(笑)

中川さん:まるちゃんは25年も前からボブ先取りしてたんだもんね。

ボブ女子代表の大原さん。
25年前からボブを先取りしていたまるちゃんと同じくらいボブが似合っています。

『ちびまる子ちゃん』への想い

『ちびまる子ちゃん』は、もう生まれた頃には放送されていたアニメ。おふたりの『ちびまる子ちゃん』の思い出を伺いました。

大原さん:小学校2年生くらいの時は『ちびまる子ちゃん』の本や百人一首で勉強していました。アニメはもちろん一緒に勉強もしてきました。

中川さん:『ちびまる子ちゃん』をみると、日曜日の夕方なんだなと思う。お母さんがご飯作っていて、お父さんはお風呂に入っていて、そこでまるちゃんが流れているのが安心しました。ある程度大人になってきた今でも、ふとテレビをつけて『ちびまる子ちゃん』がやっているとすごく優しい気持ちになります。

まるちゃんは、おふたりにとって懐かしく、安心する存在なんですね!

小学生の頃はどんな子どもでしたか?

中川さん:すごくやんちゃで悪がき…(笑)外で遊ぶのが大好きでした。割と田舎だったので自然がいっぱいあって、木に登ったり、砂場でどこまで穴掘れるかしたり、基地作ったりしました。

大原さん:私もすごくやんちゃでした。昼休みも5分でお弁当食べて鬼ごっこしてました。おしゃべりがすごく好きで父親から「うるさくらこ!」といわれるくらいすごく元気でした。女の子だけど、男の子に交じって遊ぶような子でした。

おふたりともすごくやんちゃで元気な子ども時代を過ごしていたそう。今のおふたりも明るく元気なイメージがあります。

まるちゃんの気持ちに共感するところは?

まるちゃんはお母さんに世話をやかせてしまうタイプ。そんなまるちゃんの気持ちに共感することもしばしばあるそう。

中川さん:まるちゃんの気持ちはとてもわかりますね。朝起きられなかったです。朝、たたき起こされて布団から引きずられて…

大原さん:で、遅刻しそうになってなんで起こしてくれないのみたいな…本当にあの場面そのままだと思いました(笑)

中川さん:全国の小学生が共感できると思います。

これは共感しますね(笑)
誰もが一度は体験したことのある場面ではないでしょうか?

初恋の思い出はありますか?

映画では手を繋ぐシーンなどもあるということで、おふたりの初恋のエピソードを伺いました。

大原さん:小1~小6までずっと同じ人が好きでした。やんちゃでよく走り回っている男の子なんですけど、ちょっとミステリアスな子でした。

中川さん:今回の『ちびまる子ちゃん』もそうですが、その時は「あ、恋しているな」ってわからないじゃないですか。ちょっと大人になった時に「あれってもしかして恋だったのかな」なんて。

幼稚園で同じクラスのショートヘアの女の子が好きでしたね。でも、僕が引っ越してしまったので離れ離れになってしまったんです。

大原さん:ちょっと『映画ちびまる子ちゃん』と似てない?

イメージ通り、まっすぐで一途な大原さん。
『映画ちびまる子ちゃん』と少し似ている体験をしたという中川さん。
甘酸っぱくてキュンとする初恋のエピソードを聞かせていただきました。

2016年初挑戦したいことは?

『映画ちびまる子ちゃん』では中川さんは初の声優、大原さんは初のラブバラードと、おふたりとも「初」挑戦がありました。さらに2016年、初挑戦したいことについて教えてもらいました。

大原さん:声優をやってみたかったので、今回関わらせていただいて嬉しかったです。来年は、もっとがっつりチャレンジしてみたいです。

中川さん:一人旅をしたことがないので、一人で海外旅行に行きたいです。イタリアにも行ってみたいですね。食べ物が美味しいイメージもあるし、大好きなサッカー観戦をしたり、美術館巡りもしたいです。

大原さんは、念願の声優を今回やってみて、さらに挑戦してみたくなったそう。
中川さんは、『映画ちびまる子ちゃん』でのアンドレアの故郷イタリアに一人旅、いいですね!

笑って泣ける、ほっこりする映画

中川さん:10代20代の方は、物心ついた時から誰しもが見ていた『ちびまる子ちゃん』。あの『ちびまる子ちゃん』が今回スクリーンで見れるということで、懐かしさもあり、新鮮な気持ちで見れると思います。

大原さん:カップルで見てもすごく楽しめる映画だと思いました。友情の話だけれど、今までの『ちびまる子ちゃん』とは違った雰囲気もあります。

映画公開日が2015年12月23日とちょうどクリスマスシーズン。
胸キュンもあり、温かく優しい気持ちになれるので、クリスマス、そして2015年最後の締めくくりにぴったりの映画です。

『映画ちびまる子ちゃん』の見どころ

改めて、『映画ちびまる子ちゃん』の魅力・見どころを教えてください。

大原さん:『ちびまる子ちゃん』の映画が初めてという人も多いと思います。それだけでも新鮮だけど、今までのファンの心を裏切らない笑いがある内容。友情でこんなに笑って泣ける作品なので、「今年1番感動した!」と言ってもらえるような作品。楽しさ、感動など全部つまっているので、ぜひ映画館に足を運んで感動していただきたいと思います。

中川さん:挿入歌がめちゃくちゃいい。「本当にまるちゃん?」というくらい大人なしっとりとした曲。作品の雰囲気がガラッと変わる新鮮な感じ。「ここでくるか!」というすごくいいタイミングで流れます。涙なしでは見られない映画です。友達や恋人と見に行っていただけたら、懐かしい気持ちになって、童心にかえって、心がほっこりするような映画になっていると思います。

大原さん:内容を見たとき、お祭りとか服装とか夏っぽいお話だと思ったんですけど、でも冬にあっているなあと思いました。寒い冬に温まるお話です。

『映画ちびまる子ちゃん』の素敵な魅力・見どころや、エピソードトークなど中川さん、大原さん自身についてもたっぷりお話を聞かせていただきました♡

寒い季節にほっと温まれるような『映画ちびまる子ちゃん』は、2015年12月23日(水・祝)公開です。
友達と家族と恋人と、クリスマスは劇場で素敵な時間を過ごしてください。

アニメ25周年記念作品 『映画ちびまる子ちゃん』12月23日(水・祝)ロードショー

MERY [メリー]|女の子のためのキュレーションメディア